waq キャンプ用品

waqのledランタンが充電できない?!原因や対処法は?

充電できなくなった!なんで? 直す方法はある?

こんな疑問にお答えしていきます。

キャンプの夜を明るく照らしてくれるWAQのLEDランタン。

ソロキャンプのみならずファミリーキャンプでも、重宝されるキャンプアイテムです。

キャンプ場では、なかなかコンセントがないので、コードを繋げるタイプのライトは中々使いづらいです。

その点モバイル式のWEQ LEDランタンは、充電しておけばそのまま直ぐに使えるのでとても便利。

ただWAQのLEDランタンが充電できないとかなり大変。

キャンプ場についたときに、使えなくなったとなれば、夜は食事をするときでも真っ暗な中過ごすことになります。

そのような事態を事前に防ぐためにも、充電できない原因や対処法についてまとめてみました。

 

WAQのLEDランタンが充電できない?原因は?

WAQのLEDランタンが充電できないとキャンプ場でも使えないので、暗闇の中を過ごすことになってしまいます。

折角みんなでキャンプを楽しんでいるときに真っ暗な状態で、お話したり、キャンプ飯を食べるのはちょっと寂しいですよね。

そこで、WAQのLEDランタンが充電出来ない原因について調べてまとめました。

  1. 充電機器や接続部に問題が起きたケース
  2. WAQのLEDランタンの本体が故障しているケース
  3. 充電中にランタンを使用して故障するケース

1.充電機器や接続部に問題が起きたケース

WAQのLEDランタンの充電部はUSBタイプの充電ケーブルです。

まずは持っているケーブルの状態を確認してみてください。

  • ケーブルに破損している部分がある。
  • 断線している部分がある。
  • 劣化部分がある。

ほかにも、内部での断線なども接続不良となり、WAQのLEDランタンの充電が出来なくなります。

2.WAQのLEDランタンの本体が故障しているケース

もう1つは、そもそも本体が故障しているケースです。

WAQのLEDランタンはかなりコンパクト。

スマホもそうですが、コンパクトな機器はふとした時に落とすことも良くあります。

ましてや、野外で行うキャンプ場で使うランタンは、設置の際にないがしろに扱われてしまう可能性も。

投げちゃったことあるかも。

充電可能なタイプの機器には、バッテリー部分が内蔵されています。

もしも何らかの原因でバッテリー部分が故障していたり、劣化しまうと充電が出来ない原因となります。

注意:ゴム製のカバー

WAQのLEDランタンの充電部(※)は、ゴム製のカバーで覆われ、防水として保護されています。

この部分が破損して、水に塗れてしまったりすると充電機能の故障に繋がりかねません。

※ スマホ等へのバッテリー供給を行う端子と本体を充電する端子が備わっている部分

3.充電中にランタンを使用して故障するケース

キャンプ場では、スマホやタブレットが大活躍しますよね。

たくさん写真を撮ってデータを送り合ったり、SNSにアップしたり。

撮った写真、すぐシェアしたいよね!

WAQのLEDランタンには、PCやモバイルバッテリーとWAQのLEDランタン繋げることで、充電が可能な機能があります。

これは充電が切れそうなときも役立つのです。スマホやタブレットが充電できます。

しかし、ここで注意。

充電中にランタンを使用すると、そもそも本体が故障するケースがあります。

そのため、スマホ充電とランタンの併用には必要です。

WAQランタン vs ルーメナー 徹底比較!!

 

WAQのLEDランタンが充電できないときの対処法

旅支度は旅行直前に急いでやるタイプの方でも、絶対に前もって気にしておいた方が良いとおすすめするのは、充電が必要なものです。

私も旅先での充電ケーブル失敗談があります。

古くなっていて、充電できないときがあると分かっていながらそのまま使用。

しかし、キャンプ当日。そのまま持っていき、現場で使えなくなったのです。(笑)

どうしても使いたいときこそ、その時が来る…。

順調にキャンプを楽しむためにも、ぜひ一度万全に使える状態なのか事前にチェックしてみてください。

では、充電が出来ない場合の対処法について見ていきます。

1.ケーブルを買い替える

ケーブルが古くなってきて、破損がありそうな場合は、新しいケーブルを試してみましょう。

旅行先で気が付きコンビニなどで買うと、1200円~2000円とコストが高いケースがほとんどです。

備え付けのmicro USBケーブルは、電気屋さんでも似たタイプの製品があります。

安く売っているところでは500円ぐらいでも入手できます。予備など1本持っておいてもいいかもしれません。

2.問い合わせをする

もしも購入後すぐに充電が出来ない場合は、WAQの公式ホームページより返品対応があります。

不良品、品違いの場合、送料当店負担にてご返金、交換対応致します。

>> WAQ公式サイト

購入して直ぐの場合は、まずは充電が出来るか必ず確認しましょう。

その他、購入後何か不具合を感じた場合もお問合せから確認してみてください。

お客様都合の故障でない限りは、無下に扱うことはないはずです。

WAQの評価を詳しく知りたい

WAQってどこの国の会社!?商品の評価はどうなのか徹底解説!!

続きを見る

 

WAQのLEDランタンの充電方法

故障が原因の場合は、早急に対処していけば良いです。

ただ、使用方法をあまり理解せずに使っていると、意外とそれが原因で故障じゃなくても使えなくなることもあります。

説明書みて気づくこともあるかも。

ここで一度おさらいとして、WAQ LEDランタンの充電方法について、しっかりとチェックしてみてください。

WAQ LEDランタンの充電について

WAQ LEDランタンは、USBタイプの充電となります。充電には、約6時間程度と少し時間がかかります。

そのため、充電時間が短いと十分に充電がされないので、「あれ、充電できない?」と疑問に感じる可能性が出てくることもあるかと思います。

その場合は、一度6時間しっかりと充電してみましょう。

ポイント

しっかりと充電されれば、Lowの点灯で約100時間、Highの点灯で約7時間程、連続点灯が可能です。

充電されていているのに、点灯時間が短くなってきたと感じる場合は、本体の劣化も考えられます。

その場合は、新しく買い替えるか、公式サイトのお問合せより確認すると良いでしょう。

新タイプ「WAQ LED Lantern2」

【先行販売から大人気】waq LED Lantern2を大解剖

続きを見る

 

WAQのLEDランタンが充電できない時は、ケーブルか本体をチェック!:まとめ

WAQのLEDランタンは、しっかりと充電されればキャンプの夜を明るく灯す優れモノです。

しかし、充電ケーブルの断線や劣化、本体の劣化や故障があると充電できなくなる可能性が高くなります。

また、WAQを充電使用している際に、ランタンを利用すると故障の原因に繋がりますので注意が必要です。

ときどき使うもの、必要な時にないと困る物だからこそ、定期的にチェックすることをおすすめします。

スポンサーリンク

-waq, キャンプ用品

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5