おしゃれ ご飯 キャンプ パエリア レシピ 鉄板

キャンプだ!鉄板を使ってみんなが大喜び!絶品パエリアを作ろう!

今日のキャンプ飯はパエリアが食べたい!…いや、食べたいと言われても、難しそうだし手間もかかりそう。

見た目も華やかでボリュームもあるパエリア。キャンプ飯の一品として出したら一気に彩りUP!映えるキャンプ飯に早変わり。

だけどパエリアって作れるのか?

そう思う人も多いですよね。私もそうです。そもそも普通の食卓でも出さないよ!とツッコみたい感じです。笑

でも意外と簡単にできてしまうのですよ。もっと早く知っておくべきだったー!と後悔しました

今回はみなさんに鉄板を使った絶品パエリアの作り方をご紹介します。

 

鉄板はどれを選ぶ?

キャンプに欠かせないクッカーと言っても過言ではない、鉄板

この鉄板の魅力は、蓄熱性に非常に優れ、温度が安定しているという点です。そのため、焼きムラなく食材の調理ができます

鉄板と一言で言っても、大きさや形状の種類もさまざまです。

大きさ

鉄板は厚ければ厚いほど蓄熱性は高まります。ですが、ただ厚ければいいということではありません。

厚いほど蓄熱性とともに重みも増していきます。それはもう、ずっしりと

キャンプに持っていくことを考えると、どのようなサイズでどのような厚みの鉄板を選べばいいのか…というのは考えなくてはいけません。

最近はソロキャンパーも増えているので、ソロキャンパー用のミニサイズも販売されています。

形状の種類

鉄板と聞くと平たい、バーベキューや焼きそばを作る時に使う大きな鉄の板というイメージを持つ人が多いのではないでしょうか

形状には、平面・波形・深型という大きく分けて三つの種類があります。

平面のタイプは先ほどのイメージのような平なもの。焼きそばなどの炒め物など広く使えます。

大人数のキャンプで活躍する平面鉄板はこちら、パール金属のニューアイヤーグリドル(Lサイズ)。大きいわりに軽いので持ち運びに便利。

波形は表面に凹凸のあるタイプで、ステーキを焼いた時に網目のような焼き目がつくものです。海外で見るステーキという感じがします。笑

余分な油を落としながら焼くことができるので、とてもヘルシーに仕上げられます。ただし、細かく切った食材を炒めるのには不向きです。

1、2人で使うのにピッタリな波形鉄板がこちらの男前グリルプレートコンパクトですが蓄燃性もOK

そして最後の深型は縁が上がっていて、フライパンのようなイメージです。アヒージョなどの汁物の料理にはこれを使います。取手付きだと調理中も便利ですね。

パエリアを作る時は、この深型の鉄板を使用します

お値段も手頃で、パエリアを作るには最適なものがキャプテンスタッグのこちらの商品。もちろんパエリア以外にも用途はたくさんありますよ。

鉄板について詳しくご紹介している記事がこちら。

鉄板はシーズニングが必要

新品の鉄板はそのまま使用することができません。

なぜなら購入したばかりの鉄製クッカーには、サビ防止のワックスが塗られていることがほとんどです。このワックスを落とすために必要な作業がシーズニングです。

シーズニングを行うことで鉄の臭いや焦げ付きを防ぐことができます。また、鋳鉄製のものは使用後にもこのシーズニングを行う必要があります

シーズニングの方法

シーズニングと一言で言っても、色々な方法が紹介されています。今回は数あるシーズニングの方法を説明した動画の中から、オススメのものをピックアップ。具体的な方法を記載しています。

方法

  1. 亀の子たわしと水を使って洗う。洗剤や金属たわしは使ってはいけない!
  2. ダッチオーブンに水を入れ、加熱して沸騰させる。
  3. 水を捨て、ダッチオーブンを加熱する。
  4. 香味野菜(ローズマリー・ニラ・にんにく・バジル・玉ねぎ・ネギなど)を炒める。※香味野菜はくず野菜でも可能
  5. 炒めた野菜を取り除いた後、オリーブオイルを入れて加熱する。この時オリーブオイルがまんべんなく行き渡るようにする。その後、キッチンペーパーでオリーブオイルを塗り広げる。この作業を4〜5回繰り返す。(蓋も同様)

実際に動画でシーズニング方法を教えてくれています。こちらも見てね。

こちらの記事ではお笑い芸人のヒロシさんのシーズニング方法を紹介してくれていますので、合わせて見てください。

 

パエリアとは?

スペイン料理の一つで、魚介類などの具をたくさん入れ、サフランを加えて作る炊き込みご飯のことです。中でもバレンシア地方がパエリアの故郷と言われています。

底が浅くて平なパエリア鍋を用いて調理し、鍋ごと食卓に出して取り分けて食べます。

パエリアと言うと、黄色いご飯の上にエビとムール貝が乗っているものがイメージされやすいですが、本家パエリアの具材はうさぎの肉や鶏肉、いんげんや白インゲン豆といった山の幸だそうです

とっても意外。

もちろん魚介のパエリアもありますし、野菜パエリアイカ墨を使ったものなどさまざまな種類があります。

なんだか日本の炊き込みご飯に似ていますね。

パエリアは基本的に休日の昼間にみんなでわいわい囲みながら食べるものだそう。まさにキャンプにピッタリです。

 

パエリアのレシピ

それでは早速レシピをご紹介しますね。作る前からワクワクします

材料

  • エビ 12匹(有頭)
  • ムール貝 8個(アサリなど別の貝でも可)
  • 玉ねぎ 1/2個
  • パプリカ 1/2個
  • 水 100cc
  • コンソメ 1個
  • にんにく 1個
  • パエリアの素 2袋
  • 米 2合(300g)
  • 油 適量

今回具材はエビと貝ですが、他にも好きな具材を入れてしまって大丈夫

サフランを使ってパエリアを作るのもいいですが、ここは魔法のお粉パエリアの素を使いましょう。スーパーなどで売られているものでOK。

作り方

  1. 有頭エビの背ワタを取る。
  2. ムール貝をきれいに洗う。(アサリなどは砂抜きしてくださいね)
  3. 玉ねぎ、にんにくをみじん切りにする。
  4. 鉄板に油を引き、にんにく・玉ねぎを炒める。透明になってきたらお米を投入し、さらに炒める。
  5. 水、コンソメ、パエリアの素を入れてエビ・ムール貝を乗せる。
  6. 沸騰したら火から離し(弱火で)アルミホイルをして18分炊く。
  7. 火から離したら、10分蒸らして完成。

魚介のエキスがお米に染みて美味しすぎる。そしてお焦げがアクセントになっていて絶品

飾りつけにパセリやレモンを添えてもおしゃれです。

めちゃくちゃ簡単にできるでしょう?簡単で美味しくて、見栄えも良い優良レシピ。なんで今まで知らなかったんだろう…と思いました。笑

アレンジもできますので、その日の気分やキャンプ先の食材に合わせて作ることもできますよ

このレシピを動画で紹介してくれているのはこちら。

 

キャンプだ!鉄板を使ってみんなが大喜び!絶品パエリアを作ろう!:まとめ

  • パエリアを作る時は深型の鉄板を使用する
  • パエリアと聞くと難易度が高そうに思うが、簡単にできてしまう
  • 具材は色々アレンジOK

美味しくて見た目も綺麗なパエリアを作れば、盛り上がること間違いなし。とても簡単にできるので、ぜひキャンプ飯ラインナップに加えてみてください。

 

スポンサーリンク

-おしゃれ, ご飯, キャンプ, パエリア, レシピ, 鉄板

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5