テント デイキャンプ 日帰り

デイキャンプはテントなしでも大丈夫!?快適に過ごすポイントとは

デイキャンプってテントも必要?

テントが無くても楽しめるの?

そのような疑問にお答えします。

初めてのデイキャンプだと、「まだテントなどのアイテムを揃えていない」という人も多いのではないでしょうか?

デイキャンプの最大の魅力は、荷物が少なくて済むことや、気軽に行けること。

でも、テントを持って行くとなると、荷物も増えるし設営も難しそうなイメージで、なんとなくめんどうになってしまいますよね。

私もデイキャンプは何度か行ったことがありますが、テントは大袈裟な気がして、結局持って行きませんでした。

そこで今回の記事では、テントが無くてもデイキャンプを楽しむ為のポイントや、おすすめグッズなどをご紹介します!

 

デイキャンプ は屋根付きのキャンプ場を選ぼう!

デイキャンプでテントが無いと困る、1番の理由。それはです。

せっかく自然の中で楽しく過ごせる時間なのに、雨のせいで台無しになってしまっては、もったいないですよね。

特に夏場は急な悪天候が多いので、予報は晴れでも注意が必要。

そんな雨を防ぐには、屋根付きのキャンプ場が便利です。同時に日除け対策もでき、それぞれのスペースが区切られているので、隣の人と距離が近すぎる。ということもありません。

屋根付きのキャンプ場では、BBQ用コンロなどが設置されているところもあり、そういう場所だとより気軽に行くことができますね。

私も気軽にデイキャンプに出かけるときは、BBQの材料さえ持っていけばいいようなところを選ぶようにしています。

荷物も少なくて、後片付けも楽ですよ!

 

よりデイキャンプの雰囲気を出すならタープに挑戦!

屋根付きのキャンプ場では雨を防ぐことはできるけど、もっとデイキャンプ感が欲しい。という人には、タープがおすすめ。

実はキャンプでテントを使う場面は、基本的には夜寝る時だけで、ほとんどの時間はタープの下で過ごすことが多いです。

タープを張るメリットとしては、雨や日焼け対策はもちろん、プライベートな空間を作りやすい、という点があります。

タープの下にピクニックシートを敷いて昼寝をしたり、開放的な風通しのいい空間で食事をしたり。

何よりもタープを張ると、「デイキャンプに来た!」という雰囲気も出ますよね。

そして今後も、いろいろな場所でデイキャンプに挑戦したいという人は、タープを1つ持っていると便利です

 

デイキャンプ 初心者にオススメ!おすすめワンタッチタープ3選

今後のことも考えて、タープだけでも購入してみようかな?

という人におすすめの、簡単に設置できる、ワンタッチタイプの初心者向けタープをご紹介します。

一見設営が難しそうに見えるかもしれませんが、事前に説明書や動画などで確認しておくとスムーズに設置することができますよ。

ロゴス アウトドアQセット エアベントタープ

ネジや金具を使わず、わずか2分で設営できるこちらのタープ。フレームにはメタル素材を採用しており、強度もあり安心です。

タープの素材には、耐久性のあるポリエステルオックスフォードを使用していて、長く愛用できるのもポイント。

また、タープ中央にはバッテリーランタンを吊り下げるフックが付いているので、夕方など、少し暗くなってきた時に便利です。

持ち運びやすい収納バッグも付属していますので、デイキャンプにも持って行きやすいですね。

キャプテンスタッグ クイックシェードDX 250UV-S

フレームがアルミとスチールでできているので、とても軽く、設営しやすいタープです。

タープはシルバーコーティングが施されており、紫外線を99%カットしてくれるので、特に夏場におすすめ。

タープの収納袋はキャスター付きなので、持ち運びも手軽にできますね。

コールマン インスタントバイザーシェードM

こちらはフレームにスチール素材を採用していて、安定感のあるタープ。

タープ自体がひさし型になっている為、日差しや雨が入りにくくなっているのも魅力的なポイント。

オプションで購入できるサイドフラップを付けると、周囲の視線を遮り、プライバシーも守ることができますよ。

 

デイキャンプ に必ず持っていきたいアイテム

とはいえ、最低限でも持っていった方が良いアイテムがあります。

私が初めてデイキャンプ をしたときに揃えたアイテムをご紹介します。

まずはこれだけで大丈夫

テーブル

これがないと何も始まりませんよね!

「安い」「軽い」「小さい」の3拍子が揃ったオススメ品。

チェア

テーブルと合わせて椅子も必要、ないと立ちっぱなしです(笑)

私のオススメはコットです。ベットの様な形をしていますが、みんな同じ高さで座ることができます。

家族と、友達と、恋人と。

 

これ、我が家も使っています 。

調理道具

デイキャンプ といえど、キャンプの寝泊りしないバージョンです。

もちろん調理はしますよね(笑)

 

こんな感じで、まとめてお得なセットになっているものがあるので、これで十分です。

バーナー

合わせて火も。大きめの鍋の場合はツーバーナー が良いですが、まずはシングルでいいと思います。

我が家はシングルバーナーからデビューしましたよ。

デイキャンプはテントなしでも大丈夫!?その理由とは?:まとめ

  1. 屋根付きのキャンプ場を選んで雨を防ごう!
  2. タープに挑戦してデイキャンプ感を出そう!
  3. ワンタッチタープなら初心者でも簡単!

テントなしでもデイキャンプを楽しむポイントをご紹介しました。

ぜひこの記事を参考にしていただき、デイキャンプならではの気軽さ、手軽さも保ちつつ、快適な時間を過ごしてくださいね!

 

スポンサーリンク

-テント, デイキャンプ, 日帰り

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5