おすすめ キャンプ キャンプ場 湖畔キャンプ 関東

湖畔と自然を感じられるキャンプ場。関東7都県各地のスポット

湖畔キャンプって憧れるけど関東圏にもあるのかな

そんな疑問にお応えします。

キャンプといえば自然を感じる事が醍醐味のひとつですよね。

中でも湖畔キャンプは木々のぬくもりだけでなく湖の幻想的な風景も楽しむことができます。

場所にもよりますが、湖畔キャンプは季節によって見える景色が変わるので何度訪れても楽しいです。

ここでは関東でも楽しめる湖畔キャンプ場を7都県全てご紹介するので自身にあったニーズのキャンプ場を選ぶことができます。

愛着あるキャンプグッズを使いたい方も、なるべく身軽にキャンプしたい方も必見です。

 

栃木県 菖蒲ヶ浜キャンプ場

出典引用:菖蒲ヶ浜キャンプ場

もっと詳しく

日光国立公園内,男体山の麓,中禅寺湖の湖畔にある奥日光中禅寺湖畔で唯一のキャンプ場です。

営業期間 4月下旬頃〜10月末頃まで

アクセス

市営バス

JR東武日光駅から東武バス(湯元温泉行き)に乗り,菖蒲遊覧船発着場で下車し、徒歩5分程

自家用車

東北自動車道の場合

宇都宮ICから日光有料道路→清滝IC→国道120号線(いろは坂)

関越道の場合

沼田IC→国道120号線(金精峠)

宿泊

テントサイトとバンガローがあります。

レンタル品

布団類、調理器具のみ。炊事場あります。

ペット

テントサイト・バンガローともに可能ですが、バンガロー利用の場合ゲージに入っていることが条件になります。

家族断然のペットと過ごせるのは嬉しいですね。

また、バンガローは寝具とコンセントが備え付けであります。

以前利用した友人がペットに関するルールが変わっていたと言っていたのでペット同伴の方は一度確認しておくといいですね。

 

群馬県 菅沼キャンプ場

出典引用:菅沼キャンプ場

もっと詳しく

群馬県利根郡片品村菅沼湖畔にあるキャンプ場です。

営業期間 5月1日〜10月20日

アクセス

自家用車

  • 練馬IC→沼田ICを降りて約70分
  • 浦和IC→宇都宮IC→清滝IC(宇都宮ICから約90分)

国道120号線の金精峠は12月下旬から翌年4月下旬までの期間は閉鎖されています

宿泊

テントサイトとバンガローがあります。

レンタル品

調理器具やキャンプファイヤーの道具のレンタルができます。

ペット

ペットの入場は可能です。

ドッグランやドッグプールもあるのでワンちゃんも十分に楽しめます。

事前予約をすれば湖で釣りを楽しむこともできますよ。

また、宿泊者の方は事前申請すればカヌーやカヤックの持ち込みも可能です。

ただし湖の遊泳は禁止されていますので注意して下さい。

サイト内は車の出入り禁止なので荷物は施設のリヤカーでの搬入になります。

駐車場からサイトまで坂道などもあり荷物の搬入は少し大変です。

 

茨城県 親沢公園キャンプ場

出典引用:茨城県町観光協会

もっと詳しく

松の木に囲まれた個沼のほとり、小さな砂浜のある静かなキャンプ場です。

営業期間 通年ですがGW期間の日帰りバーベキューは不可です。

アクセス

自家用車

北関東自動車道水戸南から15分

宿泊

テントのみ 炊事棟あります。

レンタル品

なし

ペット

ペットの入場は不可です。

公園ということもあり遊具があるのでお子様連れでも飽きずに楽しめます。

ただし、キャンプグッズ一式や食材などは全て個々に用意が必要になります。

食材も自身での用意なので、食べたい物を好きなだけ作れます。

 

埼玉県 スプラッシュガーデン秩父

出典引用:スプラッシュガーデン秩父

もっと詳しく

荒川河川敷に隣接した7000坪の広大な芝が敷かれたキャンプ場です。

ここは日帰り温泉やドッグランも併設されています。

営業期間 通年

アクセス

タクシー

  • 西武秩父線秩父駅から20分
  • 秩父鉄道 秩父本線皆野駅から5分

自家用車

サイトにて詳しく載せてありますのでそちらを参照してください。

宿泊

テントサイトとバンガローがあります。

レンタル品

毛布、布団セット(バンガロー利用者のみ予約にて可)、煮る専用鍋

注意ポイント

布団セットはペットがいる場合は借りられません。

鍋での炊飯はできません。

キャンプ道具のレンタルは委託業社でできますのでサイトをチェックしてください。

食材の販売は現在中止となっています。

ペット

ペットの入場は可能です。

ドックランがあるので大好きなワンちゃんとたくさん遊ぶことが出来ます。

いっぱい遊んだあとは温泉で汗を流せるというキャンプには大満足な場所です。

バンガローは全ての棟にエアコンと寝袋が備えつきになっているのでお子様と一緒でも安心して利用出来ます。

 

東京都 奥多摩湖畔公園山のふるさと村キャンプ場

出典引用:奥多摩湖公園山のふるさと村キャンプ場

もっと詳しく

東京都の西の端、ほぼ山梨県との県境にあり、奥多摩駅から車で40分の山奥にあるキャンプ場です。

営業期間 通年ですが、年末年始のみお休みです。

アクセス

無料送迎バス

奥多摩駅までの無料バス「やませみ号」があります。

注意ポイント

10人以上の団体さんが優先になりますが、少人数での利用もできるのでキャンプサービスセンターに事前に電話にて確認してください。

市営バス

  1. JR奥多摩駅から西東京バスに乗り、小河内神社にて下車。
  2. 浮橋を渡り、奥多摩湖沿いの遊歩道を40分程歩く

自家用車

  1. 中央自動車道八王子IC
  2. 国道16号線を通り国道411号(滝山街道)から五日市街道に入り武蔵五日市駅に向かう
  3. 先の檜原街道を進み奥多摩周遊道路ゲートを通過後30分進むと右側に見えてくる

宿泊

キャンプサイトとケビンサイトがあります。

レンタル品

テント等充実しています。

ただし、コンロは事前に予約が必要になります。

ペット

キャンプサイトやケビンサイトでは不可です。

遊歩道などは良いですが、舗装がされていない場所は野生の動物も行き来しているので病気を拾ってしまうこともあるので注意が必要です。

事前予約をしていれば場所代は無料でバーベキューサイトも利用できます。

食材も利用10日前までにcafeやませみに連絡するとバーベキューセットを用意してもらえるます。

貸し出しの寝袋は夏用なので春先や冬に訪れる際は防寒対策が必要になります。

 

千葉県 稲ヶ崎キャンプ場

出典引用:きみつの観光情報

もっと詳しく

亀山湖に面した市営のキャンプ場です。

芝が深いので裸足で歩いても気持ちいいところです。

営業期間 通年ですが年末年始はお休みになります。

アクセス

電車

JR内房線木更津駅→JR久里浜線上総亀山駅にて下車→徒歩20分

自家用車

館山自動車道姉崎袖ヶ浦IC→県道千葉鴨川線→君津笹信号を左折→亀山湖

高速バス

  • アクシー号 笹停留所下車し徒歩30分
  • カピーナ号 亀山湖(藤林大橋)下車し徒歩    15分

宿泊

オートキャンプサイトのみ

レンタル品

毛布とランタンのみ。 売店があり、乾電池や日用品などが売られています。

ペット

ペットの入場は不可です。

隣接に長崎デイキャンプというキャンプ場も併設されています。

デイキャンプ場は同じく亀山湖を眺めながらバーベキューを楽しむことが出来ます。

芝が深いので子供が裸足で水遊びしてもテントに戻るまでに足の裏をケガする心配もありません。

 

神奈川県 芦ノ湖キャンプ村レイクサイドヴィラ

出典引用:芦ノ湖キャンプ村レイクサイドヴィラ

もっと詳しく

箱根芦ノ湖畔にある唯一のキャンプ場です。

富士箱根伊豆国立公園内にある約2万坪の広大な敷地にあります。

営業期間 通年

アクセス

自家用車

御殿場IC→乙女峠(約30分)

箱根IC→仙石原(約40分)

市営バス

箱根湯本駅3番乗り場桃源台行きに乗り、桃源台で下車し徒歩10分

他にもロープウェイ等の方法での入場もできますので詳しくはサイトにてご確認ください。

宿泊

キャンプサイト、オートキャンプサイトとコテージがあります。

レンタル品

キャンプグッズから自転車などのレンタルもできます。

ペット

ペットの入場は不可です。

事前予約することで手ぶらでバーベキューをすることもできます。

個人的に1番驚いたのはレンタル品に娯楽品としてUNOや花札などがあったり、プロジェクターまで借りられるところですね。

カードゲームまでできたらお子様も夜でも楽しく時間を過ごすことが出来ます。

また、プロジェクターを使ってキャンプで撮った写真をみんなで見るのもいいですね。

 

個別にレンタルする

キャンプ場によってはレンタルできる商品が限られています。

ですから足りないものは個別にレンタルしてみるのはいかがでしょうか。



個々のニーズに合わせたセットのレンタルもできるので探すのも楽ちんです。

使い終わったら翌日までに発送しなければならないので少し慌ただしいですが、片付け等の手間を考えるとありがたいですよね。

個別にレンタルもできるのでぜひチェックしてみて下さい。

 

湖畔と自然を感じられるキャンプ場。関東7都県各地のスポット:まとめ

一部湖畔ではない場所もありましたが、関東圏内でも各都県に湖畔キャンプの楽しめるスポットがあります。

コテージやバンガローのあるキャンプ場もありますから体温調節が難しい小さいお子様と一緒でも安心して利用出来ます。

また、自身の愛用しているキャンプグッズを存分に活用出来ますのでお好みのキャンプ場を探してみて下さい。

関東地区は通年の場所がほとんどですからぜひ春や冬キャンプにも挑戦してみて下さい。

 

スポンサーリンク

-おすすめ, キャンプ, キャンプ場, 湖畔キャンプ, 関東

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5