zen camps キャンプ用品 テーブル バーナー

ZEN Camps SATO ST-310遮熱板テーブル【注目】

SOTO ST-310に合う遮熱板ってないのかな。

この疑問にお答えします。

キャンプでの楽しみの1つに料理が加わると、いずれたどり着くのがシングルバーナー。

中でもSOTO(ソト)ブランドのSOTO ST-310(SOTO レギュレーターストーブ ST-310)は、かなり使いやすいです。

冬場でも火力が保たれますし、五徳が安定してるので、初心者キャンパーから玄人までかなりの人気を集めていますよね。

ただ1つ難点は、作業スペースがないことです。

CB缶がむき出しで、その部分が場所をとるので、何かもったいないんですよね。

そこで重宝されているアイテムが、ZEN Campsからリリースされている「SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブル」です。

どんな具合か見ていきます。

こんな方におすすめ

  • キャンプ飯作りが好き
  • SOTO ST-310愛用者
  • キャンプアイテム好き

この記事で、「SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブル」の使いやすさがわかりますよ。

 

利便性良し、耐熱性良し、安全性良し

「SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブル」は、まず見た目がシックでかっこいい!

加えて見た目だけでなく、遮熱もテーブルとしての役割も十分に果たす優秀なアイテムです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

みっつ(@mitts_camp)がシェアした投稿

火をつけているとき、結構、熱風が熱いですよね。

この時出てくる輻射熱というのが、実は、爆発の危険性があるので結構危なかったりします。

そういう危険を見事にカットしてくれるのが、今回の遮熱板兼テーブルのグッドポイント!

さらに熱の危険性をカットした上で、CB缶の上が見事にまな板に変身して調理ができる、まさに一石二鳥になんです。

キャンプ飯のおすすめ調理

ソロキャンプ飯の最強おつまみはこれ!誰もが真似したいレシピ7選!

続きを見る

人気のキャンプ飯をつくろう!おいしい簡単&定番レシピ6選

続きを見る

本当に遮熱されるの?

SOTO ST-310のバーナー自体、冬でも火力が保たれる高性能を持っているので、心配になるのも無理はありません。

もしあなたが、スープを作ったりお湯を沸かしたり、ホットサンドなど軽食を作るのであれば、全然問題ないです。

今回の遮熱板兼テーブルは、300℃の熱まで耐え得るパワーを持っています。アルマイト処理というやつです。

なので、遮熱機能はバッチリ!

豆知識

<アルマイト処理ってなに?>

さっくりいうと、アルミニウムの素材に対して、錆びにくくしたりする処理です。

これによって、変色を防ぐ・硬くする・電気を流れにくくする・熱を伝えにくくする性能を向上させることが出来ます。

コンパクト・軽量・組み立て簡単!

旧バージョンも組み立てが非常に簡単でしたが、さすがZEN Campsさん、今回も同じくめちゃくちゃ簡単です。

  1. ナットを外してパネルを組み合わせ、ナットで閉じる。
  2. 五徳に差し込む。

これだけですね。(笑)

 

大きさも男性の手のひらサイズぐらいなので非常にコンパクトです。

重さは、500mlペットボトルより軽いです。

実際のところ、袋に収納しても約386gの重さなので、ちょっと飲んだペットボトルぐらいがちょうどいいイメージです。

荷物を少しでも軽くできるのは、とてもありがたいです。

強度がパワーアップ!

もう1つ嬉しいのが、強度がパワーアップしていることです。

キャンプでは、色んなタイプのグラウンドがありますが、芝生とかでも安定するので、ここも嬉しいところ。

テープルの上に物を置いても、だいぶグラつきがなくなっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

HEY!!タクちゃん(@hey_ta9camp)がシェアした投稿

先ほどの動画でも、パネルをつなぎ合わせた部分に圧をかけるシーンがありましたが、旧バージョンと比較しても耐久性が良くなっているのがわかります。

SOTO ST-310愛用者にはあまり関係ありませんが、その他差し込むタイプのアルコールストーブなどを入れても、安心感があります。

SOTO ST-310にも使えるシングルバーナー

「SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブル」は、実はSOTO ST-310愛用者以外からも需要があります。

コンパクトでシンプルに使いやすいところは、キャンパーにとっては嬉しいところですよね。

参考までにピッタリマッチする4つのバーナーを紹介します。

SATO ST-330 Fusion

SOTO ST-310は、バーナーとCB缶が一緒になっていますが、フュージョンの場合は、バーナーというか五徳部分とカセットボンベが少し離れている分離型です。

細かいところですが、SOTO ST-310よりも五徳部分の設計が低くなっているので、その分安定感を作ろうとしているのがわかります。

あとは、五徳がSOTO ST-310よりも、ちょっと大きめなので、ちょっと大きめの鍋でもちゃんと支えてくれますよ。

メモ

<五徳の大きさ>

  • SOTO ST-310:130mm
  • SOTO ST-330 Fusion:165mm

iwatani ジュニア コンパクトバーナー

イワタニが出しているシングルバーナーですが、これもコンパクトサイズで使いやすいバーナーです。

特徴的なのは、五徳が折りたたまれているところかなと思います。

余計な設計がないので、すごくシンプルです。

あまりにシンプルなので、倒れないか心配でしたが、CB缶と本体を合体がカッチリホールドされるので、ちゃんと安定することが分かりました。(笑)

iwatani マイクロストーブ

手のひらサイズに収まるコンパクトバーナーです。

重さからしても、大体ケース入りで230gちょっと。

小さめで脚部分の幅が狭めな分、大きな鍋での調理は向いていませんが、火力は劣りません。

SOTO ST-310よりも燃焼時間が長いことはメリットかなと思います。

トランギア アルコールストーブ

キャンプ歴が積み重なると、ガスバーナー派からアルコールストーブ派にチェンジする方もチラホラ出てきます。

とにかくコンパクト。あとは、見た目からして、キャンプぽくてロマンがあります。(笑)

アルコールストーブを使う先輩キャンパーさんは、調理するときは焚火スタイルといった感じで、荷物を減らしつつキャンプの楽しさを追求していました。

「SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブル」は使い勝手抜群!:まとめ

今回は、ZEN Campsシリーズの「SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブル」を紹介しました。

使い勝手も良くなりますし、安全面でも安心感が生まれるので持っておいて損はないキャンプアイテムです。

何よりコンパクトで軽いので、1つ増えてもダメージはありません。(笑)

ぜひ、採用してみてください。

 

スポンサーリンク

-zen camps, キャンプ用品, テーブル, バーナー

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5