キャンプ用品 サバティカル

サバティカルトンネルテントはこんな人にオススメ!特徴と注意点は?

大人気のサバティカルのトンネルテントってどういう人にオススメなの?

特徴や注意点は?

そんな疑問にお答えします。

今やなかなか手に入れることが困難なサバティカルのトンネルテント、

どんな人にオススメなのか、購入を検討している方は、これで特徴と注意点が分かります。

どのテントを選べばいいか分からない、結局自分にあったテントはどれか、そんな疑問を解消!

沢山あるプロダクトの中で、これを読んだあなたは何が欲しいか分かるはず。

 

サバティカルトンネルテントの種類

出典引用 サバティカル

2019年夏にスタートしたアウトドアブランド、「SABBATICAL」サバティカル。

その待望の第二弾が「アルニカ」と「ギリア」です。

インナーテントで自由自在に用途が分けられる、いわゆるトンネル型のテント。

ソロキャンプからファミリーキャンプまで幅広い使い方ができるテント。

私も分けて買っちゃったけど、もしかしてこれ一つで行けちゃう?

まずは、それぞれの特徴を見てみます。

 

サバティカルトンネルテント「アルニカ」

出典引用 サバティカル

アルニカの特徴は?

8人〜10人用、4人用インナー付属

リビングルーム、寝室を一つでまかなえる2ルーム

4方向全面開閉可能(メッシュ付き)

サイド、フロント跳ね上げ可能な構造

スカート付きで、オールシーズン使用可能

インナーテントを外して、シェルターとして8人〜10人まで収容可能

天井部分に遮光PU加工

ブリッジフレームで、高い耐風性

少ない張網で設営も簡単

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@cao.camp)がシェアした投稿


インナーテントを使うことで、人数やシーンに合わせて自由自在に形を変えられるのがアルニカの最大の特徴です。

沢山テントを持たなくても、これ一つ持ってれば対応出来ちゃう優秀さ。

オールシーズン使えるのもありがたいです。収納スペースも懐も余裕が出来ますね。

個人的には、サンドストーンの色も手持ちのギアとも合わせやすいしポール類がブラックなところも好みです。

おしゃれで機能的は、ずるいですよね!

 

サバティカルトンネルテントアルニカのスペック

出典引用 サバティカル

アルニカの概要は次の通りです。

【ARNICA SPEC】

展開サイズ:W620cm×D320cm×H210cm

収納サイズ:L81cm×W42cm×H35cm

生地:ポリエステル

重量:総重量20.5kg(ポール5.8kg、ペグ1.9kg)

付属品:本体、インナーテント×1(4人用)、メインポール長×2、メインポール短×2、

ブリッジポール×2、ペグ×24、3.5mロープ、2.5mロープ×8、キャリーバッグ、ポールケース、ペグ、ロープケース×各1

アーチ状のカーブが美しいトンネル型の構造に、ブリッジフレームを追加して強度と剛性に優れたフレーム構造にしています。

キャンプの最大の敵と言っても過言ではない「風」に対する耐性ももちろん考えられています。

体験するまでは、もしかしたら見落としがちな風の脅威、私も湖畔のキャンプ場に行った際、

突然の強風と雨に晒されたことがありました。

黒い雲が近づいてきたと思ったら数分後、ものすごい強風。

軒並みテントが倒されていきました。

キャンパーの人たちは、みんなテントの前に車を移動したり、風よけをなんとか作っている状況。

さすがに初心者だった私には読み切れなかった天気予報。

一通り雨風が通り過ぎて周りを見回して見ると、背の高めのテント、ワンポールテント、

風向きを考えず張ったテントは全て倒れていました。

そんな中倒れることなく建っていたのはトンネル型のテントでした。

サバティカルのアルニカは風耐性にも優れています。

サバティカルのトンネルテントのアルニカはどんな人にオススメ?

出典引用 サバティカル

インナーテントを使わず、シェルターとして使うと8人〜10人で使用出来ます。

これってかなり広々使えますよね。

居住空間が広いと、雨の時のギア置き場にも困りません。

そして、ドアパネルを跳ねあげればタープも必要ありません。

これ一つで全て完結したい人には素晴らしいデザインだと思います。

これだけ万能なアルニカ、欠点はどこでしょうか。まとめました。

大人数が収容できる大型なので、総重量が20キロとやや重め

跳ね上げ用のポールは別売り

グランドシートはついていない

結露が気になる

以上が気になる点でした。

ただ、これだけの収容人数で2ルームでこの低価格はなかなか優秀なんではないでしょうか。

ソロキャンでお城のようにゆったりと過ごすも良し、大人数で楽しむも良し、それを一つのテントで選べるのがすごいですよね。

ソロキャンプはユニフレームテント絶対必須!タープ付きって本当?

続きを見る

続いてのサバティカルのトンネルテントは

 

サバティカルトンネルテント「ギリア」

出典引用 サバティカル

ギリアの特徴は?

5人用、2人用のインナーテントが標準装備

寝室には4面メッシュが付いている

サイドパネルも開放して、全面開放

シェルターとしても使用可能

ブリッジフレームで、高い耐風性

少ない張綱で設営も簡単

半自立構造で更に設営が楽

アルニカよりも少し小さめのギリア、左右非対称な形が特徴的です。

ただこちらも、2ルームで使用可能と低価格なのにやはり優秀。

大きさも大きすぎず、小さすぎずちょうどいいサイズ。

この外見はカッコ良すぎて気になっちゃいます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@hiro_saya_camp)がシェアした投稿

 

サバティカルトンネルテントギリアのスペック

出典引用 サバティカル

ギリアの概要は次の通りです。

【GILIA SPEC】

展開サイズ:W520cm×D300cm×H170cm

収納サイズ:L67cm×W35cm×H30cm

生地:ポリエステル

重量:総重量13.8kg(ポール3.1kg、ペグ1.76kg)

付属品:本体、インナーテント×2(2人用、5人用各1)、メインポール長×1、メインポール短×2、ブリッジポール×2、ペグ×22、2mロープ×6、3mロープ×4、キャリーバッグ、ポールケース、ペグ、ロープケース×各1

二つもインナーテントが付いていて、デュオキャンプからファミリーキャンプまで様々なシーンに適応出来ます。

中入ってみると、高さが170cmあるので広々して開放感があります。

座ってテント内を眺めてみると、実にゆったりとできる空間です。

テント内で長い時間過ごすことができる快適さ。

ゲームをしたり、本を読んだり、好きな飲み物を片手にボーッとしたり満喫できます。

これで税込4万円代はすごい!

サバティカルトンネルテントギリアがオススメなのはどんな人?

出典引用 サバティカル

最大の特徴は、2人用のインナーテントと5人用のインナーテントを選んで使えるということです。

例えば、夫婦で始めたキャンプも家族が増えればまた買い直さないとならなくなります。

また家族で行く時もあれば、ソロキャンやキャンプ仲間となんてこともあるかもしれません。

その都度ぴったりのテントで行くのも良いですが、このギリアだけで済むとしたらどうですか?

日除けにも、雨除けにも色んな場面でタープやシェルターをテントの他に持っていくことが多いと思いますが、ギリアならこれだけでOK!

これだけ使えて4万代は、やはり買いではないでしょうか。

ソロキャン、ファミリーキャンプと幅広く使いたい方にはギリアおすすめです。

そして、人数によってはゆったり居住空間も取れるので連泊するにもおすすめです。

では気になる点もチェックしておきます。

サイズ感が中途半端

構造が複雑なため、素人には設営が難しめ

結露が気になる

3シーズン用なので、降雪、低温下では使えない

グランドシートは付いていない

サイズ感に関しては、人数に変動がない方はそれほど問題にはならないかと思います。

5人用とはなっていますが、その分居住空間は狭くなります。

2.3人程が一番ゆったり使えそうなので、収容人数ギリギリで使わない方が良いかもしれません。

テントにグランドシートって必要?代用できるものはある?重要性と使い方とは

続きを見る

 

サバティカルトンネルテントはどんな人にオススメ?:まとめ

結論は、シーンや人数の多様化を一つのテントで完結させたいなら、

こんなにぴったりなテントは他にないかもしれません。

加えてデザイン性、価格、機能性も揃っています。

低価格でここまでのクオリティには脱帽です。

そりゃ抽選販売もなかなか当たらない人が続出するわけです。

更にプレミア感に拍車をかけている気もしますが、手に入れば嬉しいですよね。

サバティカルのアルニカ、ギリアを迎え入れてみてはいかがですか?

 

スポンサーリンク

-キャンプ用品, サバティカル

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5