キャンプ キャンプ場 サイト 予約 道志の森

道志の森キャンプ場は予約不要!豊富にあるサイトの特徴とは!

予約不要で行けるオススメのキャンプ場を教えて!道志の森キャンプ場は予約しなくちゃいけないの?

 

このような悩みにお答えします。

 

キャンプって無性に行きたくなることありませんか。

私はボーッとしている時に急にですよ、キャンプに行きたい、と思うことがあります。そうなった時予約をしなくても、気軽に行けるキャンプ場があれば、すぐにキャンプ場に行けますよね。

そんな予約を気にすることもないキャンプ場の中で「道志の森キャンプ場」は私の中で特におすすめです。

今回は、おすすめポイントでもある豊富なサイトの種類や注意点など、道志の森キャンプ場の魅力をたっぷりご紹介します。

 

予約なしでも行ける!道志の森キャンプ場を徹底解説!

キャンプ場は予約必須というイメージが強いですよね。私は電話やキャンプ場検索サイト「なっぷ」から、必死に予約をしたのを覚えています。

→当日予約が出来るキャンプ場はこちら

実は、道志の森キャンプ場は予約不要で行くことができます。予約なしでそのまま行けるとなると気分も晴れやかになりませんか。

空き状況はどうなのかな

行きたいキャンプ場に行けるかな

と考える必要がないので、気軽に行けることが良いですよね。私は当日に予定を決めることが多いので、予約不要はすごく助かります。

予約不要で大変行きやすいキャンプ場とわかったところで、道志の森キャンプ場の基本情報を知っていきましょう。

基本情報

  • 住所山梨県南都留郡道志村10701
  • 電話:080-4444-2440
  • チェックイン:9:00
  • チェックアウト:正午12:00

一泊料金(繁忙期は変動あり)

  • 一人:800円(巡回時受付のみ1000円)
  • 自動車、キャンピングカー:1000円
  • バイク:500円 ※自転車は無料

道志の森キャンプ場の料金システムは変わったスタイルで、自分の好きなエリアに車を止めてから管理棟に行き、料金を支払うシステムとなっております。先に場所を取ってから料金を支払うので、早く場所を取らなくちゃ、という焦りがなく、安心した状態で料金を支払うというのが、他のキャンプ場には見られない魅力でもありますよね。

また、巡回に来て料金を支払う便利なシステムもあるので(少し料金は上がりますが)自分の時間を有効活用することもできますよ。私は遅く到着した時はキャンプを早くしたいので、巡回システムを利用しています。

 

出典引用:道志の森キャンプ場

場内マップを見てみると、自然がいっぱいに広がっていることがわかります。季節ごとの空気や景色を味わうことができますよ。

またフリーサイトということで、区画に縛られることなく自由に自分のキャンプを楽しめるのも一つの魅力です。

サイトも

  • 林間のサイト
  • 山中のサイト
  • 川沿いのサイト
  • グループ用サイト
  • プールサイト

この中でプールサイトや川沿いサイトはかなり人気なので、繁忙期は受付開始前から車がズラッと並び出します。朝8時前の早朝から並んでいるにもかかわらず、混雑しすぎて入場規制にもなります。

私も実際に並んだことがありますが、中々車も動かなかったのを覚えています。繁忙期を避けて行ってみると少し余裕ができますよ。

混雑する=人気なキャンプ場でもありますが、他にも魅力があります。

5種類のサイトがあるので、その日その時の気分に合わせて楽しむことができますよ。私は紅葉の時期に行くのがとっても好きなのですが、ビール片手に紅葉の景色を見るのがたまらなく最高です。

道志の森空撮(紅葉時期)動画はこちら

ちなみに、車で15分行ったところには「道志の湯」という温泉やお食事が出来るところなど、キャンプだけでなく、周辺の探索も出来るので、1日中満喫できちゃいます。キャンプで楽しんだ後の、温泉は心身共に癒されて、夜はグッスリ眠れますよ。

注意点や禁止事項を知っておこう!

キャンプ場に行くとそのキャンプ場によって様々なルールがありますよね。

当時の私はキャンプに行くことのワクワク感だけで何も準備もせず行っていました。案の定あれ、こんなルールがあったのだとキャンプを楽しむいことが出来なかった時がありました。

なので、私は各キャンプ場に行く前に必ずHPを見て、ルールや注意事項を確認するようにしています。

道志の森キャンプ場にも注意点や禁止事項がありますので、チェックしていきましょう。

禁止事項

直火は全面禁止

2020年1月から直火が全面禁止になりました。焚き火台を使っての焚き火は使用可能となっております。

焚き火をすることが好きな方はお分かりですが、直火と焚き火台での焚き火の火は全く違います。私は直火で燃え上がる火を夜中にゆっくりと眺める時間が癒しの時間でもあるので、禁止になった時は残念な気持ちでいっぱいでした。

しかし、焚き火台が使えるので、直火とは違った癒しを見つけられますよ。

→焚き火台の後始末の仕方はこちら

打ち上げ花火は禁止(手持ち花火は可能)

打ち上げ花火は禁止となっております。音が大きい分、周囲に迷惑がかかるのもありますからね。

でも手持ち花火は21時まで出来るので、私は友人と行った際は必ずやるようにしています。

キレイな花火の光を見て、その日の締めくくりとしてやっていますよ。花火ができるキャンプ場も多くないのもあるので、森林の中でやる花火も中々良いものです。

スピーカーなど音が漏れるものは禁止

音楽を聞いているのはいいですが、スピーカーに付けて大音量で聞くことは絶対にしないようにしましょう。周りに迷惑がかかるのは当たり前ですよね。

聞くときはイヤホンで自分にしか聞こえないように聞くようにしましょう。

注意点

トイレットペーパーがない

普通はトイレに行けばトイレットペーパーがあるのは当然と思いますが、道志の森キャンプ場にはトイレットペーパーが付いておりません。私も最初に聞いたときはまさかと思ったのですが、キャンパー達には有名な話のようでした。

忘れると大変なことになりますので、もう一度言います。絶対にトイレットペーパーは持参しましょう。

ちなみに、4月中旬頃~11月中旬頃以外の期間は水道施設・水洗トイレ等使用ができませんのでご注意を。

ゴミは持ち帰るようにする

ゴミ捨て場がないため、バーベキューなどで出たゴミは、自分たちで持ち帰らなければ行けません。数日滞在する方は臭いが少し気になってしまうかもしれませんが、一泊・二泊であれば私の経験上大丈夫でしたよ。

ただし夏場は暑くなる分、臭いが早めに充満してしまうので、気を付けてくださいね。

冬はめちゃめちゃ寒い

周りが森林ということもあり、冬場はものすごく寒いです。昼間はまだ耐えられるのですが、夜は結構大変です。

ポイント

私は寒さにはめっぽう強いのですが、夜の外は足先から冷えていくのがわかるくらい冷えますので、分厚い靴下や厚手のジャンパーを持参すると良いですよ。

ちなみに寒さはありますが、冬の星空はすごくキレイです。

 

5種類のサイトから自分の好みを選ぼう!

先ほどチラッとご紹介しましたが、道志の森キャンプ場は広さもある分、サイト数も多くあります。5種類のサイトがあるので、私はいつも迷ってしまうくらいですが、その迷っていることが楽しみでもあります。

ではそのような魅力があるサイトなのか、見ていきましょう。

林間のサイト

出典引用:道志の森キャンプ場

周りが木々に覆われていますが、季節に応じて変化する景色を楽しむことができます。私は自然の音を聞くことで心身共に癒されるので、都会の環境や仕事に疲れたな、と思うときはこちらのサイトを利用しています。

山中のサイト

出典引用:道志の森キャンプ場

ちょっと登った高台にあるサイトです。周りには自然がいっぱいあるのですが、良い場所を見つけられると山の景色が一望できる場所もあります。

高台にある分、上から見た景色は抜群にキレイです。私は写真を撮ることが好きなので、いっぱい撮りすぎてしまう位、最高にきれいでしたよ。

川沿いのサイト

出典引用:道志の森キャンプ場

すぐそばに川があるので、川の流れる音を聞きながらキャンプを楽しむことができます。川の音を聞いて起きる朝は目覚めがすごく良いので、朝から行動出来ますよ。

また、プライベート感を味わうことも出来るので、人気が高いエリアでもあります。予約不要なので、早めに行くことをオススメします。

プールサイト

出典引用:道志の森キャンプ場

プールがすぐ目の前にあるので、家族に大人気のサイトです。キャンプ場にプールがあるというのは中々ないですからね。

ポイント

あとはなんと言っても管理棟やトイレなどの施設が近くにあるので、キャンプをするにあたってはすごく便利でもあります。私は女性同士でキャンプに行くこともあるので、管理棟が近くにあるだけで安心感があり、よりキャンプに熱中できましたよ。

グループ用サイト

出典引用:道志の森キャンプ場

大人数や親戚同士でキャンプをする場合は、グループ用サイトを利用してみると良いですよ。広さが十分にある分、子供たちの遊び場も確保できるので、思う存分ワイワイと楽しむことができます。

友人とボールで遊んでいたのですが、誤って転んでしまった時に地面が結構固かったため、少しケガをしてしまった時がありました。子供も楽しくてはしゃぐこともあるので、ケガには十分に気を付けてくださいね。

 

道志の森キャンプ場は予約不要!?豊富にあるサイトの特徴とは!:まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

コターニ(@yazukanitako)がシェアした投稿

  • 予約不要なため、自由に過ごせて人気のキャンプ場
  • 注意点や禁止事項をしっかり守ってよりよいキャンプを過ごそう
  • 5種類の好きなエリアを選んで、思う存分満喫しよう

道志の森キャンプ場はたくさんの魅力が詰まっていますので、大変人気があるキャンプ場です。すぐにサイトも埋まってしまう程なので、逆に行ってみたくなりますよね。

繰り返しになりますが、予約不要な分、注意点や禁止事項がたくさんあるので、しっかり守って快適なキャンプを楽しんでください。

スポンサーリンク

-キャンプ, キャンプ場, サイト, 予約, 道志の森

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5