weber おすすめ キャンプ レシピ 簡単

Weber(ウェーバー)のグリルで作る料理は最強!自慢できるレシピとは!

Weberのグリルって実際どうなの?グリルで作るおすすめレシピを教えて!

そのような悩みにお答えします。

キャンプに欠かせないのは、グリルですよね。グリルがなければキャンプに来た意味がない、と言っていいほどキャンプ用品の必須アイテムです。

グリルを使いこなしている感を見せている私ですが、キャンプを始める前は、実は料理が苦手でした。キャンプはほぼBBQで、野菜や肉を焼くだけで楽しめていたので、料理ができなくてもいいや、という考えで過ごしていました。

しかしWeberのグリルと出会って生活が一変。苦手な料理が楽しくなり、今ではBBQのみならず、自分でお手製料理をキャンプで振舞うようになりました。

Weberのグリルはまさに、神グリルです。

今回は、私が料理好きになったWeberのグリルを徹底解説、またおすすめレシピをご紹介します。

 

「Weber」のグリルは4種類!

「Weber」は、アメリカで有名なバーベキューブランドとして有名ですよね。

では、グリルが4種類あるのは知っていましたか。

4種類あるということは、それぞれの特徴もあるわけです。自分がキャンプに持っていくべきグリルはどのグリルなのか、考えながら見ていきましょう。

チャコールグリル

出典引用: Weber

ポイント

蓋付きのグリルで、この蓋が大活躍してくれます。蓋を閉めることで熱を循環してくれるので、お肉はジューシーに、野菜はカリッと焼いてくれますよ。

私は大ざっぱな性格で、お肉や野菜は早く焼いてササッとやってしまうタイプなので、いつも焼き担当から外れてしまいます。

しかし、チャコールグリルは蓋をするだけで安心して焼いてくれるので、私でも扱える完璧なグリルです。

ガスグリル

出典引用: Weber

ポイント

燃料は炭ではなく主にガスを使います。つまみをひねるだけで、火力調整ができるので、家庭にあるガスコンロに似ています。

私自身、家庭でもガスのコンロを使っているので、手馴れた感じで使うことができましたよ。

また、なんと言っても蓋に室内の温度がわかる温度計が付いているのが良いですよね。今までは温度計を使って蓋を開けて確認することが普通だったので、蓋も開けずに温度調節が出来ると聞いたときは、すごく驚きました。

時間も、料理の手間も省けるので、使い勝手の良い便利なグリルです。

電気グリル

出典引用: Weber

ポイント

炭を使わないで電源を使用してのグリルなので、気軽に使うことができます。炭を使うと時間がかかってしまうため、自宅でBBQをする際にオススメできるグリルです。

私はふとフライパンではなく、グリルを使ってお肉を焼きたい、と思う時があります。その場合はすぐに取り出して、すぐに焼けるので便利ですよ。

でも自宅でするとなると、煙の心配も出てきますよね。ホットプレートで焼肉パーティーをした際に家中がかなり煙だらけになったので、一旦窓を開けて、という時間のロスがありました。

その点炭を使わない分、煙が発生しにくいので、不安なく楽しく使うことができますよ。

ポータブルグリル

出典引用: Weber

ポイント

基本的にグリルとして使うのですが、焚き火台としても使えるのが魅力です。グリルなのに焚き火も出来るのって驚きじゃないですか。

焚き火好きな私にとって、焚き火台を持っていかなくてもいいという素晴らしさがあります。どうしてもキャンプ用品って荷物が多くなってしまうので、焚き火台とグリルの両方が使えるのは、かなりオススメですよ。

>>焚き火台で簡単に火をつける方法はこちら

 

4種類のグリルをご紹介しましたが、形の異なったグリルは他にもありますよ。

BBQグリルなら【Weber】

 

 

【初心者向け】weberのグリルで作る簡単レシピ

いざweberのグリルを購入したら、実際に料理をしてみましょう。

料理が苦手な方や子供と一緒に作れる簡単レシピなので、キャンプがより一層楽しくなること間違いなしです。

じゃがバター【全てのグリル】

材料

  • じゃがいも 3個
  • バター 好みの量
  • 塩・胡椒 少々
  • 道具

作り方

  1. じゃがいもをキレイに洗って、バッテンの切れ目を入れる
  2. 網に乗せる
  3. 串を刺して、焼き加減を見ながら1時間程度焼く
  4. 火が通っていれば、バターを乗せて出来上がり

シンプルイズベストということで、シンプルですがめちゃくちゃ美味しいです。よくお祭りの出店で食べているのですが値段が高かったりしますよね。家でも作りたいと思い、家でも作っていたのですが、キャンプでもいつしか作るようになりました。

焼くだけなので、子供と一緒に作ることもできます。また、腹もちもいいので、よく遊んだ後のデザートということで、子供にも大人気です。

バターの香りと外で食べるという感覚が、とても食欲をそそりますよ。

チョコレートバナナパイ【ガスグリル】

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jun Harada(@juns.sweetlife69)がシェアした投稿

材料・必要な道具

  • チョコレート(お好みの量)
  • バナナ(お好みの量)
  • パイシート
  • 卵 1個
  • トレー
  • クッキングシート

作り方

  1. パイシートに好きな量のバナナとチョコレートを入れる
  2. パイシートを包む
  3. トレーの上に網とクッキングシートをのせる
  4. 3、の上にパイシートをのせて表面に卵を塗る
  5. 20分程焼いて、出来上がり

とても簡単ですよね。まさかのグリルで作れちゃうスイーツレシピがあるなんて、とビックリした方も多いのではないでしょうか。

私自身パイシートを使ったことがなかったので、これを機にグリルでチャレンジしてみました。チョコレートとバナナのコラボレーションは最高に美味しいです。

特に子供はスイーツ+チョコバナナが大好物ですよね。子供だけでなく大人もテンションが上がるので、キャンプ自体が盛り上がりますよ。

 

【上級者向け】weberのグリルで作る応用レシピ

キャンプ上級者や料理が得意な方は、ちょっと時間をかけてでも美味しい料理を振舞ってみてはいかがでしょうか。

家では作れない料理や、周りに自慢できる上級者向けの料理をご紹介します。

ローストビーフ【ポータブルグリル】

材料・必要な道具

  • 塊の肩ロース
  • にんにく 少々
  • 塩・胡椒 少々
  • オリーブオイル 大さじ1
  • ドリップパン
  • 温度計

作り方

  1. にんにくを何個かスライスする
  2. 肩ロースにところどころ切り込みを入れる
  3. 切り込みににんにくを入れていく
  4. 塩・胡椒をした後、オリーブオイルを塗る
  5. 炭火半分に置き(高温ゾーン)、もう半分にドリップパンを置く(低音ゾーン)
  6. その上に網を置き、高温ゾーンでお肉を焼く
  7. 焼き色が付いたら、裏面を焼く
  8. 裏面も焼き色が付いたら、低音ゾーンで焼く
  9. 蓋をして50分程焼く
  10. 温度計で65度くらいになり、肉汁が出始めたら、網から取る
  11. 10分程冷ましたら、出来上がり

私はローストビーフを作れる人はすごいな、良いな、と憧れを抱いていました。憧れからのいざ実践で作ってみました。調理工程は、少し難しさを感じるかもしれませんが、作った後の感動と、家でも作りたい症候群にかられます。

BBQをすることがほとんどであるキャンプで、私はローストビーフを作ります、と言ってみてください。みんなから絶賛の嵐ですよ。

オススメの食べ方としては、私はわさびを少し付けて食べるローストビーフは、ピリ辛で最高に美味しいです。

丸鶏チキン【チャコールグリル】

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちー(@chibi_gohan12)がシェアした投稿

材料・必要な道具

  • 丸鶏 1羽
  • 塩や胡椒、ハーブなどのお好みの調味料
  • ビール 1缶
  • 油 少量
  • ビア缶チキン用ホルダー
  • ドリップパン
  • 温度計

作り方

  1. 網目の両サイドに炭火を置く
  2. 丸鶏に油を塗り、中と外側に調味料を擦り込む
  3. ビア缶チキンホルダーに中身を半分にしたビール缶をセットする
  4. 丸鶏をビア缶ホルダーにセッティングする
  5. ドリップパンをグリルに乗せる
  6. その上にセッティングした丸鶏を乗せる
  7. 丸鶏の手羽部分を後ろに持ってきて串を刺す(ムラができないようにするため)
  8. 蓋をして約1時間焼く
  9. 75度を1分以上経過していれば出来上がり

作り方としては少し難しいですが、材料や道具の量は多くはないですし、他の料理でも使うことができますので便利ですよね。

私はスーパーの鶏肉コーナーに毎週行くと丸鶏を目にするのですが、家で調理するとなると難しいのでなかなか手が出ません。しかし、キャンプの時だけでも少し手間をかけて作ると、手間をかけた分だけ、調理の面白みがわかりますよ。

また、キャンプは大人数で行くことが多いので調理してもみんながガツガツ食べてくれるので調理しがいがありますよ。

他にも、チャコールグリルで作る美味しい燻製の作り方もあります。

こちらをご覧ください。

燻製はなかなか作らないのですが、キャンプに行ったら我が家では燻製は定番料理になっております。以前子供と一緒に作ったダンボール燻製器は今でも大活躍していますよ。

>>ダンボール燻製器の作り方はこちら

ちなみに、私が今まで作った燻製の中で好きな材料は「明太子」です。お酒にもピッタリなので、キャンプの夜の星空を見ながら、ぜひお試し下さい。

 

Weberのグリルで作る料理は最強!自慢できるレシピとは!:まとめ

  • Weberの4種のグリルを使ってたくさん料理をしてみよう。
  • 誰もが作れる簡単なレシピで、料理のバリエーションを増やそう。
  • 時間をかけて作れる上級者向けの料理を作って、みんなに自慢しよう。
私の経験ですが、キャンプで料理を作ると自然と家でも料理をするようになりますよ。まさに生活が一変した感じです。

ぜひキャンプの一部として、weberのグリルを使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

-weber, おすすめ, キャンプ, レシピ, 簡単

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5