キャンプ コテージ サイト テント 初心者 場所取り

キャンプ場の場所取りはどうやるの?知っていてほしい注意点とは?

キャンプ場でどうやって場所を取ればいいの?

場所取りで何か注意点はあるの?

このような悩みにお答えします!

冬キャンプもますます人気が高まってきましたね。

最近、芸人さんが一人キャンプをやっている特集をテレビで観たので、私もまた行きたくなってきている今日この頃です。笑

キャンプ場に行きたいと思ったら、まずは予約をしなくてはなりませんよね。テントを張るにも場所を確保しなくてはなりません。

場所を取るにも注意点があるので、初心者の方は最初悩みながら行動することになります。私もそうでした・・・。

場所取りをするのに大切なことや注意点を知りながら、楽しい一日を過ごしましょう!

 

オートキャンプ場で場所を取るには?

オートキャンプ場で場所を取るにも、

  • テントを張ってキャンプをするのか
  • テントを張るにしてもスペースがどれくらい必要なのか

で、予約の仕方が異なってきます。

ただ単にテントを持っていけばいいものではないのですね・・・と初めて聞いたとき勉強になったものです。笑

なぜ「テントで泊まるか」「テントの大きさを決める必要があるのか」を決めなくてはならないのか。

オートキャンプ場は、主に3つに種類に分けられているからです!

  • 区間が決められている「区画サイト」
  • 自由に場所が取れる「フリーサイト」
  • コテージやバンガローの建物が立っている場所

最高のキャンプ時間を楽しめるにはどうしたらいいのか、をよく考えて選ぶ必要があります。

また、場所をとるにあたって「車が横付け出来るかどうか」が結構大切だったりします!

私自身の経験でもあるのですが、車を横付けできず駐車場に止めてあると、荷物の積み下ろしが本当に大変です。

特に大人数や家族で行くキャンプは荷物も倍以上になるため、それだけで疲れ果ててしまいます。私は夏に行ったこともあり、ヘトヘトになりました・・・。

車を横付けできたとしても「夜は車を走らせないこと」です。他の方もいるので、絶対に迷惑はかけていけません!

ちなみに・・・

ちなみに、車の種類によって値段が異なることがあるので、事前に車種を調べておく必要があります!

私は車種や値段が異なることを友人から聞いていたので、値段にビックリすることはなかったのですが、覚えておくと安心ですよ。

 

「区画サイト」のメリットと注意点!

場所取りにも種類がある中で「区画サイト」の良いところとは何かが気になりますよね!

良いところと一緒に、気を付けなければならない注意点もありますので、見ていきましょう。

良いところ

電源や水道が近くにある!

区画サイトの一番のいいところは、電源や水道など、キャンプに必要なものが近くにあるということです。

範囲が決められているので窮屈に思う方もいますが、必要なものが近くにあるだけで安心感が生まれますよ。

ちなみに私はトイレが重要だったりするので、見える範囲にある分これまた安心できますよ!

一人キャンプで満喫できる!

今話題の一人キャンプですが、一人で全てやらなくてはいけないため、電源や水道が近くにあるだけで大変便利です!

家の中もそうですが、座っているところからお菓子やリモコンがあったりすると楽チンですよね。笑

それと一緒で一人キャンプをするには便利さも大切なことなので、オススメですよ。

友達が出来やすい!?

隣の方と距離が近い分、会話をすることもあったりします。

実際に私は家族で来て、隣も家族できていたのですが、お互いの家族に子供もいたため話が弾み、バーベキューを一緒にしたことがあります!

より楽しくキャンプができたので、今後も行ってみたいな~ときっと思えるはずです!

 

注意点

区画が決まっている分、レイアウトに注意する

決められた範囲があるので、そこからちょっとでも出るとクレームが来たりすることもあるので気をつける必要があります。

特に荷物が多い分、知らない間に越えていた!なんてこともあるので、迷惑をかけないためにも周りをよく見るようにしましょう。

騒音等充分に気をつける必要がある

距離が近いため、小さな物音も隣の方に聞こえてしまいます。

夜は寝る時間も人それぞれなので、夜中まで起きているからといって大声で歌ったり、ゲームをしたりしないようにしてくださいね。

とにかく周りをよく見て、迷惑をかけないことが重要です!

 

「フリーサイト」のメリットと注意点!

区画サイトを十分に知ることができましたよね。

次は「フリーサイト」についての良いところ、注意点を知っていきましょう!

良いところ

決まった範囲がない!

フリーという言葉だけあって決められた範囲もなく、好きな分だけ自由に自分だけの空間を作ることができます。

決まった範囲がない自由な感じが、窮屈感がなくて良いですよね~。テントが大きいタイプを持っている方はオススメです!

大人数キャンプに持ってこい!

広く使えることもあり、友達同士や家族世帯で行くには十分に使える範囲を確保できます。

旅行だと観光がメインだったりするので、ゆっくり家族団らんを作る時間を過ごせる良い機会にもなりますよ。

料金が比較的安い

安いに越したことがないですよね!

「区画サイト」より「フリーサイト」の方が比較的安くすむので、大人数で行く方にはオススメです。

注意点

広く取り過ぎるのはダメ!

あまりにも広く使ってしまうと、他のお客さんもいるので迷惑がかかってしまいます。

使う分だけ、人数分だけの範囲を使ってキャンプを楽しみましょう!

風や雨の場合は気をつける!

キャンプ場は森林が多いこともあり、雨が降ることも多くあります。

この場所は雨が降っても大丈夫な範囲を見分ける必要があるので、初心者の方は判断が難しいと言われています。

また、同じように風も強いとテントが飛ばされそうになるくらいの強風が吹くこともあるので、気を付けなければなりません。

私はキャンプに慣れている友人に話をいっぱい聞いて選びましたよ!

車を横付けできないことが多い!

フリーサイトはコストが安い分、車の横付けができないキャンプ場も多くあります。

注意

男性陣は荷物運びが得意?な方もいますが、女性同士でのキャンプの場合は、疲れ果ててバーベキューも楽しめなくなる恐れがあるので、気をつけてくださいね。

関連記事はこちら!

キャンプサイトの種類と選ぶポイント

 

キャンプ場の場所取りはどうやるの?知っていてほしい注意点とは?:まとめ

  • オートキャンプ場で場所を取るには、泊まり方やテントの大きさを決める必要がある!
  • フリーサイトで自分の空間を自由に表現して、楽しく過ごそう!
  • 区画サイトは決められた場所の中でも、周りとの交流があって楽しめることもある!

場所を一つ取るだけでも、楽しく過ごすため!と思うだけで、ワクワクしながら予約しちゃうことでしょう。

フリーサイトと区画サイトの違いを参考に、今後のキャンプをいっぱい楽しんできてくださいね!

場所が決まれば後の楽しみに食事の記事もご覧ください

キャンプにおつまみを作っていこう!前日に作り置きできる5選!

続きを見る

これぞキャンプ飯!!!簡単!早い!うまい!美味しいお酒のお供のつまみ6選

続きを見る

メスティンで酒のつまみ!どんどんお酒が進む!美味しいレシピ12選

続きを見る

 

スポンサーリンク

-キャンプ, コテージ, サイト, テント, 初心者, 場所取り

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5