キャンプ用品 ユニフレーム

ユニフレームREVOタープにメッシュウォールを!キャンプが快適に!

ユニフレームのREVOタープに合うメッシュウォールを探している。そもそもメッシュウォールは必要?

この記事は、そんな悩みを解決できる記事となっています。

私もメッシュウォールを購入しようと思った時に

  • メッシュウォールにはどんなものがあるの?
  • タープにあうメッシュウォールは?
  • タープにメッシュウォールは必要?
  • メッシュだとどんなメリットがあるかな?

と考えていました。

こだわり始めるとキリがないので、普段はそこまで素材にこだわるタイプの人間ではありませんでした。

「使えれば大丈夫」と思っていたのです。

ただ最近は、一度気に入った素材があれば、再度その素材を使いたいなと思うようになりました。

「こだわる人間ではありません」と言いましたが、少し「こだわる」ようになってきたようです。

思い返せば、キャンプをするようになってから「こだわり」が増えていっている気がします。

自分なりの「こだわりポイント」が増えていくとキャンプがより一層楽しいものになるでしょう。

この記事を読めば、

ユニフレームのREVOタープに合うメッシュウォールがわかった
タープにメッシュウォールは必要だな

と思えるようになります。

この記事を読んだあなたは 

メッシュウォールの必要性を知ることができます。

さらにユニフレームのREVOタープに合うメッシュウォールを見つけることができます。

そして、メッシュウォールを購入したくなることでしょう。

ではさっそく見ていきましょう。

 

ユニフレームとは

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tadahiro Maeda(@chuchan0450)がシェアした投稿

ユニフレームは、「日本の風土、文化を背景に商品創り」をしている国産アウトドアメーカーです。

1985年に新潟県に創設。

「ユニークな炎(フレーム)」を創造するという理念のもと、テントやタープ、グリルなど様々なアウトドア商品を創っています。

私は様々なメーカーのアウトドア商品を持っています。

中でも、ユニフレームは好きなメーカーの一つです。

「ユニークなフレームを創造するという理念」や「日本の風土、文化を背景に商品創りをする」という考えが素敵だなと感じています。

 

タープとウォール

 

この投稿をInstagramで見る

 

N-ta(@nta4ag)がシェアした投稿

タープは日差しを遮ったり雨を防いだりするための大きな布のことです。

タープを設置することによって

  • 日陰を作る
  • スペースを確保できる
  • プライベート感が増す

というメリットがあります。

一方、ウォールとはなんでしょうか。

ウォールは、タープと組み合わせることで、シェルター仕様で楽しむことができるオプションのことで、ウォール単体では使用することはできません。

特徴は

  • タープをより快適にする
  • 虫や雨風の侵入を軽減
  • ウォールだけよりもプライベート感が増加
  • 床のないフロアレスで、いちいち靴を脱いだり履いたりしなくてもいい

です。

個人的には、ウォールだけよりもプライベート感が増すのが嬉しいところです。

四季に合わせて快適なキャンプを楽しむことができます。

タープだけよりも荷物になってしまいますが、その快適さを一度味わえば、苦になりません。

 

メッシュの良さ


出典引用:ユニフレーム公式HP

タープやウォールってどんなものかイメージできたけど、メッシュだと何がいいの?

私もそう思っていました。

「壁の役割があればいいかな」

「素材とかメッシュとかその辺は気にしなくてもいいかな」

「メッシュだと快適に過ごせるのか心配だな」

と考えていました。

しかし、今ではその考えはありません。

ウォールだと周りが囲まれるので

通気性が悪くなるのかな
自然を感じにくくなるのかな

と心配になります。

ですが、メッシュだとウォールの良さである

虫の侵入を防ぐ

雨や風をしのぐ

プライベート空間の確保

靴の脱ぎ履きをしなくていい

を残しつつ

通気性が良い

自然を感じることができる

といった良さがあります。

それによって、快適さがアップします。

また、メッシュは季節問わず使うことができます。

私のカバンに入っているポーチもメッシュのものがあります。

昔は持っていなかったので、キャンプ用品選びの影響なのかもしれません。

中身が見えて使いやすいです。

メッシュの良さがわかったところで、次はメッシュウォールをご紹介していきます。

ユニフレームREVOシリーズのメッシュウォールは

  • REVOメッシュウォールⅡ〈L〉TAN
  • REVOスクエアメッシュウォール4×4TAN

の2種類です。

この2つをご紹介します。

そして、それらとセットになるタープも合わせてお伝えしていきます。

 

REVOメッシュウォールⅡ〈L〉TAN


出典引用:ユニフレーム公式HP

REVOメッシュウォールⅡ〈L〉TANは、REVOタープ〈L〉TANを快適にするためのオプションです。

メッシュウォール単体での使用はできません。

REVOタープ〈L〉TANと組み合わせることで、シェルター仕様で楽しめます。

基本情報

価格は税込で29,900円。

以下の廃盤品番のタープにもお使いいただけます。
(廃盤品番:681190)REVOタープL
(廃盤品番:681350)2013年以前のREVOタープ

設営に必要な地面の最大面積は約12×12m

他オプション品も同時使用可能で
REVOルーム4プラスⅡ TAN
REVOフラップⅡ TAN
の接続が可能です。

ワイドな入口パネル(幅約200cm)と天井高(約205cm(最低高約160cm)によって空間を広々とご使用いただけます。

天井(メッシュ仕様)とタープに適度な隙間が生じるので、ベンチレーションが快適になります。

※ベンチレーションとは、換気や風通し、通風という意味で、屋内で快適に過ごすためにも非常に重要です。

スカートがついているので、風の吹き込みや虫の侵入を軽減することができます。

仕様

【収納時のサイズ】
約70×21×21(高さ)cm

【材質】

  • 生地部:ポリエステルタフタ75D
  • メッシュ部:ポリエステル

【重量】
約5.2kg ※幕体のみ

【セット内容】

  • 天井用ライナーシート
  • 雨水用張縄×2
  • 補修用メッシュ
  • ポールケース
  • ペグケース
  • 収納ケース

※ハンマーやポール、ペグは付属していません。

虫が少しだけ苦手なので、虫の侵入を防いでくれるのは嬉しいポイントです。

その上、通気性も確保されているので、快適に過ごすことができます。

REVOタープⅡ<L>TAN


出典引用:ユニフレーム公式HP

REVOタープⅡ<L>TANは、REVOメッシュウォールⅡ〈L〉TANに合う、ゆったりしたサイト向けのファミリーキャンプサイズのタープです。

基本情報

価格は、税込で14,900円。

以下の廃盤品番のタープにもお使いいただけます。
(廃盤品番:681664)REVOメッシュウォールL

設営に必要な地面の最大面積は約12×12m

4つのスタイルで楽しめます。
ベーシックスタイル:メインポールのみ
開放感重視スタイル:サイドポール
開放感・プライバシー両立スタイル:直張り
プライバシー重視スタイル:サイドポールを使用しない

仕 様

【収納時サイズ】
約72×17×15(高さ)cm

【材質】

  • ポリエステルタフタ150D
  • 耐水圧1,800mm以上
  • UV-CUTコーティング
  • PUコート+テフロン撥水処理

【重量】
約2.1kg ※幕体のみ

【セット内容】

  • 張縄メイン×2
  • 張縄サブ×4
  • ポールケース
  • ペグケース
  • 収納ケース

※ハンマーやポール、ペグは付属していません

4つのスタイルを楽しめるのが良いですよね。

ちなみに、私が好きなのは「開放感・プライバシー両立スタイル」です。

初めて設営した時は、色々と試してみました。

あなたも色々と試してみて、ご自身の好きなスタイルを見つけてみてください。

REVOスクエアメッシュウォール4×4TAN


出典引用:ユニフレーム公式H P

REVOスクエアメッシュウォール4×4TANは、REVOスクエアタープ4×4TANと組み合わせてシェルター仕様で楽しめます。

メッシュウォール単体での設営はできません。

基本情報

価格は税込で32,500円。

設営に必要な地面の最大面積は約12×12m

快適に過ごすための工夫が盛りだくさん吊り下げ式の天井ベンチレーションで結露を軽減
天井(メッシュ仕様)とタープの適度な隙間によってベンチレーションを実現
スカート付きなので、冷気を締め出すことができる
リングフックが2箇所についており、電池式ランタンを吊り下げられる
窓を半開きで固定できるため、雨が中に吹き込む心配もない

正方形の室内なので、キャンプ用品など自由な配置ができ、無駄なく使うことができる

天井が高いので圧迫感がなく動きやすい

仕 様

【収納時のサイズ】
約70×23×23(高さ)cm

【材質】

  • 生地部:ポリエステルタフタ75D
  • メッシュ部:ポリエステル

【重量】
約6.7kg ※幕体のみ

【セット内容】

  • 天井用ライナーシート
  • 張縄×8、
  • ポールケース
  • ペグケース
  • 収納ケース

※ハンマーやポール、ペグは付属していません。

快適に過ごすための工夫が盛りだくさんで嬉しいですよね。

正方形なので、ものを置くときに配置がしやすいです。

物は定位置に置きたいので、私としては四角い方が配置を決めやすくてありがたいです。

REVOスクエアタープ4×4TAN


出典引用:ユニフレーム公式HP

REVOスクエアタープ4×4TANはREVOスクエアメッシュウォール4×4TANに合うタープです。

ウォールと組み合わせてシェルター仕様で楽しめます。

基本情報

価格は税込で15,900円

設営に必要な地面の最大面積は約12×12m

タープだけの場合でも様々なスタイルを楽しむことができる
ベーシックスタイル:サイドポール4本をコーナーに使用
開放感・遮光性両立スタイル:サイドポール2本を片側のみに使用
雨除けスタイル:サイドポールを外す

仕様

【収納時のサイズ】
約73×18×18(高さ)cm

【材質】

  • ポリエステルタフタ150D
  • 耐水圧1,800mm以上
  • UV-CUTコーティング
  • PUコート+テフロン撥水処理

【重量】
約2.6kg
※幕体のみ

【セット内容】

  • 張縄メイン×2
  • 張縄サブ×6
  • ポールケース
  • ペグケース
  • 収納ケース

※ハンマーやペグ、ポールは付属していません。

タープだけでも3パターン楽しめるのは嬉しいポイントですね。

天候によってかえられるので、秋になって涼しくなったら、ウォールを使わずにタープだけ過ごすこともあります。

タープやウォールの購入と一緒に

 

この投稿をInstagramで見る

 

みくゆう(@mc____yu)がシェアした投稿


この記事で紹介したタープやウォールには、ハンマーやペグ、ポールは付属していません

すでにハンマーなどを持っている方にとっては、付属していないのは嬉しいことです。

まだハンマーやペグ、ポールをお持ちでない方は、タープやウォールを購入する時に一緒に購入しておきましょう

私は、タープやウォールを買うときに、ハンマーやペグ、ポールを持っていなかったので合わせて購入しました。

同じメーカーで揃えたかったので合わせて購入しておいてよかったです。

REVOハンマー


出典引用:ユニフレーム公式HP

REVOハンマーは

・ペグを打ち込む

・ペグを引き抜く

・孔で、ペグが曲がった時に直すことができる

・溝で、ペグについた土を擦って落とすことができる

といったことができる多機能ハンマーです。

価格は税込5,500円。

一つのハンマーでたくさんの機能がついているのは嬉しいですよね。

REVOハンマーを使い始めたばかりの頃、孔と溝の使い方を知らずに過ごしていました。

後から知って、「もっと早く知りたかった」と思ったのを覚えています。

 REVOポール180(2本組)・REVOポール240(2本組)


出典引用:ユニフレーム公式HP

今回ご紹介したタープやウォールに必要なポールです。

ラチェット式(ボタンを押して差し込むだけ)なので、接続が簡単にできます。

差し込むだけなので簡単に組み立てられます。

ラチェット式と聞いても最初はなんのことかさっぱりでした。

時々、「ラチェット式」という単語をど忘れしてしまうことがあります。

カタカタを覚えるのは苦手です。

REVOポール180(2本組)

  • サイズ調節:最大3節(180cm)まで接続可能
  • 全長:約120~180cm
  • 価格:税込2,000円

Amazon
URL: https://www.amazon.co.jp/ユニフレーム-UNIFLAME-682012-REVOポール180(2本組)682012/dp/B07PBLQWRF/ref=sr_1_3?__mk_ja_JP=カタカナ&dchild=1&keywords=REVOポール180(2本組)&qid=1626655668&sr=8-3

REVOポール240(2本組)

  • サイズ調節:最大4節(240cm)まで接続可能
  • 全長:約120~240cm
  • 価格:税込4,000円

パワーペグSUS300


出典引用:ユニフレーム公式HP

長さ30cmのステンレス製の強靭ペグ。

価格:税込390円。

コンクリートブロックを打ち抜いても曲がらないほど強靭なペグです。

ほかのペグを試してみましたが、曲がってしまったことがあります。

コンクリートブロックを打ち抜いても曲がらないほどの強靭さなら安心ですね。

どちらのメッシュウォールがいいのか

この記事ではユニフレームのメッシュウォールが2つ登場しました。

どっちのメッシュウォールいいの?

そう思った方もいるでしょう。

私もそう思いました。

選択肢が少なくて選びやすいですが、私は2つでも迷ってしまいます。

表にしたので見比べてみましょう。

商品名 REVOメッシュウォールⅡ〈L〉TAN REVOスクエアメッシュウォール4×4TAN
価格 税込29,900円 税込32,500円
設営に必要な地面の最大面積 約12×12m 約12×12m
収納時のサイズ 約70×21×21(高さ)cm 約70×23×23(高さ)cm
設営時の高さ 約205cm 約220cm
材質 生地部:ポリエステルタフタ75D

メッシュ部:ポリエステル

生地部:ポリエステルタフタ75D

メッシュ部:ポリエステル

重量 ※幕体のみ 約5.2kg 約6.7kg
セット内容 ・天井用ライナーシート

・雨水用張縄×2

・補修用メッシュ

・ポールケース

・ペグケース

・収納ケース

天井用ライナーシート

張縄×8、

ポールケース

ペグケース

収納ケース

表をみてもあまり違いが…

その通りです。

そこで、私が思う「こんな方にオススメ」というのをまとめてみました。

【REVOメッシュウォールⅡ〈L〉TANはこんな方にオススメ】

  1. 飽きっぽい方や、バリエーションを楽しみたい方
    他のオプション品も同時に使用することができ、設営時にもバリエーションが豊富なので、その時の気分や状況によっても変えることが可能です。
  2. 価格を少しでも抑えたい方や荷物を少しでも軽くしたい方
    REVOスクエアメッシュウォール4×4TANよりも軽くて安いです。

 

【REVOスクエアメッシュウォール4×4TANはこんな方にオススメ】

  1. 少しでも開放感が欲しい方
    REVOメッシュウォールⅡ〈L〉TANよりも高さがある分、圧迫感が少なくて、開放感があります。
  2. 物の配置を気にする方
    スクエア型で、物を置く際に配置が決めやすいです。
  3. あまり変化を好まない方や、「いつもと同じ」が好きな方
    REVOメッシュウォールⅡ〈L〉TANに比べたらバリエーションは少なくなりますが、変化を求めていないなら逆に四角くきっちりしたREVOスクエアメッシュウォール4×4TANは魅了的。バリエーションは少ないですが、快適に過ごしやすくなる工夫が盛りだくさんです。

どちらがいいか迷ったときは参考にしてみてください。

 

ユニフレームREVOタープにメッシュウォールを!キャンプが快適に:まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

ichino(@instaichino)がシェアした投稿

ユニフレームとは
タープとウォール
メッシュの良さ
REVOメッシュウォールⅡ〈L〉TAN
REVOタープⅡ<L>TAN
REVOスクエアメッシュウォール4×4TAN
REVOスクエアタープ4×4TAN
タープやウォールの購入と一緒に
どちらのメッシュウォールがいいのか

についてお伝えしました。

ユニフレームのREVOタープに合うメッシュウォールがわかった
メッシュウォールがいい

そう思ったなら、あとは購入するだけです

メッシュウォールを取り入れるだけで、キャンプがより快適なものになるでしょう。

 

スポンサーリンク

-キャンプ用品, ユニフレーム

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5