アウトドア コーディネート 選び方

大人のアウトドアコーデ!フリースは多様なシーンで大活躍!

 

アウトドアシーンではフリースは定番?秋冬の季節に1枚買っておきたいです。どんなものがあるのか知りたい。

 

このようなお悩みにお答えします。

 

現在のアウトドアファッションアイテムは年々進化し続けています。中でもフリースはこれからの秋、冬コーデに大活躍する必須アイテム。

薄手のものから厚手のものまで、様々なアイテムがラインナップされていて、年中使えるアウトドアコーデ好きにはヘビーユーズするアイテムの内の1つではないでしょうか。

 

大人のファッションアイテムとしてもとてもおしゃれに着回せるので使い勝手の良いアパレルの1つです。

 

今回はこれからフリースの購入を考えている方や買い替えを検討している方に情報をまとめてご紹介していきます!

 

「フリース」という生地の特徴

 

フリース生地には様々な特徴があります。

・軽くてコンパクト

・保温性抜群

・速乾性がある

・メンテナンスが楽

などがフリース素材の持つ特徴です。

 

また、そこに

・毛足を長くして保温性をより高めたもの

・伸縮性と通気性を高めたもの

・吸湿速乾性に優れて行動時に快適に使用できるもの

・着心地の良さや防臭効果を狙ってウールを混ぜて作ったもの

など各特徴を強調して、さらなる機能を追加した多種多様な生地があります。

 

さらに同じ生地でも

・耐摩耗性や耐久撥水性を持たせる加工をする

・羽毛を立たせて保温性を高める。

・裏地をグリット状(方眼状)にして軽量化かつ収納性を考慮している。

など、どんな処理を施すか次第でもウェアの性格が変わってきます。

 

アウトドアブランド各社はそれらを駆使して様々な用途に向けた1着を仕上げています。この辺りは覚えておいた方がいいでしょう。

 

軽くて暖かいフリースウェアはアウトドアでもタウンユースでも大活躍!

 

アウトドアブランドで作られたフリースは登山、キャンプ、釣りなどあらゆるアウトドアシーンで使用できるように作られています。

 

注目する点

・保温性や体温調節するためのジッパーなど細部の機能的な面も充実している。

・着心地も柔らかく、肌触りが良いのも嬉しいところ。

・長袖のフリースウェアはインナーとしても、アウターとしても活躍する。

・購入時は上に着るジャケットとの融合性を考えて、同じブランドでシリーズを揃える。

となります。

 

年々進化を遂げているフリースウェアですが、使用目的に合わせて、わがままに着回すことができます。

 

どのような場面で使うのかを決めて、その目的に合わせ最適な1着を見つけてくださいね!

 

ベストタイプは年中着回しがきいて超便利!

 

ベストタイプのフリースウェアはアウトドアでは定番アイテムの1つ。

着脱がしやすく、調節も楽にできるのでアウトドアだけじゃなくタウンユースで便利に着こなすことができます。

ワンランク上のコーデを目指すなら、間違いなく持っていて損はないでしょう。

 

薄手、厚手のタイプが多種多様にラインナップされているので、薄手のものを一枚、厚手のものを一枚持っておくと、4シーズン通しておしゃれに着回すことができます。

 

好きなブランドやデザインを加味して購入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

オススメ①:patagonia(パタゴニア)「R2テックフェイスジャケット」

 

この投稿をInstagramで見る

 

k_stand(@k_stand)がシェアした投稿 -

 

フリース素材に一番に目をつけたのが「パタゴニア」

その素材を使用して作った「シンチラフリース」をモールデンミルズ社と共同開発して大成功を収めます。

パタゴニアといえばフリースというイメージがあるのも、このような経緯からなのかもしれません。

 

その中でも現在パタゴニアから発売されているR2テックフェイスジャケット」に注目してご紹介をしたいと思います。

 

裏地には通気性をうむグリット状のハイロフトを使用。耐久性を備え、さらに撥水加工を施したオールマウンテン対応型の機能性の高さを備えています。

 

使用するコンディションを選ばないのがとても嬉しいアイテムで、ジッパーや袖口など各ディティールはバックパックなどの他のアイテムと干渉もしない設計なので、タウンユースでの行動着としても活躍します。

 

薄手のフリースなので、夏のキャンプの夜~朝にかけても丁度良く使用できますし、冬の登山のミドルレイヤーとしてもベストなフリースウェアです。

 

>>patagonia(パタゴニア)R2テックフェイスジャケット

 

オススメ②:mont-bell(モンベル)「ホイットニーⅡ」

 

この投稿をInstagramで見る

 

tk(@timemaster40)がシェアした投稿 -

 

言わずと知れたモンベルから発売されて、その使いやすさから大人気のホイットニーⅡ

特徴は保温性が高く、ミドルレイヤーとして活躍する中厚手のフリース素材で、適度なボリューム感があって、細かく密集した繊維の間に暖かな空気を多く蓄えることができる為、軽量化かつ高い保温性を備えています。

 

ストレッチ性や通気性にも優れ、モンベルのフリース素材の中でも最もスタンダードな素材として幅広く採用されています。

お値段が手頃なのも日本発モンベルブランドの嬉しいところ。

 

>>mont-bell(モンベル)ホイットニーⅡ

 

大人のアウトドアコーデ!フリースは多様なシーンで大活躍!:まとめ

 

フリースの種類や機能性の話題を交えてこれから購入を検討されている方や買い足しをする方に向けて情報をお伝えしました。

 

フリース素材の様々な種類や特徴

【軽量でコンパクト】

【保温性が高い】

【速乾性がある】

【メンテナンスが楽】

 

おすすめのフリース

>> patagonia(パタゴニア)「R2テックフェイスジャケット」

>> mont-bell(モンベル)「クリマプラス200ベスト」

 

これからの季節、特に恋しくなってくるフリース素材の肌触り。今から欲しいアイテムが見つかるようにリサーチして、本格的に寒くなったら使えるように準備しておけば、今年の冬は怖いものなしです!皆さんのアウトドアライフが充実したものになれば幸いです。

こちらでは、より実用的なコーディネートをご紹介しています。

もうアウトドアコーディネートで失敗しない!気を付けるポイント紹介!

続きを見る

 

スポンサーリンク

-アウトドア, コーディネート, 選び方

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5