キャンプ用品 スームルーム ポール

スームルームのポールが超おすすめ!驚きのコスパとその魅力とは?

スームルームのポール、他社と比べて価格は安いけど品質はどうなの?

そんな疑問にお答えします。

アウトドアシーンにおいて、タープやテントの設営時に必要である重要なアイテム。

そのアイテムこそが「ポール」ですよね。

ポールはタープやテントを支えるとても大切な役割を担っています。

重要なアイテムであるからこそ、耐久性の弱いものや使い勝手の悪いものは使いたくありませんよね。

ですが、できれば低価格に抑えたいというのが本音。

そこでおすすめなのが、この記事でご紹介するスームルームのポールです。

>>スームルームについてはこちらでチェック

スームルームが展開しているポールは低価格でありながらも良品質という、まさにコスパ最強といえるアイテムです。

スームルームのポールを使えば、低価格で快適なアウトドアライフを叶えることができますよ。

 

基本的なポールの役割

一般的にポールはタープや非自立式のテントを支えるアイテムとして使われます。

いわゆる「柱」の役割ですね。

私はキャノピー(テントの前室)を跳ね上げるときにも使っていますよ。

テントやタープをしっかりと支える必要があるため、強度があることが重要なポイント。

特にアウトドアシーンでは突然強く風が吹くこともよくあります。

風によってポールが折れてしまったり、何度も倒れたりするとアウトドアを楽しむどころではありません。

風や重みにしっかりと耐えられるようなものを選びたいですね。

 

ポールを選ぶときのポイント

重要な役割を担うアイテムであるからこそ、ポールを選ぶときににチェックしたいポイントがいくつかあります。

自身のアウトドアスタイルに合わせて最適なものを選びましょう。

素材で選ぶ

ポールに使われている素材は、一般的にはスチール製かアルミ製の2種類。

スチール製 

スチール素材のポールは、比較的安価なものが多いのが特徴。

強度が高いので、長期間使うことができますよ。

サビやすいという一面もあるので、濡れてしまったらしっかり拭いて乾かすことが重要です。

アルミ製

アルミ素材のポールは強度があり、軽くて持ち運びしやすいのが特徴です。

サビにも強いのでお手入れも簡単で、初めてポールを購入するという人にもおすすめ。

一方で、スチール製に比べると高価格なものが多いです。

私はこまめなメンテナンスが苦手なので、いつも手入れのしやすいアルミ製を選んでいます。

メインポールかサブポールかで選ぶ

タープやテント自体を支えるメインポールとしてなのか、高さ調節やキャノピーに使うサブポールとしてなのかもポールを選ぶときには重要なポイントです。

メインポールとして

メインポールとして使うのであれば強度が必要となってくるので、ポールの太さに注目しましょう。

最低でも直径25mm以上あると安心ですよ。

ポールは太ければ太いほど強度は高くなりますが、その分重さも増してしまいます。

私はとにかく太いものを選んだのですが、逆に重すぎて扱いづらく、設営が大変になってしまいました。

サブポールとして

サブポールは太陽の位置や風向きによって、タープの高さを変えるときなどに使います。

タープ自体はメインポールで支えているため、メインポールほどの強度は必要ありません。

かといって細すぎると強風に負けてしまうこともあるので、15mm〜20mmを目安に選ぶようにしましょう。

また、サブポールは高さ調節が簡単にできるかどうかも重要なポイント。

ポイント

ポールの調節は主に「スライド式」と「プッシュボタン式」があります。

ポールをひねって調節するスライド式は、プッシュボタン式よりも細かい調節が可能。

そんなに細かく調節できなくてもいいという人は、プッシュボタン式のほうが調節が簡単なのでおすすめです。

 

コスパ最強なスームルームのポールはこれ

スームルームでは現在5種類のポールを販売しています。

それぞれの特徴などを紹介しますので、アウトドアスタイルや用途に合わせて選んでくださいね。

240cm×2本セット

メインポールとしておすすめなのがこちら。

ポールの直径は28mmとしっかり太さがあるので、メインポールとしてタープやテントを支えてくれます。

アルミニウム合金なので強度も高く、サビにも強いので扱いやすいですね。

そのうえ軽量なので、持ち運びや設営もスムーズに行うことができます。

ポールは4分割になっており、4本つなげると全長は240cmに。

大人が立っても天井に頭がつかない高さにできるので、広々とした空間作りが可能になりますよ。

ポールは60cmのものが4分割されているので、60cmごとに高さを調節することもできます。

しかも調節はプッシュボタン式なので、手間もかからず簡単です。

カラーはレッドとブラックの2色展開ですが、現在ブラックは品切れ中。再販をチェックしておきましょう。

無段階調整式ポール2本セット

 

この投稿をInstagramで見る

 

tomi_camper®️(@tomi_camplog)がシェアした投稿

引用:インスタグラム

こちらはサブポールとしておすすめのアイテム。

なんと86cm〜250cmまでミリ単位での調節が可能です。

太陽の位置や風向きが変わっても、それに合わせて微調整することができますね。

調節はロックを回転、スライドさせるだけなのでとても簡単ですよ。

ポールの素材はアルミニウムなのでサビにくくて頑丈

しかも1本520gと驚きの軽さです。

ブラックとシルバーの2色で、どちらもスタイリッシュなので品質だけでなくデザイン面でもおすすめです。

シルバーは現在売り切れで再入荷待ちとなっています。

アジャスタブルスチールポール2本セット

5本連結することで、最大190cmの高さに対応できるジョイント式のポールです。

ポールの直径は16mmなので、サブポールとしての使用がおすすめ。

スチール素材ですが、カビの影響を受けにくいよう表面を加工してあるので、雨や水にも耐久性があります。

屋外で使うものだからこそ、雨の影響を考えなくてもいいのも嬉しいポイント。

またポール1本の重さは600gと軽いので、持ち運びや設営も楽にできますね。

連結せずに単品でも使うことができるので、好みの高さに合わせて調節することもできますよ。

レッドとブラックの2色あるので、テントやタープの色に合わせて選んでくださいね。

無段階調整可能 4節2本セット

こちらもサブポールとしておすすめのポールセットです。

ポールは1番太いもので直径19mm、細いもので16mm。

キャノピーの跳ね上げにも使えますよ。

ジョイント部分のストッパーをひねることで簡単に高さを変えることができ、最大でなんと240cmの高さに。

大人数でもかなりゆとりのある空間を作り上げることができます。

ポールはスチール素材でできており、強度もキープしつつ持ち運びしやすい軽さも叶えてくれています。

しかもカビ防止加工も施されているので、天候を気にせず楽しむことができますね。

カラーはレッドのみの販売です。

スチールポール5節2本セット

直径16mmの、サブポールに使いやすいポールセットです。

1節42cmのポールを5節つなげることができ、最大で高さ190cmに。

42cmごとの調整が可能なので、風向きや時間帯によって変わる太陽の位置に合わせることができますね。

スチール素材にカビ防止加工が施されているので、お手入れも簡単です。

軽量で強度もあるので、長い間愛用することができますよ。

グレーのみなので、シンプルな見た目が好きな人はこちらがおすすめ。

スームルームのポールが超おすすめ!驚きのコスパとその魅力とは?:まとめ

スームルームのポールは、テントやタープを支えるのに必要な強度や耐久性を兼ね揃えていることがわかりましたね。

しかも軽量なので設営や持ち運びもしやすく、高さ調節が手軽にできるものばかりでした。

そしてアウトドアシーンで使う上で申し分ない品質でありながら、驚きの低価格

有名なアウトドアブランドのものと比べると、かなりコスパがいいと言えますよね。

よほどブランドやメーカにこだわりがない限り、スームルームのポールは本当におすすめです。

ポールについやす金額を抑えた分、他のアウトドアギアや食材をグレードアップしてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

-キャンプ用品, スームルーム, ポール

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5