キャンプ用品 極厚鉄板 独焼鉄板 鉄板

キャンプ用おすすめ鉄板をランキング形式で紹介!人気の鉄板とは?

キャンプ用の鉄板ってどれが良いのか迷っちゃう。キャンパーがよく使用している鉄板が知りたい。

そんな疑問にお答えします。

キャンプに欠かせない物の1つが鉄板ですよね。でもどういう鉄板を持っていっているのかわからない…。

そんな方のためにこの記事ではキャンパーが持っている鉄板を、ソロ用とファミリー用をランキング形式で紹介します。

この記事を見れば貴方に合った鉄板が見つかりますよ。

 

鉄板を購入してすぐに行うシーズニングとは

キャンプ用鉄板おすすめをお伝えする前に、鉄板を購入してから行わなくてはいけない事シーズニングについて説明します。

シーズニングって何?そんな事やらなくても使えるんじゃないの?

いいえシーズニングは鉄板を購入してから必ず行わなくてはいけない事です。理由はこれから詳しくお伝えします。

下記の記事では人気キャンプ用品であるメステインのシーズニングについて詳しく解説しています。

鉄板についているワックスを落とすため

購入したばかりの鉄板には、さび止め防止のワックスが塗られています。

さび止め防止のワックスが塗られているなら落とさなくてもいいじゃないの?

待ってください。そのワックスが料理につく事になりますよ!

それを食べる事は衛生上抵抗はある方も多いし、私だって体に悪そうなものがついている料理なんて食べたくはないです。

それにさび止め防止のワックスを落としても、お手入れさえすればさびてしまう事は少ないです。

長持ちさせるため

ポイント

シーズニングの最後に鉄板を油で馴染ませる工程があります。油で馴染ませる事により、鉄板をさびにくくする効果食材を焦げにくくする効果もあります。

シーズニング方法の説明には最初の1回だけで良しとする場合もありますが、調理後に毎回油を塗る作業をすれば、油の膜効果でより長持ちします。

ひと手間が鉄板を長持ちさせる方法なので、めんどくさがらずシーズニングを行いましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Saki Inoue(@sakintyu06)がシェアした投稿

 

キャンプにおすすめな鉄板ランキング(ソロ・ファミリー編)

お待たせしました!キャンプにおすすめの鉄板をソロキャンプ・ファミリーキャンプに分けてランキング形式で紹介します。

どれも人気で使い勝手も良い鉄板ばかりですよ。なおランキングは私が実際に使用したり、友達に使い勝手の良さを聞いたりして作りました。

それではファミリー用のおすすめな鉄板ランキングを5位から発表します。

下記の記事では調理に合わせた鉄板の選び方を詳しく解説しています。

キャンプにおすすめの鉄板ランキング(ファミリーキャンプ編)

1位:キャプテンスタッグニューアイガーグリドル

  • サイズ:60×40×2.5cm
  • 重量:4.2kg
  • 鉄板の厚さ:0.2cm
  • 価格:1,991円

有名アウトドアメーカーのキャプテンスタッグから発売されている大人気のグリルプレートです。

3~4人用なので家族・友達とのキャンプにおすすめです。平型なのでBBQや焼肉はもちろん、お好み焼きもおいしく作れます。

2位:スノーピーク グリルプレート黒皮鉄板

  • サイズ:縦33×横50×高さ3.5cm
  • 重量:3.6kg
  • 鉄板の厚さ:2.5mm
  • 価格:4,400円

有名アウトドアメーカーのスノーピークから販売している鉄板です。素材は油の馴染みがとても良い黒皮鉄板を使用、使い込むごとに鉄板本来の特性を発揮します。

この鉄板は友達が持っていて私も実際に触ってみた感想は、鉄板の厚さは2,5mmと薄いほうですが、高熱でも歪む事はなく耐久力が優秀だと感じました。

3位:ゼオール 極厚バーベキュー鉄板

  • サイズ:縦51×横35×高さ3.5cm
  • 重量:7.8kg
  • 鉄板の厚さ:6mm
  • 価格:8,820円

私はこちらの極厚鉄板を持っています。使用した感想は鉄板の厚さが6mmと厚めなので、お店で出している鉄板料理が、キャンプで味わえてものすごく重宝しています。

ただし重さもそれなりに重く、素材も国産の高級黒皮鉄板を使用しているため価格も張りますが、鉄の特性を活かし外はカリッと中は熱々で冷めにくくおいしい料理が食べられるので「買ってよかった」と思える最高級の鉄板です。

4位:チャムス リバーシブルグリルプレート

  • サイズ:縦26.5×横48.5
  • 重量:4.8kg
  • 価格:5,300円

ポイント

片面が波型と平型のリバーシブルになっているので、料理のバリエーションがすごく広がりキャンプ飯が楽しくなる事間違いないです。

友達がこの鉄板を持ってきていて、料理に合わせて鉄板を使い分けられるので非常に便利だといっていました。

5位:ゼオール 極厚BBQ鉄板深皿

  • 製品サイズ:縦51×横34×高さ6cm
  • 焼き面サイズ:縦42×横28×高さ6cm
  • 重量:8.8kg
  • 鉄板の厚さ:6mm
  • 価格:12.690円

3位と同じゼオールの鉄板ですが、こちらは深型タイプなのでアヒージョなどの汁物も作れます。ただ、重いので女性だけのキャンプには使えない可能性もあります。

私がゼオールの深型鉄板を見たのは、2年前に5名でキャンプに行った時で、3人がかりで鉄板を運んでいたので「重そうだな」という印象が強いです(笑)

しかし深型なので汁物系も作れるし、鉄の特性を充分に生かしてアツアツ料理を冷めないまま食べられました。

キャンプにおすすめの鉄板ランキング(ソロキャンプ編)

1位:サムライテッパン 極厚アウトドア鉄板

  • サイズ:縦20×横15cm(A5サイズ)
  • 重量:1.1kg
  • 鉄板の厚さ:4.5mm
  • 価格:3,580円

無骨でシンプルな作りでソロキャンプにおすすめな鉄板です。高い蓄熱・保温性に優れ、食材の味を引き出してくれます。

A5サイズなので、リュックにいれてもかさばらず持ち運びも楽チンなところが大人気の鉄板です。

2位:キャプテンスタッグ グリルプレート

  • サイズ:縦18×横12.5×高さ2cm
  • 重量:750g
  • 価格:1,093円

家庭用のフライパンよりも厚みがあるため、熱を食材にじっくり均等に伝える事でアツアツ料理が楽しめます。

なんとオーブンでも使用可能なので、家庭用としても使える人気の鉄板です。

少しフチがあるのでお好み焼きなど多少汁気がある物でも、調理できるところが嬉しい点です。

3位:アウトドア野外鉄板

  • サイズ:縦14.5×横15
  • 重量:600g
  • 鉄板の厚さ:3,2mm
  • 付属品:取っ手(ステンレス製)とヘラ
  • 価格:5,703円

軽量化と熱伝導力を兼ね備えたソロキャンプにぴったりな鉄板です。ツーリングキャンプやトレッキングにも、荷物がかさばらずに持ち運べます。

4位:ベルモント極厚鉄板

  • サイズ:縦15×横21
  • 重量:1,5kg
  • 鉄板の厚さ:6mm
  • 付属品:収納ケース(コットン製)
  • 価格:3,480円

厚さが6mmなので、外はカリっとして中はアツアツの料理がキャンプで食べられる最高の鉄板です。焚き火など熱源を選ばずに使用できるのが嬉しい面です。

5位:テンマクデザイン男前グリルプレート

  • サイズ:縦17×横23.9
  • 重量:1,06kg
  • 鉄板の厚さ:3mm
  • 価格:6,980円

波型の鉄板なので余計な脂も落ちやすく、ヘルシーに仕上げてくれてしかも綺麗な焼き色もつけてくれる一品です。

熱源もガスバーナーや炭火など、さまざまな熱源でも使用もでき「焼く」を極めた鉄板といえます。

 

キャンプ用おすすめ鉄板をランキング形式で紹介!人気の鉄板とは:まとめ

  1. 鉄板を購入してすぐに行うシーズニングとは
  2. キャンプにおすすめの鉄板(ソロ・ファミリー編)

鉄板はアルミ製やステンレス製よりも蓄熱性も高く、食材の味を最大限に引き出してくれます。

なので鉄板を持っていきたいところですが、たくさん販売されていて、どれがいいのか迷ってしまいます。

鉄板の選び方のおすすめは紹介したランキングを参考にするもの良いですが、まずは価格が安めのを選んでから調理に合わせて色々買ってみる事で、自分に合った鉄板が見つかる事でしょう。

 

スポンサーリンク

-キャンプ用品, 極厚鉄板, 独焼鉄板, 鉄板

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5