おすすめ キャンプ

キャンプに行く車のおすすめの条件!車にキャンプ道具を収納する方法も!

 

はじめてのキャンプ。みなさん自分の車で行っていますか?道が悪いので傷ついてしまわないか心配です。また、車への収納のコツはありますか?

 

このような悩みにお答えします。

 

キャンプ初心者の方はキャンプに行くにはどんな車で行けばいいのか迷ってしまいますよね?キャンプといえば細い山道やでこぼこの道を想像する方がいると思いますが、実は最近のキャンプ場は道がきれいにされていることが多いんですよ。

 

しかし、キャンプ場自体は皆さんが想像している通り自然に囲まれているので、ぬかるんだ地面やでこぼこの地形が少なくはありません…たまにキャンプ場で悪道にタイヤを取られて動けなくなっている車を見かけることがあります…

 

本記事の内容

そこで今回は初心者の方でも快適にキャンプ生活を送るために、キャンプに行く車のおすすめの条件を説明しています。

 

キャンプに行く際の車へのキャンプ道具収納の方法も説明しているので、ぜひ参考にしてみてください!

 

キャンプに行く車のおすすめの条件

 

キャンプに行くときにはキャンプに適した車を選ぶことが大切です。

 

最近のキャンプ場は道が整備されていることが多いですが、地面がぬかるんでいたり道に草木が覆いかぶさっていたりする場合があります。

特に山は天候が変わりやすく、天気予報で晴れが続いているから大丈夫だと思っていても急に雨が降ってきて…なんてこともあるので注意が必要です。

 

ここではキャンプに行く際の車のおすすめの条件を説明しています。

 

荷物の積載量が多い

キャンプにはたくさんのキャンプ道具を持って行くことが多いため、荷物の積載量が多い車を選ぶのがおすすめです。

 

積載量が魅力的な車

 

何かと荷物の多いアウトドア遊びやキャンプ。空間が広く、荷物を積んでもガンガン走れるパワフルなクルマが有利になるのは当たり前。アウトドア向きの車をご紹介。

 

トヨタ・エスティマハイブリッド

荷物をたっぷり積載でき、家電を使えるのがポイント。キャンプで家電を使うなんて、と思うかもしれないが、キャンプ場に到着した直後や気持ちいい景色と出会ったときなど電気ケトルで湯を沸かし、コーヒーで一息つける、この一杯が至福でもあるのだ。バーナーの燃料を買い忘れて山奥のキャンプ場に向かってしまったなどは、電気ケトルやホットプレートがお守りがわりになる。

アウトドアに大活躍! 軽自動車からSUVまで積載量が魅力なクルマ

 

乗車人数も荷物の積載に大きく関わってくるため、人数に見合った積載量の車を選ぶようにしましょう。車内に無理やり荷物を収納すると破損する恐れがあるの注意が必要です…また、たくさんの荷物をバックドアから積み下ろしできる車だと便利です!

 

車高が低すぎない

ここまで車高が低い車でキャンプに行こうとしないと思いますが・・・

 

キャンプ場の道は整備されているところが多いのですが、中には高低差のある地形も多々あります。車高が低いと車をすってしまい傷がつく恐れがあるので、なるべく車高が高い車がおすすめです。

 

私はキャンプ場で石の上に乗り上げてしまい、車に傷がついてしまいました…

 

普段乗っていて段差が気になるような車は特に注意しましょう!

 

駆動方式が4WD

キャンプ場の地面は砂利や芝生で整備されていることが多いですが、中には地面が土になっている場所もあります。

雨が降った後は特に地面がぬかるんでいるので、タイヤが取られても自力で抜け出しやすい駆動方式が4WDの車がおすすめです。

場所によっては4WDじゃなくても問題のないキャンプ場もあるので、

事前にキャンプ場を調べるのがベストでしょう!

 

キャンプに行く際に荷物を車にうまく収納する方法

 

車にキャンプ道具を積むときに荷物がぐちゃぐちゃになったという経験はありませんか?

車の収納がちゃんとできていないと、キャンプ場に着いてから荷物を整理したりすぐにほしい荷物が取り出せなかったりと時間の効率も悪いです…

ここではキャンプ道具を車にうまく収納する方法を説明しているので、ぜひ参考にしてみてください!

 

重いキャンプ道具は下に積むようにする

まずは重心を下に置くことを意識して収納しましょう。

注意点

・重いものを上に置いてしまうと運転中に荷物が崩れる可能性がある

・下に置いた荷物が潰れてしまうこともある

重心を下に置くことを意識して収納すると荷物が崩れることが起こらなくなります!

 

僕は車のバックドアを開けたら荷物が雪崩のように落ちてきた…

なんて事がよくありました。

 

柔らかいものは外側に積むようにする

 

重いものに対して柔らかい荷物は外側に積むようにしましょう!

ポイント

柔らかい荷物を外側に積むことで固い荷物が内装に当たって傷がつくことを防げます。

 

キャンピングマットやシェラフを外側に積んで内装を守るようにするのがオススメです。

 

キャンプ場までの道中で使うもの、ついたらすぐ降ろす物は手前に収納する

キャンプ場までの道中で使う可能性のあるものは手前に収納するようにしましょう!

・クーラーボックス

・椅子

・机

途中で買い出しをする場合は絶対にクーラーボックスは手前にないと大変です。

また椅子や机は、テントやタープ設営をしている時の休憩に必要なのでこれも手前が良いですね。

 

 

キャンプに行く車のおすすめの条件!車にキャンプ道具を収納する方法:まとめ

 

キャンプ場に行くには積載量が多く車高が低すぎない車がおすすめ!

キャンプ場次第では駆動方式が4WDの車が必要。

荷物は重いキャンプ道具を下に収納するのがコツ。

キャンプ場までの道中で使うものは手前に収納する。

 

こちらが、僕がキャンプに行く車についてのおすすめのポイントです!

条件に合った車を所持していない場合は、レンタカーを借りるのがおすすめですよ!

 

スポンサーリンク

-おすすめ, キャンプ,

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5