キャンプ パスタ メスティン 失敗しない 料理

メスティンでパスタ作りに挑戦!超重要なのは水の量だった?

キャンプでパスタを簡単に作りたい。メスティンでもパスタは作れるのかな。

そのような悩みにお答えします。

皆さんは、メスティンの魅力を知っていますか。

メスティンというものがあることが知らなかった私は、メスティンを初めて使ったとき、魔法の箱かと思いました。

パスタを無駄なく、いとも簡単に作れてしまう衝撃は未だに忘れられません。

そして簡単なのに、とっても美味しく出来上がるそのクオリティ。ぜひ皆さんにも試していただきたいです。

今回は、メスティンでパスタを作るのに大事な「水の量」に関して、詳しくご紹介します。

水の量をしっかり把握しておけば、気軽に誰でも作れますので、お見逃しなく。

 

万能クッカー・メスティンの魅力!

まずはメスティンについて詳しく知っていきましょう。

メスティンとは

スウェーデンの会社が作っているアルミ製調理器具(クッカー)のことを指し、ハンドル付きの四角い箱型のタイプです。

では、メスティンの魅力を見ていきましょう。

魅力① メスティン一つで料理の幅がかなり広がる

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shino.Saku(@s.r.s.a.1975)がシェアした投稿

キャンプをするにあたってメインといってもいいのが「料理」ですよね。

私自身もキャンプで一番に考えるのは料理ですし、美味しく作って自然を満喫したい、という思いがあるので、かなり準備を費やしています。

そう考えると、毎回同じ料理をするわけにはいきませんよね。

メスティンは最初でお話したとおり、パスタを簡単に作ることが出来ます。しかし実はパスタだけでなく、たくさんの料理を作れちゃうのです。

メスティンで作れるレシピ

  • 白米(炊き込みご飯・オムライス等)
  • アヒージョ
  • ケーキ
  • グラタン
  • パエリア
  • 燻製
  • ローストビーフ
  • 肉まんを蒸す

こちらはパエリアの作り方です。

このレシピはほんの一部となっております。

簡単に言うと「焼く・蒸す・炒める・揚げる・茹でる」をメスティン一つで出来てしまうのです。

不思議ですよね。なので、魔法の箱だと私は先ほど言わせていただきました。

魅力② 時間を有効に使える

キャンプで料理をすると、時間がかかってしまうことありませんか。

私は子供がいるので、子供と一緒にキャンプに行くと子供の面倒を見ながら準備をしなくてはいけません。そうなるとどうしても時間がかかってしまいます。

しかし、メスティンは工程を全てをこなしてくれるので、無駄なくスムーズに調理をすることが出来ます。

そしてレシピもとっても簡単なものが多いので、子供と一緒に作れるという、まさに一石二鳥なのです。

2つの魅力で、メスティンがすごく欲しくなったのではないでしょうか。

メスティンでオムライスを作りたい方はこちら

メスティンで絶品オムライスが簡単にできる!調理方法をこっそり伝授

続きを見る

メスティンでおつまみを作りたい方はこちら

ソロキャンプ飯の最強おつまみはこれ!誰もが真似したいレシピ7選!

続きを見る

 

パスタ作りは「水の量」がかなり大事!

最初にもお伝えしましたが、メスティンでパスタを作るときは「水の量」を把握しておく必要があります。

私は水の量がそこまで大事だとは思っても見なかったで、適当に測り、適当に茹でていたら案の定大失敗。メスティンも使えない状態になり、破棄する羽目になってしまいました。

では、そこまで大事な水の量はどれくらい必要なのでしょうか。

今はパスタの種類も多く茹で時間も異なり、それによって水の量も変わってきます。

茹で時間ごとの水の量は、こちらです。

パスタ100gの場合

茹で時間 水の量
3分 150~200cc
8分 250~300cc
9分 300~360cc

逆にメスティンのように水の量が決まっていたほうが、私のように大ざっぱな性格にとっては、とてもありがたいものです。

そして、キャンプは楽しくするものなので、失敗して落ち込む、ということはしたくないですよね。

水の量さえ覚えておけば、メスティンでパスタ作りは、魔法がかかったかのように美味しくできますよ。

ちなみに、私は座ってゆっくりする時間を早く作りたいので、3分で茹で上がるパスタをいつも購入しています。蓋をあけた状態でいつも水の量は180ccで作っていますが、失敗はほぼほぼありません。

蓋を開ける・開けないで、水の量も多少変わってきますので、気を付けてくださいね。

 

パスタの基本的なゆで方!

では実践ということで、メスティンで行う基本的なパスタの茹で方をご紹介します。

家で鍋を使って茹でる時も簡単ですが、メスティンでも簡単に茹でることが出来るのでご安心ください。

材料

  • パスタ 100g(今回は3分で茹で上がるパスタを使用)
  • 水 180cc
  • 塩 少々
  • オリーブオイル 少々

作り方

  1. 水、塩、オリーブオイルをメスティンに入れて、沸騰させる
  2. 沸騰したら、パスタを半分に折って3分茹でる
  3. 水分が徐々になくなってくるので、3分経ったら完成

注意点

パスタを茹でている時、メスティンにつかないように軽く混ぜながら茹でるようにしましょう。

私はかき混ぜることを忘れてしまい、のんびりしていたらくっついただけでなく、固さもまばらになってしまいましたので、お気を付けください。

簡単で誰でも出来る工程ですよね。

私は昔一人キャンプによく行っていたのですが、メスティンで100gのパスタを茹でるにはちょうどいいですよ。

また一人キャンプだけでなく、今では家族でキャンプに行き、小腹が空いた子供にも作ってあげています。とても喜んでくれていますよ。

ちなみにパスタは茹でるだけでなくアレンジが必要ですが、私がオススメのレトルトソースは「S&B 予約でいっぱいの店のボロネーゼ」です。

味が濃くて、まるでお店で食べているように感じるくらい、美味しいです。家で作るパスタでも使っているくらいなので、ぜひお試し下さい。

もし失敗場合は「スープパスタ」に!

やはり誰にでも失敗があるように、茹で上がった後、ゆで汁が出てしまう場合もあります。そうなると、ゆで汁を捨てる作業が出てしまいますよね。

実は私はその作業がとても苦手です。

なぜなら、ゆで汁を捨てようと箸でパスタを必死に押さえるのですが、なぜかパスタも一緒にスルッと流れてしまうからです。

そういう経験を皆さんにはして欲しくないために、ゆで汁が余ってしまったら「スープパスタ」を作ってしまえばいいのです。

これがまた、また作りたくなるくらい美味しいんですよ。

材料

  • 水 適量
  • 牛乳 適量
  • マーガリン 適量
  • 塩コショウ 少々
  • シーフードミックス お好みの量

作り方

  • パスタが浸るくらいの水と牛乳を半分ずつ入れる。
  • シーフードミックスを入れて、沸騰させる
  • 沸騰したら、塩コショウ・マーガリンで味を整える
  • トロミがついてきたら完成

注意点

沸騰して水分が飛び過ぎないように気を付けてください。

私は別の作業をしながら作ってしまい、水分どころかパスタも茹ですぎてしまった時がありました。

ゆで汁も料理に作ってしまうとなると、いらない部分がないので、エコでもありますよね。得した気分にもなりますので、失敗を恐れず、メスティンでパスタを作ってみましょう。

メスティンでパスタのレシピを知りたい方はこちら

メスティンと固形燃料で激ウマパスタが作れる!おすすめレシピ4選!

続きを見る

 

メスティンでパスタ作りに挑戦!超重要なのは水の量だった?:まとめ

まとめ

  • メスティンは自分自身を成長させてくれる最強アイテム
  • パスタ作りで水の量は絶対に覚えておくべき
  • パスタのゆで方も一緒に覚えよう
  • 失敗しても美味しいスープパスタが作れちゃう

キャンプでパスタが食べられるとなると、子供が特に喜びますよね。メスティンさえあればパスタもちょちょいのチョイで作れますから、便利なアイテムです。

では忘れないように最後にもう一度言います。

メスティンでパスタを作る時は、水の量がかなり大事です。

もし水の量がわからなくなった際は、またこの記事をご覧になってみてくださいね。

メスティンのシーズニング方法はこちら

メスティン基本のシーズニング!失敗の少ない方法と手順を解説!

続きを見る

メスティンが焦げた時の対処法はこちら

メスティンが焦げちゃった!どうしたらいい?対処法と防止策を伝授!

続きを見る

スポンサーリンク

-キャンプ, パスタ, メスティン, 失敗しない, 料理,

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5