キャンプ テンマクデザイン テーブル

テンマクデザインのワークテーブルは買わなきゃ損⁈その理由とは!

テンマクデザインのワークテーブルがとにかく使いやすいって聞いたんだけど、実際どうなの?

そのような疑問にお答えします。

キャンプの醍醐味といえば大自然の中で食べるキャンプ飯もその一つですよね。

出来立て熱々の料理を仲間と一緒にふうふう言いながら食べる。まさに至福の時間です。

でも、せっかくキャンプに来たのだから「食べる」だけではなく、キャンプならではの「調理の過程」も楽しみたいもの。

そんな時にあると便利なアイテムがキッチンテーブルです。

食事用と調理用、兼用でも何とかなってるけど…。別に買うほどでもないんじゃない?

いえいえ、そんなことありません。キッチンテーブルがあれば調理や作業が楽になり、料理の時間をもっと楽しむことができますよ。

なかでもテンマクデザインのワークテーブルは「一度使ったらもう他のものは使えない」という人が続出するほど大人気

そこで今回はキャンパーを魅了してやまないテンマクデザインのワークテーブルについてご紹介します。

 

テンマクデザインとは

テンマクデザインは日本発のアウトドアショップ「WILD-1」のオリジナルブランドの一つ。(WILD-1は関東、東北を中心に現在21店舗あります。)

日本の気候やキャンプスタイルに合った、扱いやすくシンプルなデザインが特徴です。

テンマクは天幕、つまりテントに由来していることから幕系アイテムが豊富ですが、他にも機能的でおしゃれなアイテムがたくさん。

しかもどれもリーズナブルな価格で販売されていることから初心者だけでなくベテランキャンパーにまで大人気

近年注目のブランドです。

テンマクデザインの商品について詳しく紹介されている記事があるので気になる方はこちらをどうぞ。見たら最後。どれも欲しくなってしまうので要注意ですよ(笑)

 

テンマクデザイン ワークテーブルの魅力

引用:テンマクデザイン公式HP

テンマクデザインはアウトドア界の著名人とのコラボアイテムを多数リリースしていますが、その第一弾となったのがこのワークテーブル。

リリースはなんと2016年。毎年色々なブランドからたくさんの商品が出る中、今日に至るまで人気商品であり続けるって本当にすごいです。

多くのキャンパーを魅了してやまないテンマクデザインのワークテーブル。その魅力とは一体何なのか…。簡単に言うと

シンプルなデザインとステンレス素材で使い勝手抜群 ということではないでしょうか。もう少し詳しくご説明しましょう。

デザイン

見ての通りとにかくシンプル。不要なパーツは一切付いていません。まさに「シンプル・イズ・ベスト!」な商品です。

この「ザ・アウトドア」感あふれる武骨なデザインが男性にはたまらないのではないでしょうか。

カワイイ系が苦手な女性にもピッタリですね。

素材

天板には耐腐食性、耐熱性に優れたステンレス素材を使用。

汚れてもさっと拭くだけでいつでも清潔。熱に強いので熱々のダッチオーブンを直接置くことだって出来ちゃいます。これはポイント高しですね。

「錆びない・汚れない・熱に強い・強度もある」といいとこだらけです。

 

サイズ展開

引用:テンマクデザイン公式HP

「HI」「MID」「LOW」の3種類。用途に合わせてサイズを組み合わせることが可能です。

どのサイズにもスチールラックが付いているので、ちょっとした小物やキッチン用具、食器など置いておけば使いたい時にさっと取り出せて便利です。

「HI」

使用時 幅85cm×奥行54cm×高さ85cm。 収納時 幅85cm×奥行54cm×高さ9cm 重量 約10.1kg

調理中、腰を屈めての作業はちょっとツラいですよね。でも「HI」サイズなら自宅のキッチンと同じくらいの高さなのでとても作業がしやすいです。

天板は十分な奥行きがあり材料や調味料、キッチン用具など調理中に必要なものを置いても、広々とした作業スペースを確保できますよ。

整理整頓された調理スペースはそれだけでインスタ映えバッチリです。

また単独でも使用できるスタンディングラックがセットで付いていてこれがまた優れもの。

コンテナやクーラーボックスなど地面に直接置きたくないものを置いておくのにとても重宝します。

引用:楽天市場

「MID」

使用時 幅85cm×奥行54cm×高さ69cm 収納時 幅85cm×奥行54cm×高さ8cm 重量 約9.8kg

バーナーテーブル、食器棚、ダイニングテーブルなど色々な使い方ができます。

コールマン社製のガソリンツーバーナを置いてちょうど「Hi」と高さが同じになるように設計されているので並べて使えばまるでシステムキッチンのようになりますよ。

ここまで計算されているなんてさすがです。

このコールマン社製のツーバーナは高さが約45cmなので、それに近いサイズのものであればコールマンでなくても使えますよ。

ちなみにツーバーナーを使った調理はこんな感じです。2つ同時に調理できるって便利ですよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Motoki(@motoki.sa)がシェアした投稿

幅広い用途で使用可能な「MID」サイズですが、実は「MID」サイズとしての販売がありません

「えっ?!MIDサイズが欲しいのに…。」と思った方ご安心下さい。

このワークテーブルは天板と脚部がそれぞれ単品で販売されているんです。天板のサイズは1種類だけですが脚部はミドルレッグとローレッグの2種類。

天板にミドルレッグを組み合わせればこれで「MID」サイズの完成です。

別売りのスタンディングラックも組み合わせればさらに使い勝手がよくなりますよ。

引用:楽天市場、WILD-1オンラインストア


 

>>ミドルレグ(足場)はこちらをチェック

「LOW」

使用時 幅54cm×奥行42cm×高さ37cm  収納時 幅54cm×奥行42cm×高さ7.5cm 重量 約4.6kg

今流行りのロースタイルキャンプにぴったりなサイズ感です。

ローテーブルとして使うのももちろんありですが、耐荷重30kgまでOKなので、ウォータタンクスタンドとして使うのもおすすめですよ。

ちなみに私はソロキャンプに行くことが多いのですがこのテーブルにヘリノックスのローチェアが定番アイテムになっています。

引用:楽天市場

ヘリノックスのチェアにはどんな種類があるのか知りたい方はこちら

買って後悔しないヘリノックス!コンフォートチェアが最強の理由とは

続きを見る

 

購入時の注意点

ここまでワークテーブルの良い点ばかりお話してきましたが、どんなに良いといわれる商品でもやっぱりデメリットは付き物です。

いざ買おうと思った時、もしくはすでに買ってしまってから「思ったのとなんか違う…。」とならない為に注意点とデメリットについてお伝えします。

売り切れの事が多い

テンマクデザインのアイテムはどれもとても人気があり、商品によっては楽天やAmazonでの取り扱いがありません

正規販売ルートであるWILD-1オンラインストアでのみ販売という商品も多々あります。

現在売り切れとなっている場合でもホームページには入荷予定日がアナウンスされていることもあるのでどうしても欲しい商品がある場合は定期的にチェックしたほうがよいでしょう。

重たい

ステンレスの一枚天板ということで素材上どうしても重たいです。「HI」サイズで10kg超え。これはさすがに重たいですよね。

持ち運びの際はうっかり足の上に落としてケガをしないようくれぐれも注意して下さい。

せっかくの楽しいキャンプが台無しになってしまいますよ。

本体収納袋がない

実はこの商品、取り外した脚部分を収納する袋は付いているのですが本体を収納する袋が付いていません

両方一緒に収納するためには別売りの収納ケースを購入する必要があります。

別売りと知って正直私も最初は「う~ん…。」と思いましたが、この収納ケース1つでなんとワークテーブル2枚の収納が可能なんです。これなら買って損はないですよね。

引用:WILD-1オンラインストア

 

テンマクデザインのワークテーブルは買わなきゃ損⁈その理由とは!:まとめ

・テンマクデザインのワークテーブルは長い間キャンパーから支持されている人気商品

・シンプルなデザインとステンレス素材で使い勝手抜群

・サイズ展開は用途に合わせて組み合わせ可能な3種類

・デメリットについても知っておこう

ワークテーブルは調理時の悩みを解決してくれるまさに救世主的なアイテムです。

もしまだ持ってないという人は是非取り入れてみて下さい。

今まで以上に快適に作業ができて料理の時間がもっと楽しくなりますよ。

そして長く使い続けることでどんどん愛着がわいてくるアイテムになること間違いなしです。

皆さんもこのワークテーブルを使ってハッピーなキャンプライフを送ってくださいね。 

 

テンマクデザインのおすすめ記事をもっと見る

 

    

 

スポンサーリンク

-キャンプ, テンマクデザイン, テーブル

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5