キャンプ 初心者 必需品

コテージキャンプの必需品!!あると便利な持ち物とは??

キャンプより手軽なコテージ。

でも何を持っていけばいい??

そんな疑問にお答えします。

ャンプに行ってみたいけど、道具もないし、アウトドア初心者でちゃんとできるか不安。

そんな方にはテントを張る必要がないコテージ泊のキャンプがオススメです。

道具が揃っていなくても、知識がなくても、アウトドアを気軽に楽しめます。

こんな方におすすめ

  • 初心者でもアウトドアを楽しみたい。
  • コテージキャンプの必需品は??
  • あると便利グッズが知りたい。
  • コテージキャンプの注意点は??
この記事を読めば、コテージキャンプの魅力や必需品が分かります。

 

コテージ泊のいいところ

コテージキャンプの魅力は何と言っても手軽さ。

キャンプに必要な道具もイチから揃えることなく、手軽にキャンプを始めることができます。

また、テントを張る必要もないため、専門的な知識も不要。余計な体力も使いません。

時間も有意義に使うことができ、目いっぱい遊べますね。

コテージキャンプは小さいお子様連れや初心者に大人気!!

 

コテージキャンプは何を準備すればいい??

コテージキャンプの持ち物は、誰と行くかが重要になってきます。

小さいお子様と一緒のキャンプと、友達とワイワイ行くキャンプは必需品も全く変わってきます。

持ち物を準備する際のコツとして、「誰と行き・何をするか・シチュエーション」を想像して必要なものを考えると良いでしょう。

必ず必要なもの

必需品

  • 軍手
  • 着火剤
  • ライター
  • クーラーボックス
  • 食材や飲料
  • アルミホイル
  • 紙皿などの食器やお箸
  • ゴミ袋
  • ティッシュ、ウエットティッシュ
  • 虫よけスプレー
  • 着替え
  • タオルやシャンプー、ボディーソープのお風呂セット
  • 救急セット
  • 歯ブラシ
  • 充電器

上記は必ず準備しましょう。

場所によっては、炭などを販売しているところもありますが、少々割高なことが多いです。

食器類も貸し出してくれるところもありますが、お箸を落としたり、誰の食器か分からなくなることも。

たくさんあっても困りませんので、持参するのがベストです。

お風呂セットはコテージに備え付けの場合もありますが、最近はスーパー銭湯や温泉がキャンプ場の近くにある場合も多々あります。

そちらを利用する場合も考え、準備しておくと良いですね。

確認してから持参するもの

確認しよう

  • BBQコンロ
  • 寝袋
  • キッチンツール
  • ルームシューズ
  • 食器洗剤などの清掃用具
  • ランタンなどの照明

コテージによってはコンロやベッド、布団、キッチンツールがセットになっている場合もあります。

また、BBQ場所がコテージのテラスの場合だったり、コテージにトイレがついている場合には

ランタン等の照明は不要ですね。夜の散策に出かかる際には必要ですので、その際は持っていきましょう。

事前に確認しておくと、荷物も少なく済むね‼

小さいお子様がいる家族キャンプの必需品

小さなお子様がいる場合、天候や気温の変化に備えて十分な準備が必要です。

小さなお子様の必需品

  • 防寒具
  • かなり多めの着替え
  • パジャマ
  • 簡単に着脱できるサンダル
  • 虫取りあみやボールなど遊びグッズ
  • オムツなどお世話グッズ
  • 保険証

することがない!!と退屈しないように、お子様と一緒に遊べるものを持っていきましょう。

家族みんなで楽しめるカードゲームはかさばらず、荷物にもなりませんのでオススメです。

また、体温調節がしにくい子供のために着替えは多めに持参しましょう。

急な発熱やけがに備えて、保険証も持っていくと万が一の時は安心です。

 

あると便利なグッズは??

プラスで便利

  • ゴミ袋スタンド
  • ドライヤー
  • 部屋着
  • ドリップコーヒーや紅茶
  • 焚火台
  • みんなで楽しめるトランプ等のゲーム
  • 花火
  • 殺虫スプレー

キャンプ場はごみの分別がしっかりとしているところが多いため、ごみ袋スタンドが非常に役に立ちます。

100均でも売っているので、最低でも3台は準備しておくと良いでしょう。

その他はなくても困りませんが、あるとより一層キャンプが楽しめるアイテムです。

花火や焚火は、これぞキャンプ!!感を醸し出せ、個人的にぜひおすすめしたいです。

コーヒーや紅茶は、モーニングに淹れたてを飲むと格別ですよ。

 

コテージ泊の注意点は??

私が以前宿泊したコテージは、冷暖房も完備され、快適で奇麗なコテージでした。

それにも関わらず、室内に大きなムカデが!!家族一同大パニックになりました。

自然の中でお泊りする以上、いくら建物と言っても虫は必ず現れます。

虫よけや殺虫剤は持参しておくと安心です。

大自然の中で開放的になるのは分かりますが、他のキャンパーたちの事も考慮し、大声で騒いだりすることは控えましょう。

ゴミの分別をしっかりする、捨てられないものは持ち帰る。

上記は当然のマナーです。

その他キャンプ場のルールをしっかり守り、皆様が気持ちの良いキャンプができるよう心がけてくださいね。

 

コテージキャンプの必需品!!あると便利な持ち物は??:まとめ

キャンプの一番の労力であるテント張りがなく、気軽に楽しめるコテージキャンプ。

コテージキャンプでアウトドアの醍醐味を知ってから、キャンプ用品を揃えていく方も多いです。

旅行に比べると持ち物も多く大変ですが、力を合わせて作った料理や大自然の中で心おきなく楽しめる。

アウトドアならではの魅力がたくさんあります。

また、前日に食材の下ごしらえをしておくと、当日はかなり楽になります。

あなたも是非、コテージキャンプしてみませんか。

 

スポンサーリンク

-キャンプ, 初心者, 必需品

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5