キャンプ用品 サバティカル

サバティカルの冬に選ぶべきアイテムはこれに決まり!選ぶポイントも解説

サバティカルに冬に使えるアイテムってあるの?

そんな疑問にお答えします。

寒い冬が到来しても、まだまだキャンプを楽しみたいキャンパーさんも沢山いると思います。

冬にしか味わえないキャンプも良いものですよね。

ただ、冬のキャンプは難易度もぐんと上がります。そこで、冬に選ぶべきテントの特徴とサバティカルの

アイテムの冬に使えるもののオススメをご紹介します。

これを見れば、冬キャンプも怖くない!

 

サバティカルの冬キャンプに選ぶテントは?

 

出典引用:サバティカル

サバティカルの冬にも使えるテントは「アルニカ」がオススメです。ツールームで冬にも使用可能です。

オススメのポイントをご紹介します。

スカートが付いている

冬のキャンプで大敵になるのは、やはり冷たい風です。たたでさえ気温が低いのに、風が吹くと更に体感温度は下がります。

テント内に居る時には多少防げても、スカートが付いているのと付いてないのとでは全く変わってきます。

スカートが付くことによって、外からの隙間風をしっかり防ぐことが出来ます。

以前冬の山間のキャンプ場に行った時に、そもそも寒いのは分かっていたので対策はしていったものの、スカート無しのワンポールテントで行ったら、隙間風が寒くて寒くて、他の防寒器具は揃えていったのですが、隙間風が入るだけでテント内の気温がなかなか上がらず、とても寒い思いをしました。

やはり冬のキャンプにはスカート付きは必須です。

アルニカはスカート付きなので、冬も使えるようになっています。

2ルームあるので、暖かいテント内でゆったり過ごせる

出典引用:サバティカル

収容人数ギリギリで行ってしまうと、テント内で全員がゆっくりすることは難しくなってしまいます。

冬は特に外で活動するよりもテント内で暖をとる時間も多いです。

2ルームあれば、寝室とリビングのように分けられるので、インナーテント内でゆっくり休む人も居れば、リビングルームで集って暖かく過ごすこともそれぞれ可能です。

普段は外で料理するのも、2ルームの余裕があればテント内で料理することも出来ます。

私もコンロを持ち込んで、いつもより時間をかけてビーフシチューを煮込んでみたりしました。

待ってる間は、読書してみたりみんなでボードゲームなんてしてみたり、なんでキャンプにいくと普段は当たり前なこともあんなに丁寧に楽しく思えるんでしょうね。

それがキャンプの楽しいところでもあります。

サバティカル、冬の温かいアイテム

冬のキャンプの厳しい寒さを乗り切るために、持って行った方がいいアイテムがあります。

シュラフ

キャンプをする時はだいたい持っていくと思いますが、気温によって選ぶシュラフも変わってきます。

3シーズン用は5℃〜−5℃、冬用は−5℃以下のものを選びます。

サバティカルのシュラフは、快適性を考えて体の動きを妨げないオリジナルのカッティングパターンで作られていて、寝返りや寝袋に入った状態でも寛ぎやすくなっています。

5℃〜のものは以下の通りです。

オーロラDX シリーズ

耐久性、防水、透湿性の高い多孔質ポリウレタン防水コーティング加工を施したナイロン生地です。

5℃〜  オーロラ350DX  ¥30,508

0℃〜  オーロラ450DX ¥36,960

−4℃〜 オーロラ600DX ¥50,600

−8℃〜 オーロラ750DX ¥55,880

−10℃〜 オーロラ900DX ¥61,710

ダウンバックSTDシリーズ

ダウンバックシリーズは軽量でしなやかな素材を使い、コンパクトで高コスパなシリーズです。

人気のサバティカルはなかなか手に入りませんが、ユーズドで販売していたりします。

8℃〜 ダウンバック 350STD  ¥21,890

5℃〜 ダウンバッグ450STD ¥31,460

0℃〜 ダウンバッグ600STD ¥44,000

冬用のシュラフは全然暖かさが違うので、冬キャンプをする方は必須ですよね。

私も毛布やあれこれ持っていく前に、まず冬用シュラフを軸にあとは何がプラスで必要か、を考えるようにしてます。

サバティカルはアフターフォローもしっかりしています。詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

サバティカルの保証内容は?サバティカルのギアを長く使用しよう!

続きを見る

ストーブ

 

この投稿をInstagramで見る

 

ochan(@ochan_jb64)がシェアした投稿

ストーブは持っていけばその明らかな違いにびっくりするはずです。

テントの中に入れて使えるタイプもありますし、テントにストーブ用の穴があるテントもあります。

石油ストーブ

こちらのストーブは、石油ストーブでコンパクトなのでキャンプをする際持ち運びしやすいです。

薪ストーブ

こちらは、ステンレス製の薪ストーブです。

軽くて丈夫で、ストーブの上で料理することもできます。人気の商品で、キャンプ場でもよく見かけます。

電気ストーブ

電源がとれるなら、電気ストーブが安全で簡単です。軽いので持ち運びも便利です。

ストーブにも種類が沢山あるので、それぞれ自分のテントとの相性も見て購入は検討しましょう。

テンマクデザインのウッドストーブがあれば秋冬キャンプもバッチリ!

続きを見る

テント内のストーブの使用は一酸化中毒に注意が必要です。

一酸化中毒防止のチェッカーも売っているので一緒に持っていくと安全ですね。

私は寒くなるとアラジンストーブを持っていって「おでん」を煮込みます。そんな調理ができるのも冬ならではですね。

コット

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@osoto.o0)がシェアした投稿

コットはオールシーズン活用出来ますが、冬の地面からの底冷えも防いでくれます。シュラフとマットと組み合わせて寒さ対策に欲しいアイテムです。

 

湯たんぽ

眠る時に足元が寒いと寝付けないですよね。

ピンポイントで暖かくしてくれるのはやっぱりこれじゃないでしょうか。

今はケースなどおしゃれなものもありますし、定番の持ってると安心なアイテムです。

人工的な暑さではなく、心地よい温かさも良いですよね。

充電式湯たんぽ

スタンダードな湯たんぽ

 

テントシューズ

テント内にシートを引く仕様ならば絶対に必要なのがこのテントシューズ。中綿になっているものもあって、よりくつろげそうです。

テントシューズ

 

サバティカル冬は焚き火で暖をとる

冬のキャンプの醍醐味は焚き火ですよね。焚き火が恋しい季節でもあり、最も楽しめる季節でもあります。

薪を割るところから始めて、焚き火台に組んでそこで料理をするのも良し、ただ眺めるのも良し。

私は焚き火で焼いたマシュマロを、チョコと一緒にクッキーに挟んで食べるのが大好きです。

眺めるだけでも落ち着くんですけどね、焚き火の楽しみ方もキャンプの楽しさですよね。

 

サバティカルの冬に選ぶべきアイテムはこれ!選ぶポイントも解説:まとめ

サバティカルのプロダクトには、冬に使えるアイテムもしっかり揃っています。

そして、冬のキャンプを楽しむためにはやはりしっかりとした準備が必要です。

ポイントは、まずは外側のテント選びとシュラフ選び、基本が揃ったらプラスアルファのアイテムが必要かを考えると良さそうです。

私は冬にキャンプで食べたい美味しい料理が沢山あるので、ストーブや焚き火での料理もしっかりリサーチ済みです。

冬キャンだからできることを楽しみたいですね。

 

スポンサーリンク

-キャンプ用品, サバティカル

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5