キャンプ用品 ユニフレーム ライスクッカー

ユニフレームのライスクッカーは初心者でも簡単に炊ける秀逸ツール

ユニフレームのライスクッカーってどうなの?

そんな疑問にお答えします。

外で料理して食べるのはキャンプの醍醐味の一つですよね。

例えば家族でカレーを作って食べるなんて家族の幸せな光景の一つではないでしょうか。

カレーがうまくできても、もしご飯がうまく炊けなかったら台無しですよね。

この記事ではユニフレームのライスクッカーを使ったご飯の炊き方をお伝えします。

 

アウトドアでの炊飯について

ご飯の炊き方で一番知られている方法として、飯ごう(はんごう)炊飯があります。

小学生の頃にサマーキャンプや自然体験学習などで経験された方もいるのではないでしょうか。

飯ごう炊飯でご飯に芯が残ったり逆におかゆのようになってしまったり、または多少のお焦げ程度ならおいしいのですが底のほうのご飯が焦げてしまってご飯が苦かったなんて経験はありませんか?

失敗を楽しむのはキャンプの楽しみの重要なポイントです。

しかしお肉を焦がしただけなら別のお肉を焼くだけですが、お米は重いので不必要な分を持って行きたくないですし、最初からご飯を炊き直すとかなりの時間を使うので、失敗するのはダメージが大きく、避けたいところですよね。

 

そもそも飯ごう炊飯はなぜ失敗が多いのでしょうか。

初心者が失敗しやすい原因はどこにあるのでしょうか?

火力の調整のタイミング分かりずらい。

焚火や炭火での炊飯を行う場合、同じ火力に保つことは難しく炊飯までの時間が極端に短い場合はご飯を焦がしてしまいます。

それとは逆に沸騰に時間がかかったり沸騰せずに水分がなくなった場合はおかゆ状になったり、お米の芯が残った状態で炊きあがってしまいます。

それに加えキャンプでは外気温や風が影響するため、飯ごう炊飯は難易度が高いといえます。

吹きこぼれる

飯ごうは中の状況が分かりにくく、炊飯の初期段階の火力は強火での加熱が鉄則なのですが、強火で調理していてうっかり目を離してしまうと吹きこぼれてしまい、炭火や焚火の火力の低下に繋がったり、飯ごう内の水分量が減ってしまい焦げ付きや芯が残ったご飯に仕上がってしまう原因になってしまいます。

持ち運びやすさを重視されている構造である。

お家で使う炊飯器を購入するときによく目にする「厚窯」という言葉ですが、厚窯の利点は厚い鋼の熱伝導を利用し熱をムラなく伝える事が一番の目的なのですが飯ごうは元々兵隊さんが野営で炊飯する目的に作られたものなので携行性を重視して作られている為、軽量のものが多いので通常は厚窯構造とはなっていません。

 

オススメはユニフレームのライスクッカー

出典引用:ユニフレーム公式サイト

オススメは断然、ユニフレームのライスクッカーです。

ユニフレームとはどんなメーカーなのでしょうか

ユニフレームとはテントやランタン、バーナー等キャンプ用品を総合的に扱っているメーカーで新潟県燕三条市に本社を置くキャンプ用品総合メーカーです。

燕三条は元々金物職人の街であり高い技術を誇っていて、以前はipodの背面の金属部品をappleに供給していた程でした。

ユニフレームもその例にもれず数々の高い品質を誇る企業です。

燕三条地場産センターには燕三条の数々の金属加工職人の企業が多数出展されています。

もちろんユニフレームの商品も展示してありますので是非、新潟へお越しの際には燕三条地場産センターに足を運んでみてください。

ユニフレームのライスクッカーの特徴とは

  • 2~5合炊けるライスクッカー窯の厚さは2㎜、1~3合炊けるタイプで1.5㎜と厚窯構造でフッ素加工済みのアルミニュウムを使用しているため、熱伝導率が良いためムラなくご飯が炊けてこびりつきにくい。
  • 鍋のフチの部分が高くなっており、吹きこぼれを防ぎ、沸いてフチにはみ出た水分をお鍋の中に戻す様にできている。
  • 強火から弱火に火力を変えるタイミングをお鍋の蓋がカタカタ動いて教えてくれる。

 

ユニフレームのライスクッカーで炊く具体的な方法

出典引用:楽天市場

それでは、順番にご飯の炊き方について見ていきましょう。

特に初心者の方は、これを知っておくのと知らないとでは当日の失敗がなくなりますよ。

焚火・炭火でのおいしいご飯の炊き方

  1. 強火の炭火や焚火の上にユニフレームのライスクッカーを載せます。
  2. 湯気が出て、蓋がカタカタと動き出したら炭や薪をよける、若しくは火力の弱いところへ移します。
  3. ライスクッカーから湯気が出なくなるまで弱火にかけます。
  4. 湯気が出なくなったら、ライスクッカーを火からおろし、5分ほど蒸らして出来上がりです。

出典引用:ユニフレーム公式サイト

バーナーでのおいしいご飯の炊き方

  1. フタをして強火にかけます。
  2. 湯気が出て蓋が「カタカタ」と動き出したら、カタカタ動きが止まらない程度に火を弱めます。
  3. 蓋の動きがなくなり湯気が出なくなったら火を止めて、蓋は開けずに5分程度蒸らして出来上がりです。

出典引用:ユニフレーム公式サイト

ユニフレームのライスクッカーは初心者でも簡単に炊ける秀逸ツール:まとめ

飯ごう炊飯は失敗することが多い。

ユニフレームのライスクッカーは様々な工夫が施されていて、ご飯を炊くのが簡単。

ご飯は食事のなかでも重要なので失敗したくないですよね。

ユニフレームのライスクッカーなら手軽にご飯が炊けますのでお勧めです。

また、ユニフレームのライスクッカーはフッ素加工が施されており、こびりつきにくく片付けが簡単な上、普通にお鍋として使用することも可能です。

ライスクッカーや飯ごうをお探しの方はユニフレームのライスクッカーはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

-キャンプ用品, ユニフレーム, ライスクッカー

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5