おすすめ アウトドア コーディネート ブランド 登山

登山デートでもおしゃれに決めたいメンズ必見!おすすめブランドとは?

 

登山デートで、ダサい服を着て彼女に嫌われたくない!おしゃれなブランドってあるの?

 

気分を変えて、たまには登山デートするカップルが多くなっています。彼女と2人で困難を乗り越え山頂で達成感を分かち合い、山頂の山小屋でおいしいご飯を食べたり、展望台で綺麗な景色を眺めたり最高ですよね。

ですが気になるのはやはり服装でしょうか。ダサい恰好して彼女はもちろん周りの登山客から冷たい目で見られたくない…。でもどんな服があるのかわからない!

そんなメンズたちのために登山デートでの基本中の服装とおすすめブランドを紹介します。

 

かっこいい人に見られたい!おしゃれな服装とは

 

ポイントはすぐ脱いだり、羽織ったりできる物。

地上と山の上は気温差が激しい。

 

登山デート初めての人は、動きやすい服装を着るのは知ってると思いますが、じゃあどういう服があるのか、わからなくて不安な人が多いと思います。

ここでは登山デートの時、基本中の服装をまとめました。これに小物は明るい色にして、ちょっとしたアクセントを出したほうがおしゃれになります。

女性は細かいところをよく見ています。私も彼女と登山デートよく行くのですが「いつもおしゃれで、自慢の彼氏だよ」とよく褒められます。

 

登山時、基本の服装

動きやすい服

初心者や上級者、季節も問いません。山登りの際、最も重視することです。かっこいいファッションを重視して、動きにくい素材やアクセサリーをたくさんつけていったら、逆に邪魔になってしまいます。

私も前に1人で秋に登山した時、結構重ねて着てしまって、動きづらかったことがあります。今では、いい思い出です…。

気をつけなければいけないのが、寒いからと言って重ね着をしてしまうと逆に動きにくくなってしまいます。ポイントは厚着で防寒対策ではなく、体温を保持してくれる素材をうまく使いましょう。

 

乾きやすい素材の服

山登りは汗をたくさんかきます。急に雨も降る可能性も高いため乾きやすく、通気性が優れたポリエステル、ポリエチレンやメッシュなどがおすすめです。

濡れた衣類は体力を消耗するし、体調不良の原因にもなるので、乾きやすい服を着ましょう。

 

着脱性のある服を着ること

地上にいる時は暑くても、山頂に行けば行くほど寒くなります。体温調節のため、例え夏場でも半そで1枚だけではなく、羽織れる物を持っていきましょう。

吸水性が高く乾きやすいアンダーウェアで汗を処理、アウターで寒さに対応する着こなしが大切です。

ただし、上記でも書いた通り重ね着しすぎると動きづらくなるので気をつけましょう。

 

靴は高くてもこだわること

登山用の靴は脚をしっかり保護してくれて、足元が悪くても滑りにくい機能もあります。登山用なので、疲れにくく作られているメリットもあります。

山登り初心者は、靴底のソールが柔らかいハイキング用のトレッキングシューズがおすすめです。きつめの靴を選ぶと靴擦れするので、少し余裕のあるサイズを選びましょう。

 

自分好みのデザインで気分を高める

登山用の服は遭難した時、見つけやすい派手な色が多く販売されています。黒色などの渋い色もいいですが、アクセントに派手な色の服や小物を選んだほうがおしゃれになります。

 

春夏秋冬おしゃれなコーディネート

 

登山デートの服装、応用編を知りたい

 

「基本の服装は理解したけど、季節によって着ていく服も違うほうがいいの?」「夏は半そで短パンでもいいの?」こんな疑問もわいてくると思います。

上記で書いた通り、標高が高くなるにつれ気温も下がっていきます。なので、季節によってどういう服装が持ち運びに便利か、紹介していきたいと思います。

 

上着

春と秋の服

長袖シャツの上に半そでシャツを着るのが、おしゃれの定番です。フリースは着脱性が高いので防寒着の定番です。標高がそんなに高くなければ、ダウンジャケットで十分です。軽いダウンジャケットが脱いだ時、手に持っても重くならないのでおすすめです。

地上は暑くても、標高が高くなると気温も下がるのですぐ着たり脱いだりできるフリースを持ってきてください。インナーは吸水速乾の素材を選びましょう。

ダウンジャケット、ダウンベストは冬山登山に必須アイテムです。ウィンドブレーカーの下に薄手のダウンジャケットを合わせれば、冬の低山、里山なら十分対応可能になります。

トレッキングパンツ

春と秋

足の保護、虫刺されの防御を考えるとやはり長ズボンがベターです。下着も綿のブリーフは避けて、通気性のいい速乾性が高いメッシュなどの素材を着ましょう。

ダボダボした物ではなく脚がきれいに見えるシルエットパンツと上に短パンを履くのが定番のスタイルです。

地上は暑くても長ズボンを履いていきましょう。標高が高いと短パンではとても寒いし、足の保護にもなります。

防寒、保温用のアンダータイツを着て行きましょう。私はホームセンターで売っている800円くらいの物を着ていますが、高価なサポートタイツは歩行機能と保温効果に優れています。

靴下

春と秋

地上は過ごしやすい季節ですが、山頂はすごく寒いです。なので少し厚めの靴下を選びましょう。クッション性の高い靴下で歩行時の衝撃を吸収してくれます。足元はあえて明るい色を選び、アクセントにしましょう。

山頂でも、ものすごく寒いというわけではないので、ショート丈を選んでも問題ないでしょう。通気性のいい素材を選びましょう。地上波暑いため、汗で蒸れやすくなっています。

見える範囲が狭いので、ものすごく目立つカラーを選んでも違和感そんなにありません。ここは地味な色合いにしなくても問題はないでしょう。

冬の登山はご存じの通り季節の中で一番寒いです。なので靴下も厚手の物にしないと凍傷までとはいきませんが、寒さのせいで体力が消耗しやすくなってしまうでしょう。

季節を問わずしっかりとしたトレッキングシューズを履きましょう。

黒色にネイビー系はコーデを引き締めてくれます。爽やかにしたい人はネイビーをチョイスしたり。明るい色の靴をあえて履いておしゃれ感を出したり、靴の色をパープルにしてカラフル感を出しながらまとまり感も出せたりと、おしゃれの幅が広がり実用性もあるアイテムです。

手袋

手の保護になるので必ず持っていきましょう。季節を通して、防水性が高いナイロン素材は、使い勝手がいいです。ただし夏はハーフフィンガーグローブでも問題はないでしょう。

帽子

春と秋

山頂は紫外線が強く、UVカットの帽子を被っていきましょう。一般的にハットタイプを使う人が多く、広いつばが日よけになります。

夏はUVカットと通気性のある物を選びましょう。帽子は暗い色より夏らしく爽やかな色の帽子を被っていくのがポイントです。

耳を隠せる帽子を被っていきましょう。耳ぐらい出していても体力はそんなに消耗しませんが、寒いと言うより、痛くて辛かったです…。

 

ニット帽や厚めの帽子にイヤーウォーマーの組み合わせがおすすめです。

バンダナ、マフラー

春と秋、夏

夏はもちろん、春や秋も動くので意外と汗はかきます。しかしタオルだと荷物がかさばってしまうため、バンダナをおすすめしています。軽いし、速乾性もあり、汗かきな私は汗が顔を伝わりにくくなるので重宝しています。

 

冬はさすがに寒いのでマフラーか口元まで隠れるフードフォーマーを着ていきましょう。

おすすめのブランド

 

たくさんある登山ファッションブランドだけど、おすすめを教えて欲しい

 

基本も応用もわかった貴方!気になるのがおすすめの登山ブランドですよね。

そこで有名な登山ブランドを紹介します。渋めの色やカラフルな物たくさんあって、季節に合わせて選びましょう。

 

モンベル

日本のアウトドアブランドです。日本発祥なので、商品も日本の気候に最適化された構造設計がされています。品質の高さだけではなく、携帯性・軽量性まで重視していて、コストパフォーマンスも高いのでリーズナブルな価格で販売されています。

私も8年前にキャンプ用に買ったテントですが、まだ現役で使っています。壊れているところも全くないので、耐久性はすごく高いと実感しています。

少し落ち着いた印象のウェアが多く、シンプルにかっこよくきめたい時におすすめです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@kumataro_915)がシェアした投稿

ノースフェイス

有名な冒険家、三浦雄一郎さんの世界最高齢エベレスト登頂を、サポートしたことで有名なブランドです。

機能性が高く、雨・雪・風・汗などの不快感を独自で開発された技術によって、軽減することができます。生地や構造上の欠陥が原因で壊れたら、無料で修理してくれるサービスもあり、とても親切です。

カラーバリエーションも豊富で、街で着る用の服でも人気のブランドです。鮮やかな配色を楽しみたい人はおすすめです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

THE NORTH FACE JAPAN(@thenorthfacejp)がシェアした投稿

コロンビア

初心者~中級者におすすめされることが多いブランドです。独自素材の「オムニテック」はコストパフォーマンスに優れ、価格も抑えられて機能性も高い素材です。「1人でも多くの人にアウトドアの世界を楽しんでもらいたい」という思いからリーズナブルな価格が多く、デザインも遊び心がつまった商品が販売されています。

マウンテンハードウェア

クライミングやスキー、スノーボードなど国内外のプロアスリートと、契約を結んでいるブランドです。現場でのフィードバックを生かして、日々改良を続けています。

海外のブランドは欧米人向けに作られているため、サイズが大きかったりしますが、アジアンフィット製品をして、身体が小さい人向けに作られた商品も多く販売されています。

登山の他にスキーなど、各アクティビティに特化した性能の高い商品を備えるブランドです。

パタゴニア

リサイクルポリエステルやオーガニック素材を使い、環境に配慮した商品作りをしているのが特徴です。実は軍用品も手掛けていて、高い技術力があります。

人気のキャプリーンシリーズは生地が透けるくらい薄いのに真冬でもすごく温かく、汗もよく吸って乾きやすいのでおすすめです。ただし温かすぎるので夏場は着ないほうがいいでしょう

 

この投稿をInstagramで見る

 

パタゴニア(@patagoniajp)がシェアした投稿

 

登山デートでもおしゃれに決めたいメンズ必見!おすすめブランドとは:まとめ

  1. かっこいい人に見られたい!おしゃれな服装とは
  2. 春夏秋冬おしゃれなコーディネート
  3. おすすめのブランド

昔は登山時の服は機能性しか重視せず、かっこよくない服ばかりでしたが、時代は変わり現在はおしゃれな服装と機能性に優れている物が多くなってきました。

デートはもちろん1人や友達と山登りする時だっておしゃれに決めたいものです。私もデート以外でもおしゃれに気を使っていますし、周りを見てもおしゃれな登山服を着ている人が多いです。

スポンサーリンク

-おすすめ, アウトドア, コーディネート, ブランド, 登山

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5