waq キャンプ用品 グランドシート

WAQAlpha(アルファ) TCにピッタリのグランドシートは?

「WAQ Alpha(アルファ) TCにおすすめのグランドシートは?」

こんな疑問にお答えしていきます。

WAQ Alpha T/Cは、テントの質がそこそこ良い割に、コスパが良いとソロキャンパーに人気のテントです。

色んなアレンジが出来て便利というか、楽しいテントです。

が、注意点が1つ。それは、グランドシートが付属していないことです。

インナーテントを設置して、その上で過ごしたら確実にインナーテントが傷みます。

なので、別売りのグランドシートを用意することを強くおすすめします。

今回は、WAQ Alpha(アルファ) TCに合うグランドシートを解説していきたいと思います。

こんな方におすすめ

  • アクティブソロキャンパー向きのグランドシートは?
  • ゆったりキャンプ内が大好きなソロキャンパー向きのグランドシートは?
  • 質の良いグランドシートの選び方が知りたい。

どれを買えばちょうどいいサイズなのか、この記事で分かります。

 

WAQ Alpha T/Cテント半分のみでOKな人は小さめがおすすめ

出典楽天公式サイト

皆さんはキャンプではどのように過ごしますか?

「キャンプ飯を作りたい。」

「日向ぼっこして過ごしたい。」

「釣りしたい。」

キャンプに行っておいて、アウトドアなんていうのもおかしいですが、テント外で過ごすことが多い場合は、小さめのグランドシートで十分な大きさです。

小さめといっても、テントの半分ぐらいのサイズです。

アウトドアメインだと、特別理由がなければインナーテント内に籠ることは少ないでしょう。

寝るか、荷物置くか、たまに避暑で休憩するか、そのくらい?(笑)

なので、そこがカバーできれば、あえて大きめのを買う必要はないと私は思います。

設置すると分かりますが、インナーテントはセンターポールを中心として半分の大きさぐらいです。

ちょうど大人の男性1人ぐらいがピッタリ寝られるぐらいのスペースですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

FURO(@full0823)がシェアした投稿

投稿のように、外で過ごすスタイルがメインなら、グランドシートの大きさは、90㎝×210㎝ほどの大きさが結構ちょうどいいです。

実際に、コット(190㎝×65㎝)をインナーテントに入れても、十分におけます。

コットを置いて空いたスペースに荷物を置いても、グランドシートでカバーできる範囲です。

2Way仕様コット

waqのコットは2way仕様で気分も爆上がり!組み立て方とは?

続きを見る

 

WAQ Alpha T/Cテント内全面なら2.4mがおすすめ

出典楽天公式サイト

反対に、ゆっくりマンガ読んだりネットサーフィンしたり、昼寝したりが好きならテントの半分サイズじゃない方がいいかもしれません。

テント内で過ごすことが大好きなら、むしろテント幅いっぱいのサイズの方がおすすめです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

シミケン(@kyoncamp)がシェアした投稿

投稿のように、テント内でゴロゴロくつろぐ空間を作ることができます。

ただ端っこの隙間が気になるのであれば、アルファTCの幅が2.4m×2.4mなので、ピッタリサイズを利用するのが吉。

2.4m角のグランドシートということですね。

なかなかピッタリのサイズは見つかりずらいんですが、FIELDOORから出ているグランドシートに2.4mx2.4mのものがあります。

グランドシートで結構大切だと感じるのは、撥水加工です。

草木が湿ってたり、ちょっと天気が崩れて地面に水気が出てきたときに、シートが沁みてきたときには結構落ち込みます。

なので、撥水加工されていたり、水に強い素材を使ってるかどうかは、選ぶポイントの1つです。

グランドシート選びの3つのポイント

グランドシートって、ただ下に敷けばいいものでもありません。(笑)

キャンプ始めたてのときは、全く必要性すら分かっていませんでしたが、グランドシートは大切な役割を持っています。

グランドシートの必要性とは?

waqのテントにグランドシートは必要?あった方がいい理由を徹底解説!

続きを見る

ここでは、良いグランドシートを選ぶための3つのポイントを挙げていきます。

ポイント① テントと同じ大きさかちょっと小さめを選ぼう

「大きめの方がテント全体を守ってくれるんじゃない?」

と安易に最初は思っていたのですが、これはしっかりNGです。(笑)

雨がいつ降るかわからない天気のときは、かなり危険!

大きめのグランドシートを使うと、テントからはみ出たシートから浸水の恐れがあります。

家の屋根のようにフライシートが一番外側にきてグランドシートはちょっと小さめ、もしくはピッタリ位のグランドシートであれば、浸水リスクを防げます。

ポイント② 素材をチェックしよう

ピクニックでレジャーシートを使ったことはあるでしょうか。

あのようなレジャーシートには、防水機能が少なからず施されています。

どの素材が使われているのかチェックしましょう。

大きく分けて2つの素材に分けることが出来ます。

ポイント

  • 化学繊維:防水性が高い。化学繊維自体が、防水処理されている。値段はお高め。
  • 合成樹脂:防水加工されているが、使用感が気になる場合がある。

二つを比較すると、どうしても化学繊維の方が勝りますが値段は、ちょっとお高めです。

テントにグランドシートって必要?代用できるものはある?重要性と使い方とは

続きを見る

ポイント③ 防水機能をチェックしよう

最後に、耐水圧です。

近くでピクニックするぐらいであれば、そこまで気にするものでもないですが、キャンプだとちょっと違います。

天候が変わりやすい自然地帯に入るケースであれば尚更です。

耐水圧の数値が高いものを選びましょう。

キャンプだと目安は1500mmです。

念には念を置きたいタイプ(良く天候が変わる地域でのキャンプがメイン、濡れるのは避けたい)であれば、2000mmを超える数値が良いです。

 

グランドシートの大きさはあなたのキャンプスタイルで選ぶと良し!:まとめ

今回は、WAQ Alpha(アルファ) T/Cに合うグランドシートをテーマにみていきました。

テントのどちらで過ごすことが多いか、一度想像しながら選ぶのが良いと思います。

大きさが違えば、コストも変わりますからね。

2.4m×2.4m一枚あればいいかなぁというのは、個人的な意見です。

というのも、アルファT/Cは、ジッパーが正面と裏面についているので、テントを開放的にアレンジできる特徴があります。

なので、片側開けたとしても、両側開けたとしても、2.4m角のグランドシートの大きさは休憩スポットとして丁度いい大きさだと感じるからです。

ここは好みなので、あなたのキャンプスタイルに合わせて、グランドシートを取り揃えてみてください。

ピッタリめのグランドシートを使って組み立てる様子

スポンサーリンク

-waq, キャンプ用品, グランドシート

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5