waq キャンプ用品 寝袋

丸洗いできて衛生的‼︎大人気アウトドアサイトwaqのシュラフ

新しいシュラフが欲しいんだけどwaqのシュラフってスペックどんな感じかな。

そんな疑問にお応えします。

キャンプで寝ると言ったら真っ先に思いつくのが寝袋ではないでしょうか。

しかし、寝袋で寝るというと体にピッタリとした薄っぺらい生地で寝心地が悪そうなイメージはありませんか。

キャンプにハマる前の私はそういうイメージを持っていました。

ですが、キャンプ人気が高まっている現在の寝袋はかなり進化しているんです。

ここでは人気アウトドアブランドのwaqの寝袋に焦点を当て紹介します。

waqブランドが好きな方

新しい寝袋をお探しの方

waqの寝袋の購入を検討している方は特に必見です。

寝袋とシュラフ

商品を検索していて寝袋と出てきたり、シュラフと出てきたり混乱したことはありませんか。

恥ずかしながら私はこうした記事を書き始めてシュラフという言葉を認識しました。

簡潔に言いますと寝袋もシュラフも同じ意味です。

シュラフという呼び方はドイツ語の「シュラフザック」からきた言葉です。

ちなみに英語では「スリーピングバッグ」と言います。

 

シュラフの種類

シュラフには主に3種類の形状があります。

封筒型(レクタングラー型)

出典引用:キャプテンスタッグ

封筒型は文字通り長方形の上から下までの幅が同じタイプです。

メリット

  • ゆったりしているので布団に近い寝心地と寝返りが打てる。
  • ファスナーで開閉ができるので暑い時には足元を開けて温度調節する事ができる。

デメリット

  • 体への密着率が低いので保温性が低い。
  • マミー型と比較すると重たいものが多く、収納時にも場所をとってしまうこともある。

同じモデルの寝袋なら連結することができるので子連れのファミリーキャンパーにおすすめです。

マミー型(人形型)

出典引用:バンドック

体の形に合わせた形状の寝袋です。

マミー型の「マミー」はミイラからきており、この形状の寝袋で寝ている姿がミイラに似ていることからマミー型と言われています。

メリット

  • 体への密着率が高く、無駄な隙間が少ないため保温性に優れています。
  • 封筒型と比較すると軽いものが多く、収納時もコンパクトに畳む事ができる。

デメリット

  • 密着性が高いために身動きが取りにくく、慣れるまでの間は寝苦しさを感じることがある。

マミー型は一人用に作られているのでソロキャンパーや友人とのキャンプにおすすめです。

エッグ型(卵型)

出典引用:キャプテンスタッグ

エッグ型は封筒型とマミー型のいいとこ取りのハイブリットな寝袋です。

メリット

  • エッグ型によって封筒型の寝心地の良さ、マミー型の保温性を兼ね備えている。
  • マミー型同様にコンパクトに収納できる。

デメリット

  • 一人用の寝袋になるので子供と添い寝する方には不向き。

参考

我が家はまだ子供が小さいので封筒型を使用しています。

2つを連結させていますが、まだまだ寝相が悪いので寝袋を敷き布団がわりにしてタオルケットなどをかけて寝ています。

寝袋を敷いただけでは地面に寝ている様な感覚のするキャンプサイトもあるのでマットも合わせて使っています。

 

waqのシュラフ

出典引用:waq

スペック

封筒型

本体サイズ 230(頭部分30)×80(フルオープン時160)cm

重量 約1.4kg

表地 230T撥水性ポリエステル

裏地 190T吸水性ポリエステル

中綿 中空化学繊維

丸洗いが可能

収納袋サイズ 40×23cm(コンパクト時23×23cm)

通年使用可能

収納袋は大きめサイズに設計されているので収納への時間短縮になります。

また、たたみ方がわからない時には収納袋にQRコードがついているので簡単に調べることもできます。

注意

通年使用可能ですが寒い時期に使用する際はダウンジャケットなどを着込むことを公式でも推奨しています。

我が家が使用しているのがこのwaqの寝袋です。

フルオープンで連結すると横幅が320cmとかなりの大きさになります。

やや横に大きめの大人二人と小さい子供二人が寝ても広々。

先程も書きましたが寝相の悪い子供二人がコロコロと転がり回っても寝袋内に収まります。

もう少し大きくなってからはこのサイズではテント内に収まらなくなってしまうかも知れませんが、あと数年は使用します。

我が家は子供が小さいので寒い時期のキャンプはしていませんが、友人夫婦が冬場にこの寝袋を使用しました。

頭部分にドローコードがあったので着込みはしたけど、寝袋に冷気が入ってくるのは結構遮断できた。

と教えてくれました。

寝袋は丸洗いする事ができるので寝汗をかいてしまっても帰ってきてから洗濯機で洗えて衛生的です。

しかし、現在は公式サイトと大手通販サイトでは売り切れになっています

ですが、探すとまだ販売しているサイトやフリマアプリなどもあります。

キャンプでももっと快適に眠りたい‼︎おすすめグッズ

キャンプとなると普段寝ているようなふかふかな布団やベッドで眠るというのは難しいですよね。

しかし、自宅の様な布団やベッドは難しくても快適に眠れるアイテムはあります。

それはマットレスとコットです。

マットレスは厚みがあればあるほど地面の固さを感じにくくなります。

コットは簡易ベッドのように使えるので地面を気にする事なく眠れます。

我が家が使っているのはこちら

出典引用:waq

このマットレスは吸気口バルブを開けるだけで自ら空気を取り込み、膨らんでくれるので用意に手間がかかりません。

厚みもしっかりあるので地面を気にせず快眠できます。

また、車中泊や防災グッズとしても活用できるので持っていて損のない商品ですよ。

詳細はこちらをご覧ください

楽天ランキング1位! waqのフォールディングコットを徹底解説!

続きを見る

マットレスやコットまでの予算はないな。

そんな方にはをおすすめします。

やはり枕があるかないかの差は結構大きいです。

実際に布団で寝ている時でも枕を使った時と使わなかった時の体の休まり方がかわります。

私自身、子供たちに枕を取られてしまった日と枕が使えた日のリラックス感はかなり違います。

枕が変わると眠れないという方は難しいですが、どんな枕でも平気な方にはキャンプ用の枕がおすすめです。

キャンプ用ですからあまり嵩張らない物が多いので持ち運びに苦労しません。

出典引用:サーマレスト

我が家ではこちらを使用しています。

空気を入れるタイプも良いのですが、こちらの商品は衣類を詰めて枕にするタイプです。

使用前はかなりコンパクトなので収納がラクです。

また、持参している衣類で作れるので余計な荷物は不要なんです。

好きな高さにも調整できるので理想的な枕になりますよ。

注意点として、いくつも衣類を使う場合は使用中に衣類同士の境目で隙間ができてしまう事もあります。

私は衣類のズレ防止のためにバスタオルやマフラータオルである程度固定して使っています。

少しでも荷物を減らしたいと思っている方におすすめ。

枕に関する記事

waqの枕を購入すればアウトドアでの睡眠が快適に!その魅力とは?

続きを見る

 

丸洗いできて衛生的‼︎大人気アウトドアサイトwaqのシュラフ。:まとめ

皆様の寝袋へのイメージは変わりましたか。

waqの寝袋は丸洗いも出来ちゃうので私も下調べをした時に驚きました。

我が家の場合は子どもと添い寝なので寝袋内の温度が高めになるので自宅で洗えるのは本当にありがたいです。

寝袋と合わせて使えるアイテムもたくさんあるので皆さんのお好みや状況で組み合わせて使ってみて下さい。

キャンプでも快適に眠りましょう。

合わせて読みたい

寝袋ならwaqで決まり!キャンプでの快適な睡眠にマストなアイテム!

続きを見る

ノルディスクのシュラフは種類が盛りだくさん!どう選べばいいの?

続きを見る

スポンサーリンク

-waq, キャンプ用品, 寝袋

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5