おすすめ キャンプ用品 極厚鉄板 鉄板

キャンプ料理は極厚鉄板で作るのがおすすめ!その理由を紹介!

 

キャンプに持っていく鉄板って何がいいんだろう?鉄板でBBQ以外も作れるのかな?

 

そんな疑問にお答えします。

 

いきなり結論からいいますと、キャンプ料理を作るときは一番厚い極厚の鉄板で調理すると、料理が格段においしくなります。

調理器具はメスティンやフライパン、網など色々ありますがどうして極厚鉄板が良いのか?それは鉄ならではのメリットがあるからです。

今回は極厚鉄板のメリットとおすすめな鉄板の厚さ、肉以外で作れる鉄板料理を紹介します。

この記事を最後まで読むと、料理のレパートリーが増えてキャンプご飯が楽しくなるし、一緒に行った友達や周囲から一目置かれる存在になりますよ。

 

極厚の鉄板はおいしく焼き上げる秘密がたくさん!

キャンプに鉄板を持っていかない理由の1つに、重いというのがあるでしょう。確かに鉄はステンレスやアルミと比べると重いです。

私も前まで荷物が重くなるのが嫌で、鉄板を持っていきませんでした。

しかしキャンプの調理器具のことを調べていたときに極厚鉄板の良さを知り、実際にキャンプ料理に極厚鉄板を使って焼いてみたらあまりのおいしさにびっくりして、それ以来ずっと鉄板を使っています。

鉄板をリュックサックに入れると重くはなるのですが、重いデメリットも吹き飛ぶくらい食材をおいしくしてくれるので、なくてはならない物になりますよ。

それでは、極厚鉄板ならではのおいしく焼き上げる訳を解説します。

下記の記事ではステンレス鉄板やアルミ鉄板の特性と用途に合わせた鉄板の選び方を解説しています。

極厚だから蓄熱性もぐっとアップする

鉄の特性は、食材に熱を蓄える蓄熱性が高いことです。さらに厚いと蓄熱性も比例して上がっていきます。

このおかげで、冷めづらく熱々料理を食べられるメリットがあるのです。

やっぱり冷めた料理より熱々の料理のほうが、おいしさも格段に上がるでしょう。

網にはないメリットがある

網だと余計な脂が落ちてヘルシーに仕上がったり、口の中が変に脂っこくならないメリットはあります。

ですが表面は良い感じに焼けていても、生焼けだったりすることもあります。

それに網では焼きそばのような具材が小さめな料理だと、すき間から落ちてしまう恐れも出てくるでしょう。

その点鉄板だとすき間から具材が落ちる心配もないし、蓄熱性のおかげで中まで火が通る料理が作りやすいのです。

なんと鉄板を使って作れる料理はこんなにあるのです。

  • ステーキ
  • ハンバーグ
  • お好み焼き
  • 焼きそば
  • 餃子
  • ホイル焼き
  • ホットケーキ

特にお好み焼きや焼きそばは、BBQで余った食材を具として利用することもでき、帰りの荷物も軽くできるため一石二鳥なのです。

今までキャンプ飯はBBQしか作ってこなかった方は、ぜひ上記の料理や鉄板で作れそうな料理を作ってみてくださいね。

反りや歪みに強い

極厚な鉄板は非常に頑丈なので、強火でも反ったり歪んでしまうことはないです。

このおかげですぐに買い直さなくすことはなく、コスパが良いキャンプ用品といえるでしょう。

ですが頑丈だからって、手入れをさぼらないようにしましょう。

手入れをさぼってはいけない理由は、下記の記事で詳しく解説しています。

 

自分に合った厚さを選ぶことが大切

この記事では極厚鉄板の良さについて紹介していますが、厚すぎると荷物も重くなるし、キャンプ場までの持ち運びも大変になります。

重要なのは自分に合った厚さを選ぶことです。極厚鉄板もさまざまな厚さの鉄板が販売されているし、厚さごとに特性も変わってきます。

4,5mm

ホームセンターで売られている厚さの鉄板じゃ物足りない方は、まず4,5mmの厚さから試してみるのも良いではないでしょうか。

なおホームセンターで販売されている厚さは良くて2mmなので倍はあります。4,5mmくらいだと重すぎるとこともさほど感じないでしょう。

6mm

焼き上がりも均一に焼けて熱も安定します。高熱で鉄板の歪みが気になる方や、長く使いたい方向けの厚さです。

私は6mmの鉄板を使用していますが、かなり重くて持ち運びはすごい辛いこともなく、料理も中まで火が通った熱々の料理を食べられて手入れも比較的楽なので、非常に重宝しています。

9,9mm

プロ志向の厚みなおかげで、お店の味が自分で再現しやすい厚さです。

一生物の鉄板を育てたい方や、食材をとにかくおいしく焼き上げたい方におすすめの厚さです。

ただし鉄板の厚さに比例して重くなるので、注意しましょう。

おすすめの極厚鉄板はコレ!

お待たせしました。キャンプに持っていくおすすめの極厚鉄板を5点紹介します。どれも人気の商品ばかりでおいしく料理もできる優れものです。

下記の記事では鉄板を購入した際に、とても重要なシーズニングについて説明しています。

 

ベルモント極厚鉄板

  • サイズ:縦15cm×横21cm
  • 板厚:6mm
  • 重量:1,5kg

縁に傾斜がついているので、油が落ちることはないのが嬉しい面です。高い蓄熱性のおかげで、どんな食材でも均等に火が通り熱々の料理を最後まで楽しめます。

No,164 独焼鉄板

  • サイズ:縦22cm×横13cm
  • 重量:970g
  • 板厚:4,5mm
  • 取手サイズ:縦13,5cm×横3cm
  • 取手の重量:40g

お笑い芸人ヒロシさんが立ち上げたアウトドアメーカーNo,164から販売されている鉄板です。ヒロシさんはyoutubeでキャンプ動画を上げていて、ソロキャンプのために性能を重視して作られました。

性能の良さとヒロシさんの人気も相まって、非常に人気の鉄板で再入荷してもすぐ売り切れてしまう鉄板です。

厚さは4,5mmの他に3,2mmもあるので、持ち運びしやすさもちゃんと考えています。

ただしNo,164の独焼鉄板は公式サイトでしか販売されておらず、入荷の情報はヒロシさんのtwitterかマネージャーのinstagramでお知らせをしているので、フォローしたほうが良いでしょう。

>>No,164の公式サイト

>>ヒロシさんのtwitter

>>マネージャーのinstagram

サムライ鉄板

  • サイズ:縦18,2cm×横12,8cm
  • 厚さ:4,5mm
  • 重量:920g

コンパクトながら2~3人用としても活躍できる鉄板で、海や登山時とキャンプ場以外でも使用できます。

熱が均一に伝わるおかげで、分厚いステーキ肉でも中までちゃんと火が通りおいしいキャンプ飯が食べられます。

鉄板以外にもコテと収納ケースがついているので、個別に買う必要もない点が嬉しいところでしょう。

男爆鉄板

  • サイズ:縦16,5cm×横19,5cm
  • 板厚:9mm
  • 重量:2,4kg

厚さが9mmなのでお店で出しているような熱々でおいしい料理が、キャンプで手軽に食べられるという夢のような鉄板です。

鉄の特性を知り尽くしている、40年以上の職人が手作りで作っている最高の品なので大人気の極厚鉄板です。

厚さは他に2,3mmや4,5mmに6mmと軽い鉄板から重い鉄板まで販売されているので、持ち運びやすさを取るか料理がおいしくできるほうを取るかを自由に選べます。

鍛冶屋の頓珍漢(とんちんかん)

  • サイズ:縦12cm×横18cm
  • 厚さ:9mm(焼き面は6mm)
  • 重量:1,05kg

ポイント

販売元のミガキ鉄板社は長年鍛冶屋として、高級鉄板料理への鉄板を製作・提供実績も多く、その経験と技術を駆使して作られたキャンプ用の鉄板です

3mmの溝がついているおかげで肉の油もこぼれずに、焼き面は6mmと厚いため食材に中まで火がきちんと通り、表面は焼き色がしっかりついて中はふっくらで熱々な料理が作れます。

さらに鉄板も焦げ付きにくいというメリットもあり、お手入れをきちんとやれば長く使える一品です。

キャンプ料理は極厚鉄板で作るのがおすすめ!その理由を紹介!:まとめ

  1. 鉄板で作れる料理はBBQだけじゃない
  2. 極厚の鉄板はおいしく焼き上げる秘密がたくさん!
  3. 自分に合った厚さを選ぶことが大切
  4. おすすめの極厚鉄板はコレ!

鉄板は重くて持ち運びは大変ですが、蓄熱性が高いおかげで食材を中までしっかりと火も通せたり、歪まなかったりとメリットもたくさんあります。

それに網ではできない焼きそばやもんじゃ焼きはもちろん、ホットケーキなどのおやつも作れるのでキャンプ飯の幅が広がります。

あなたもこれを機にキャンプ料理に鉄板を使ってみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

-おすすめ, キャンプ用品, 極厚鉄板, 鉄板

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5