おすすめ キャンプ用品 スームルーム ペグ

スームルームのペグでキャンプも安心!ペグの種類とおすすめ商品を大公開!

 

キャンプでのペグ、何を使えばいいですか?プラスティックだと結構簡単に割れてしまいますよね。おすすめがあれば知りたいです。

 

こんなお悩みにお答えします。

 

アウトドア用具の中でも地味な役割を担っているペグですが、キャンプに欠かせません。

小さくてあまり目立たないものですが、適切なペグを使わないとテントやタープが固定できず飛んで行ってしまいかねない、アウトドアにおいて大変重要なアイテムです。

まさに、縁の下の力持ちってことですね。

そんな地味な役割のペグですが、意外と種類も豊富でキャンプをするためには知っていて損はない道具の1つ。

ペグって意外と高いので、そう何本も買えるものではないですよね。

最初は安く抑えたい方にとっておきのブランド、スームルームのペグをご紹介します。

 

スームルームの商品は価格が抑えられるので、有名ブランドよりも気軽に色んなキャンプギアを揃えることができますよ。

>>ペグ情報だけじゃ足りないあなたはこちらもどうぞ

 

ペグの選び方のポイント

7つの種類に分けられるペグ。形状や種類で刺しやすかったり抜けやすかったりすることもあります。

特徴をしっかり分かった上で選ぶことが大事です。

キャンプサイトの地面の強度やどのような土の質なのか、はたまた砂利なのかによって数種のペグを使用するのが一般的です。

 

形いろいろ!ペグの種類!!

 

テントやタープを立てるのに使うペグですが、実は形や材質でいろいろな種類があるんですよ。

これからキャンプを楽しむためにも、まずはペグの種類について知識を深めていきましょう。

 

材質に注目

鍛造ペグ

オールマイティにどんな地面でも固定ができるタイプ。重量感もあるので、ちょっとやそっとの風ではぐらつかないのがこのペグの良いところです。

どれを買っていいのかわからない人におすすめのペグですね。重いのがたまに傷ですが。

アルミ・スチールペグ

芝生や湿った地面等に固定できるペグ。固定力や重量は平均並み。耐久性もある程度持っており、ちょっとの雨風や衝撃には対応できます。

でも、強く打ち込みすぎると曲がってしまうことがあるので、そこは注意ですね。

プラスチックペグ

プラペグとも呼ばれています。その名の通りプラスチック製のペグです。プラスチックなので、なんといっても軽い。荷物が多くなるキャンプでは、ありがたいペグ。

ただ、衝撃には弱く折れやすいです。予備を持って行っておくことをおすすめします。砂浜などでの使用に適しています。

キャンプ場の形状や地面の状況に合わせて最適なペグを選びましょう!

 

形に注目

 

ピンペグ

頭の部分が?型になっていたり、丸形になっているペグ。よくテントやタープを買った際に付属で付いてくるのがこのタイプです。

アルミの材質が多いので、曲がらないように注意しながら打ち込みましょう。

ネイルペグ

頭の部分が平たい形になっています。なので、ハンマーを当てやすく打ち込むのも割と簡単です。釘を打つような感覚と似ていますね。

初心者には扱いやすいペグだと思います。このタイプは、スチール製のものが多いです。

VU字ペグ

V字、U字の断面をしているペグです。複雑な構造をしているだけあって、地面に一度刺したら抜けにくいのがメリット。

いろんな材質のものがあるので、地面に合わせて選べばどんな場所にも対応してくれるペグではないでしょうか。

コンパクトに重ねて持ち運びできるのも、このペグの良いところです。

XY字ペグ

X字、Y字の断面をしているペグ。V字、U字ペグの上をいく、抜けにくさ・曲がりにくさを誇っています。重ねて持ち運びできないのが残念なところ。

VU字ペグも同様ですが、溝に土が入りやすいので、使用後はしっかり水洗いが必要です。

 

一言でペグといっても、こんなにも種類があるんですね。アウトドアをする場所やその日の天候等に合わせて、最適なペグを選びましょうね。

 

ペグの選び方のポイントは?設営地面や使用シーンをイメージしながら、あなたのスタイルに最適なペグを選んでいきましょう。

 

「スームルーム」のおすすめペグ!!

 

ここからは、「スームルーム」のペグ商品を紹介していきます。「スームルーム」とは割と低価格で商品を買える、アウトドアブランドの1つです。

 

スームルームってどんな会社?キャンプするなら知らないと損!

続きを見る

スチールソリッドペグテークキャンプ設営用具

スチール製のペグ。形としては、ネイルペグに分類されます。砂利や硬い地面等に使用することができます。

この商品の良いところは、暗闇の中で光るゴムロープが付いているところ。夜間のキャンプでもペグの場所を見失うことはありません。

また、ロープをくくりつけてある穴を利用すれば引き抜く際もひっかけて楽々抜くことが可能です。

6本、8本、16本セットがあり、長さも20㎝と25㎝を選べます。

 

チタン製 固定ロープ付き テント用タープ用

チタン製のペグ。重量が軽いため持ち運びにとても便利です。荷物が多いキャンパーにとってはありがたいことですね。

でも軽量なのに、硬度は強力なんです。多少硬い場所にも打ち込むことができます。雪の地面や砂浜、レンガなんかにも使用することが可能です。

更にチタンには防錆効果があるので、雨や雪の日に使用しても錆びることがありません。天候が変わりやすい山での使用に最高ですね。

こちらの商品にも反射材入りの固定ロープが付いているので夜間でも使用可能です。サイズが20,24,30,35,40㎝と幅広くそろえてあります。

本数も4,6,8本セットから選ぶことができますよ。

「スームルーム」から、2種類のペグを紹介しました。種類は多くないですが、サイズやセット本数が豊富なので、用途に合わせて大きさや本数を選択することができます。

 

スームルームのペグでキャンプも安心!ペグの種類とおすすめ商品を大公開!!:まとめ

気軽なキャンプから登山、砂浜から岩山まで、さまざまな場面で活躍するアウトドア用ペグ。材質や形にもいろいろなものがありましたね。

使用シーンにぴったりのペグを選んでください!

ペグの種類は、材質・形でいろんな種類があります。

  • 鍛造ペグ
  • アルミ・スチールペグ
  • プラスチックペグ
  • ピンペグ
  • ネイルペグ
  • U字ペグ
  • XY字ペグ

それぞれのメリット・デメリットがあるので、使用する地面の状態に合わせて適切なペグは選択していきましょう。

「スームルーム」のおすすめペグ

  1. スチールソリッドペグテークキャンプ設営用具
  2. チタン製 固定ロープ付き テント用タープ用

材質で特徴が大きく変わってきます。サイズやセット本数がいろいろあるので、場所に合わせて必要な分を買うことができますね。

テントやタープを建てるのに必須アイテムのペグ。いろんな種類のペグがあるので、揃えてコレクションするのも楽しそうですよね。

ペグ打ちもアウトドアの一部として楽しんでくださいね。そして、くれぐれもペグを打ち込む時はケガをしないように気をつけてくださいね。

 

スポンサーリンク

-おすすめ, キャンプ用品, スームルーム, ペグ

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5