おすすめ キャンプマット キャンプ用品

テントで使う安いマットってある?オススメのマットを6つに厳選!

テントで使うマットを揃えようと思っているんだけど、安いマットってある?

このような疑問にお答えします。

テントで使うマットを購入しようと思ったときに

  • なるべく費用を抑えたい
  • 安くてオススメのマットってある?

と考えました。

初めてのキャンプで、必要なものを揃えようと思った時に、用意するものが多くてびっくりしたことを覚えています。

  • 「思った以上に出費がかかるな」
  • 「テントにマットが3つも必要なの?」

そんなことを考えました。

どうにかして出費を抑えられないだろうか。安いマットってないの?

と悩んでしまいますよね。

でも大丈夫です。

この記事は、そんな悩みを解決できる記事となっています。

なぜなら、安くてオススメのマットを6つに厳選してお伝えするからです。

この記事を読めば

テントに必要なマットとは?

オススメ!安いテントのマット【種類別】

代用品

テントのマットと一緒に購入したいアイテム

について知ることができます。

記事を読んだあなたは

オススメの安いマットを6つ知ることができます。

そして、費用を抑えながら、テントに必要なマットを揃えられること間違いなしです。

ではさっそく見ていきましょう。

 

テントに必要な3つのマットとは?

テントには3つのマットが必要です。

3つも必要なの?

そうなんです。

私もキャンプを始めたばかりの頃は、まさかテントにマットが3つも必要になるなんて思ってもみなかったです。

テントと寝袋があればいいのかなと思い込んでいました。

快適に過ごすためにも3つのマットを用意するようにしましょうね。

テントに必要なマットは

グランドシート

インナーマット

テントマット

の3つです。

1つずつ見ていきましょう。

グランドシートとは

グランドシートとは、テントの下に敷くシートのことで

  • テントの底面を保護する
  • 地面からの湿気を遮断する

といった役割があります。

テント下にもマットが必要なんてびっくりですよね。

仲間に教えてもらったとき、冗談を言っているのかと思ってしまいました。

合わせて読みたい

テントにグランドシートって必要?代用できるものはある?重要性と使い方とは

続きを見る

インナーマットとは

インナーマットとは、テントの中で床の上に直接敷く大きめのマットのことで

  • クッション性
  • 冷気を遮断
  • 湿気対策
  • テントを保護

といった役割があります。

インナーマットは、家で例えるなら、カーペット。

テントの中で快適に過ごすためにも必要なものなんですよ。

私はテントで横になって過ごしたい時、インナーマットのおかげでとても快適に過ごすことができています。

テントマットとは

テントマットとは、寝袋(シュラフ)と床の間に敷くアイテムのことで

  • 地面の凹凸を吸収して体への負担を軽減する
  • 断熱効果

といった役割があります。

たとえるなら、敷布団のようなもので、快適な睡眠のために必要不可欠なんですよ。

マットがないと翌朝、体が痛くなってしまいます。

一度、試してみましたが、見事に身体が痛くなってしまいました。

合わせて読みたい

テントマットのオススメは?購入を考えている方必見!厳選4つ大公開!

続きを見る

3つのマットの違いとは

3つのマットの違いは「敷く位置」

テントマットは、寝袋と床の間

グランドマットは、テント本体の下

インナーマットは、テント全体

に、それぞれ敷きます。

このように、3つは「敷く位置」が異なるんです。

3つを揃えるのは大変ですが、自分の身体のためにも、テントのためにも用意しておくと安心ですよ。

私は最初、マットを3つ揃えずにキャンプに行ってしまい、睡眠が浅かったり、身体が痛くなったりと後悔したことを今でも覚えています。

 

オススメ!安いテントのマット【種類別】

そうは言っても3つのマットを揃えるとなるとお金がかかってしまう

わかります。

ただでさえ、キャンプは必要なものが多く、揃えるのが大変で、出費もかさみますよね。

そんな方に、オススメのマットを種類別にご紹介します。

オススメするのは

【グランドシート】コンヨ (KONYO) のニューストロングシート#3000

【グランドシート】Bears Rockのグランドシート

【インナーマット】YOU+のレジャーシート

【インナーマット】キャプテンスタッグのEVAフォームマットダブル

【テントマット】キャプテンスタッグのキャンピングマット

【テントマット】Bears Rockのキャンプマット

の合計6つ。

どれも私が実際に使ってみて、「いいな」と思ったものだけ紹介しているので安心してくださいね。

【グランドシート】コンヨ (KONYO) のニューストロングシート#3000


出典引用:Amazon

コンヨ (KONYO) のニューストロングシートです。

ブルーシートですが、グランドシートとしてコスパよく使うことができるんです。

また、キャンプ以外でも活用できるので、1枚持っているとすごく便利ですよ。

仕様

【材質】
ポリエチレン

【規格】
:#3000(厚手)

【実寸法】
2.55m×2.60m

【ハトメ数】
12ヶ(約90cm間隔)

【価格】
税込821円

特徴

ハサミで切って大きさの調整が可能

厚くてしっかりとした生地

きちんと水を弾いてくれる

幅広い用途で使用が可能

私は、ハサミでカットして、テントの大きさに合わせて使用しています。

大きさを調整できるのでとても便利ですよ。

【グランドシート】Bears Rockのグランドシート


出典引用:Amazon

Bears Rockのグランドシートです。

大きめのテントに合うグランドシートをお探しの場合にも、うってつけでしょう。

私自身、大きめのテントを使うときに、このBears Rockのグランドシートを使用しています。

地面が濡れていてもテントに浸水することなく快適に過ごせるのでオススメです。

Bears Rockとは

「使う人に寄り添った商品づくり」を心がけているアウトドアブランド。

使いやすくて楽しめるようなアイテムを豊富に展開しています。

仕様

【サイズ】
210cm×130cm

【収納サイズ】
24cm×17cm

【重さ】
280g

【価格】
税込2,430円

特徴

コンパクトに収納することができる

大判サイズ

PEラミネートにより、地面からの水の侵入や湿気を防ぐ

サイズを選択できる

サイズを選べるので、自分が持っているテントに合わせて購入することができて安心ですよ。

【インナーマット】YOU+のレジャーシート


出典引用:Amazon

YOU+のレジャーシート。

16カラーもあって、デザインもシンプルで可愛いんです。

キャンプだけじゃなく、ピクニックや運動会でも大活躍しますよ。

仕様

【使用時サイズ】
200×200cmまたは230×145cm

【収納時サイズ】
42×26×13cmまたは37×33×15cm

【重量】
1000g

【素材】

  • 表地:アクリル100%
  • 中地:PUフォーム
  • 裏地:ポリエチレン100%

【価格】
税込1,960円

特徴

大きいサイズでゆったり

6人〜8人座れる大きいサイズのレジャーシート

サイズは2パターン

手洗いオッケー

裏面防水加工

厚みのある生地で座り心地抜群

手洗いできる

たたみ方も簡単

ショルダーベルト付きで肩にかけられるから、持ち運びにも便利です。

私は、室内でラグ代わりとして使うこともありますよ。

可愛いのでオススメです。

【インナーマット】キャプテンスタッグのEVAフォームマットダブル


出典引用:Amazon

キャプテンスタッグから出ている波型のテントマット。

大きくて快適に使うことができますよ。

キャプテンスタッグとは

使いやすさ、購入しやすさを第一に考えている素敵なアウトドアブランドです。

キャンプ用品だけでなく、サイクリング用品やガーデニング用品など、オールラウンドに商品展開をしています。

仕様

【サイズ】
幅140cm×長さ217cm×厚さ1.5cm

【収納サイズ】
70cm×13cm×39cm

【重量】
760g

【付属品】
収納袋付

【材質】
マット:発泡ポリエチレン・EVA樹脂

【カラー】
グリーン

特徴

幅広いサイズで大人2人でも使用可能

半分に折り畳んで、1人サイズとしても使用可能

厚さ1.5cmの凸凹によって、クッション性が高くなり、地面の凹凸を軽減することができる

波型の凸部分に温かい空気の層ができるので保温性が高まり、地面の冷気をシャットアウトすることができる。

半分に折りたたむと、マットが分厚くなって寝心地がアップするんです。

私は、ソロキャンプに持って行ったときに、半分に折り畳んで使っています。

色んなテントで使えるので、持っていると重宝しますよ。

使い勝手はもちろん、コンパクトに折りたたむことができるので、収納や持ち運びが楽々ですよ。

【テントマット】キャプテンスタッグのキャンピングマット


出典引用:Amazon

キャプテンスタッグが販売しているキャンピングマット。

地面の凹凸を吸収し、冷気の伝わりをさえぎることができるんです。

シンプルなデザインなので、いろんなキャンプ用品と合わせやすいですよね。

仕様

【サイズ】
長さ200×幅100×厚さ8mm

【重量】
520g

【シート構造】

  • ポリエステル(アルミ蒸着)
  • 発泡ポリエチレン

特徴

パッと広げて敷くだけなので、手軽に使うことができる

8mm厚の発泡ポリエチレンとアルミフィルムを接着してあり、保温性・引張強度に優れ、地面の凹凸の悩みを解消

厚さがしっかりしているので、座る心地がソフト

私は車中泊のときにも使用しています。

底冷えを防ぐことができるので、車中泊にもオススメなんです。

【テントマット】Bears Rock キャンプマット


出典引用:Amazon

ベアーズロックのウレタンマット。

カラーバリエーションが豊富なので、選ぶ楽しさがありますよ。

組み合わせる際にも、自由に組み合わせて楽しむことができるんです。

私は、シンプルに同じ色を組み合わせて使っています。

ベアーズロックとは

「使って楽しいアウトドアツール」を目指して商品開発を行うアウトドアブランドです。

大人でも子供でも使いやすいアイテム豊富に展開しています。

仕様

【展開サイズ】
200cm×65cm×5cm

【収納サイズ】
63cm×18cm

【重量】
1.7kg

【価格】
税込4,780円

特徴

自動膨張機能付き

自動膨張まくら付き

補修キット付き

二重バルブで使いやすい

弾力性に優れた上質な高反発ウレタンフォームを使用

好みの硬さに調節が可能

収納や設置が簡単

連結ボタンが付いており、複数のマットを連結させることができる

収納袋に入れれば持ち運びもしやすい

寝心地が抜群なんです。

厚さがしっかりとしているので、朝起きたときに体が痛くなることがありませんよ。

心地よく使えるアイテムです。

代用品もオススメ

価格を抑えたい時にオススメなのが「代用品」。

なぜなら、代用品だと安いだけじゃなく、応用が効くので、持っておくと色々な場面で役に立つんです。

例えば、レジャーシートだと、キャンプで使うだけじゃなく、ピクニックや遠足なんかにも使うことができますよね。

なので、キャンプ用品を購入していくときに、費用を少しでも抑えたいという方は、上手に「代用品」を活用することをオススメします。

私も代用品を活用していましたし、今でも使うことがありますよ。

 

テントのマットと一緒に

マット代を抑えることができたので、ほかにオススメのアイテムがあれば欲しい!

テントの費用を抑えたら、ぜひ一緒に購入してほしいアイテムは、「LEEPWEI」の寝袋です。

LEEPWEIの寝袋「L210T」

出典引用:Amazon

「L210T」は、LEEPWEIの寝袋です。

カラーが豊富なので、自分の好きな色を選ぶことができるんです。

嬉しいですよね。

ちなみに私は、ダークブルーを愛用しています。

キャンプ仲間に「コスパがいい寝袋はある?」と聞かれた時に、必ずと言っていいほどオススメする寝袋です。

使い勝手がすごくいいんですよ。

私も愛用していて、すごくオススメです。

LEEPWEIとは

一過性の流行に左右されず、普遍的なデザインや機能を兼ね備えた商品創りをしているブランドで

  • ヨガマットやバランスボールなどのトレーニング用品
  • マットや寝袋などのアウトドア用品

を展開しています。

仕様

【形】
封筒型

【サイズ】
210cm×75cm

【収納サイズ】
35cm×17cm

【重量】
900g

【適応温度】

  • 最低使用温度:5℃
  • 快適使用温度:10℃

【価格】
税込2,680円

特徴

ファスナーがついているので、内側と外側の両方から開閉が可能

ファスナーは足元から肩まで開閉できる

洗濯機で丸洗いができるので衛生的

収納袋が付属しているので、コンパクトになり、持ち運びや収納にも便利

どのシーズンでも快適に使用することができる

フード付きで頭部も覆うことができ、保温性が優れている

封筒型なので

  • 広げてレジャークッションとして
  • 開いて掛け布団や敷物、マットとして
  • 畳んでクッションや枕として

使用することができる

持っていると防災グッズとしても役立ちますよ。

私は、防災用としても、家族の分を常備しています。

コンパクトに収納できるので、ご家庭にも置いておきやすいですよ。

さらに、洗濯ができるのも嬉しいですよね。

使うなら清潔に使いたいですもんね。

テントで使う安いマットってある?オススメのマットを6つに厳選!:まとめ

 

View this post on Instagram

 

Sayu(@bluesky7natural)がシェアした投稿

テントに必要なマットとは?

オススメ!安いテントのマット【種類別】

代用品もオススメ

テントのマットと一緒に

についてお伝えしました。

オススメの安いマットは

【グランドシート】コンヨ (KONYO) のニューストロングシート#3000

【グランドシート】Bears Rockのグランドシート

【インナーマット】YOU+のレジャーシート

【インナーマット】キャプテンスタッグのEVAフォームマットダブル

【テントマット】キャプテンスタッグのキャンピングマット

【テントマット】Bears Rockのキャンプマット

の6つです。

オススメの安いマットがわかった!

テントのマットにかかる費用を安く抑えて、キャンプに必要なアイテムを揃えていきましょうね!

 

スポンサーリンク

-おすすめ, キャンプマット, キャンプ用品

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5