yogogo キャンプ用品 マルチフュエールランタン ランタン

yogogo社のマルチフュエールランタンは長持ち!その性能とは?

 

yogogoってちゃんと使える物を販売してくれるよね?

 

日本ではyogogo社の代理店はまだないため、amazonなどの大手オンラインショップでしか、手に入れられません。そのため「購入した商品に不具合があったらどうしよう」と不安がつきまといます。

しかし、最近は有名ブランドメーカーの改善して欲しい箇所を、うまく直して販売しているおかげで、安心して長期間使用できる物が増えてきました。

でも、やはり海外製品は不安が付き物です。そこで、今回はそのような不安を解消すべく、中国のアウトドアメーカーである、yogogoが展開している、マルチフュエールランタンについて紹介します。

これをご覧にいただき「中国製品は良製品ばかりを、販売しているんだ」と納得していただければ、私も嬉しいです。

下記では、同じ中国企業である、スームルーム社について紹介しています。中国企業の日本新進出はいろんな業界で行われているんですね。

 

yogogo社のマルチフュエールランタン基本情報

おすすめポイント

yogogo製品に限らず、マルチフュエールランタンは灯油が燃料のランタンです。こちら1つで夜でも手元の作業は困らないほど明るくなりますので、キャンプに1つか2つ持参すると良いでしょう。

気になる価格は、他有名アウトドアメーカーよりか圧倒的に安いため、非常にコスパが良いところが人気となっています。

yogogo社のマルチフュエールランタン基本情報

  • 重量:2kg
  • 燃料容量:1,5L
  • 使用燃料:灯油(推奨)。ガソリン。
  • 連続使用が可能な時間:7時間

こうして見ると、他メーカーとは変わらない高性能なところが、一番のメリットです。ですが、注意しなければいけないところが、2点あります。それでは、その注意点2つを、詳しく見ていきましょう。

yogogo社のマルチフュエールランタンの注意点

説明書が日本語ではない

説明書は中国語か英語しかなく、翻訳しないと読めないのがデメリットですが、使い方は他メーカーのマルチフュエールランタンと同じなので、灯し方がわかっていれば心配しなくてもいいです。

圧力計がついていない

yogogo社のマルチフュエールランタンは、ポンピングで火力を上げる加圧式のランタンです。ですが、他メーカーの物とは違い、yogogo社の物は圧力計がついていません。なので自分の感覚でポンピングする必要があり、どちらかというと、上級者向けのランタンになります。

下の記事では、yogogo社が展開しているケロシンランタンについて、紹介しています。

 

加圧式オイルランタンの付け方

 

yogogoのマルチフュエールランタンだけど、お得だからぜひ使ってみたい。

灯し方を教えて欲しい。

 

確かに、価格も安めでコスパも良い物なら、上級者ではなくても欲しいし、あえて難しいことにチャレンジしたい、大人のキャンパーやお子様もいらっしゃるでしょう。

そこで、こちらでは難しいことにチャレンジする人達に、加圧式ランタンの灯し方を紹介します。このやり方は、yogogo社のマルチフュエールランタンに限らず、どのメーカーでも使えるので覚えておいて損はないです。

用意する物

  1. 燃料
  2. ライターかマッチ
  3. ドライバー
  4. ジョウゴ

ニッブルをきつく締める

ニッブルは、ホヤ(ガラス部分)を外し、下にある筒状のインナーチムニーも取ると、その中にニッブルがあります。そこをドライバーできつく締めてください。

一度の燃焼でもゆるんでいることがあるので、忘れずに確認しましょう。ゆるんでいると、火がつかなくなります。

マントルを取り付ける

上部にマントルという薄い布で出来た物を取り付けるのですが、周りの部品もしっかり締まっているか、必ず確認してください。

マントルをつける時はひもを二重結びに固く締めてください。締め方が甘いと、燃焼中にマントルが落ちてしまう恐れがあります。

マントルの空焼きをする

ライターかチャッカマンで、マントルを炙ってください。コツは、マントルの下から火を少しずつ当てる事です。薄い布地なので、ちょっと燃え移ったらすぐに燃え尽きてしまうので、注意してください。

全体的に燃えて真っ白な灰のようになったら空焼きは完了です。気をつけることは、空焼きしたマントルはちょっとの振動で壊れやすく、それこそ強い風が吹いてしまうとボロボロと壊れてしまいます。

私の経験談からすると、予備のマントルは3~4つくらいは買っておいた方がいいでしょう。空焼きしたマントルには細心の注意を払ってください。

マントルの交換のタイミングは、2つあります。

交換時はこちら

  • 穴が開いてしまったとき
  • 光量が落ちたとき

燃料を投入する

灯油は、必ずタンクの7分目まで入れましょう。7分目の目安は、給油口から少し低いところです。ジョウゴを使って注いだ方が、手は汚れないし、燃料がこぼれて臭くならないので、おすすめです。

グリップホイールを上向きにする

矢印が書いてある丸い形をした物があるので、その矢印を上向きにセットします。なお、次の工程は給油口横の圧力調整スクリューが、閉じていることを確認することですが、yogogo社のマルチフューエルランタンは圧力計がついていないので、この工程は、省いて構いません。

予熱バーナーのレバーを確認する

レバーがしっかり上がっていることを確認しましょう。ここが上がってないと、予熱できずに、火力が強くなりません。

ポンピング開始

ポイントは親指の付け根あたりで押すことです。1回押し込むごとに、手応えと音があるのが正常なので、気をつけて見ましょう。火力は圧力計を見て、針が赤いメモリを超えていないくらいがちょうどいいです。ただし、yogogoのマルチフュエールランタンは、圧力計がついていないので、火の強さを見て調節してください。

 

yogogo社マルチフュエールランタンは長持ち!その性能とは:まとめ

  1. yogogo社のマルチフューエルランタンの基本情報
  2. 加圧式オイルランタンの付け方

中国にある、yogogoのマルチフューエルランタンは、粗悪品じゃないことをわかっていただけたでしょうか。他アウトドアメーカーよりも安く買えて、性能も何も問題がないので、yogogo社のマルチフュエールランタンを使ったほうが、断然いいです。

 

スポンサーリンク

-yogogo, キャンプ用品, マルチフュエールランタン, ランタン

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5