キャンプ用品 サバティカル 焚き火

サバティカルのマリポサと焚火の相性は?おすすめの焚火グッズも紹介!

サバティカルのマリポサは焚火の時も使えるの? 焚火の時にあると便利なグッズを知りたい!

そんな疑問にお答えします。

サバティカルから発売されているタープ「マリポサ」

焚き火でのトラブルで多いのが、火の粉が飛んでタープやテントに穴が開いてしまうというものです。

私もキャンプをする際は焚き火を楽しむことが多いのですが、何度も穴を開けてしまっています。

注意をしていても生地によっては知らない間に…なんてこともあります。

今回はどんな生地が焚き火に向いているのかも含めてご紹介します。

 

焚き火に向いてる生地って?

先ほど焚き火のトラブルをお伝えしましたが、正直生地だけでそんなに変わるの?

と思う方もいらっしゃるかもしれません。

結論は変わります。

実際にポリエステル繊維は原料に石油が使われており、非常に燃えやすい素材となっています。

 ポリエステル100%の生地に火がつくと、すぐに燃え出してしまい、繊維が溶けて高温になります。

キャンプといえば焚き火と言われるほど焚き火を行う方は多いと思います。

いくら注意しても火の粉が飛んでしまったりふとした時に気づくと小さい穴があいていることがあります。

特にタープは焚き火の近くにあることが多く、注意が必要です。

焚き火の相性のいい生地は

コットン(綿)

ウール

TC素材(テクニカルコットン)

です。

コットンやウールのような天然素材は燃えにくく、たとえ火の粉がとんでもすぐには溶けません。

焚き火で直接燃やそうとしなければ安全に使用することができます。

コットンやウールなどのデメリットは重さです。

タープとなれば大きいアイテムなので、コットン素材は重く、かさばります。

しかし雨にも強く、もし濡れてしまっても乾きが比較的早いです。

私も以前コットン製品を雨天時に使用したことがあります。

雨漏りすることなく無事に過ごせましたが、持ち帰る時に水を吸ってずっしりと重くなっていました。

ですが、家に帰ってから干して収納する時にはすぐに乾いてくれました。

汚れたところをゴシゴシ洗うこともできたので、とてもメンテナンスしやすいですよ。

どうしても重いしかさばるのはちょっと…という方にはTC素材がおすすめです。

TC素材はテクニカルコットンと呼ばれるものです。

一般的なTC素材は、ポリエステルと綿を6.5:3.5の割合で混ぜて作られています。

火の粉や紫外線に対してバランスよく対応できるように配合された割合になっています。

生地は透湿性があり結露しにくく、生地の厚さもあるので遮光性も高いです。

コットンよりも軽く、収納しやすいので人気の生地になっています。

焚き火をする際には化繊生地やポリエステルはできるだけ避け、コットンなどの天然素材、TC素材を使うようにしましょう。

 

サバティカルのマリポサ、焚き火との相性は?

サバティカルから発売されている「マリポサ」。

サバティカルのタープといえば、高品質で低価格の優れものです。

マリポサをせっかく手に入れたのであれば、ぜひ活用したいですよね。

まだ手に入れていない方もサバティカルの商品は優秀なアイテムばかりなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

マリポサと焚き火の相性はズバリ完璧です。

マリポサの生地は先ほど紹介したTC素材でできています。

火の粉にも強く、燃えにくいので焚き火の時もガンガン使えちゃいます。

せっかくのキャンプが悪天候だった場合、このマリサポを使えばタープ下で焚き火もできちゃいます。

そのくらいTC素材は火の粉に強いのです。

TC素材のタープならなんでもいいじゃん!と思った方もいるかと思います。

マリポサの魅力はこの生地だけではありません。

誰でも簡単に綺麗に張り上げる事ができるように、生地パターンは、力の方向に素直に従った生地目で構成されています。

また4人収容可能な大きめなタープは広々と使うことができ便利ですよ。

もちろん耐久性にも優れています。

テープと金具による高強度なポール差込構造、また風による衝撃を受け止める力布構造が施されています。

サバティカルのモーニンググローリーと連結することも可能ですよ。

こちらの記事も合わせてご覧ください。

サバティカル?マリポサ?人気タープの魅力に口コミやレビュー!

続きを見る

 

焚き火のおすすめグッズを紹介!

焚き火と生地の相性、マリポサについてお伝えしました。

ここでは焚き火を楽しむにあたってあると便利なグッズを紹介します。

焚き火は見ているだけでも癒されます。

一方で、

焚き火って難しそう

片付け大変そう

焚き火って何が必要?

などということを耳にすることがあります。

私は焚き火が大好きなので、オールシーズン焚き火を楽しんでいます。

ですが、最初は何を準備していいものなのかわかりませんでした。

なかなか火がつかず、心が折れそうになったこともあります。

今回はそんな不安を解消してくれるアイテムを紹介します。

手軽に焚き火を楽しめるようになるアイテムが沢山あるので参考にしてみてくださいね。

焚き火台

焚き火をする上で必須なのが焚火台です。

現在の日本では、直火禁止のキャンプサイトがほとんどです。

山火事や、環境破壊などを防ぐためにもちゃんと焚火台を使用しましょう。

焚き火台にも種類がたくさんありますが、まずはお試しで焚火をしてみたい。

そんな方や軽量コンパクトを極めたい方にお勧めの商品がこちらの焚火台です。

重さは約657gでとても軽量です。

火床(ロストル)には無数の穴が付いており、空気の流れを良くしてくれます。

 耐久性抜群の高品質ステンレス304を使用しているので、ロストルも丈夫で、変形しにくい構造です。

耐荷重(分散耐荷重)は約10kgと丈夫なつくりになっています。

お値段も手が出しやすいので、おすすめです。

焚火シート

焚き火台とセットで使いたいのがこちら。

焚火シートです。

焚き火台を使っていても、火の粉が飛んだり、地面へ熱が伝わってしまいます。

自然を守るためにも焚火シートは使用したいアイテムですね。

こちらの焚火シートは耐熱性600℃とかなり高温にも耐えてくれます。

ハトメがついているので地面にペグで固定が可能です。

サイズは約80 x 80cmと大きく広めに使うことができます。

火吹き棒

火を起こす際、火の勢いが足りないときにピンポイントで風を送り込むことができる火吹き棒。

これ一つあるととても便利ですよ。

私も実際に使ってみて、火吹き棒の便利さに気づくことができました。

うちわなどとは違って一転に酸素を送ることで、灰が飛び散らず、火を何度も燃焼させることができます。

こちらの商品はこだわりぬかれた設計で、短すぎず長すぎない63㎝の長さで設計されています。

現役キャンパー監修なので使いやすく安心ですね!

サバティカルのマリポサと焚火の相性は?おすすめの焚火グッズも紹介!:まとめ

今回は焚火に向いている生地、マリポサと焚火の相性、おすすめグッズを紹介しました。

今回の記事をまとめると、焚火に向いている生地は

コットン(綿)

ウール

TC素材(テクニカルコットン)

となっております。

サバティカルのマリポサの生地はTC素材なので焚火との相性は抜群です。

おすすめグッズは、

焚き火台

焚火シート

火吹き棒

となっております。

焚き火を味方にしてキャンプを満喫しましょう!

こちらも合わせてお読みください。

サバティカルのドームテントはどんなものがある?ここがすごい!特徴を解説

続きを見る

サバティカルの保証内容は?サバティカルのギアを長く使用しよう!

続きを見る

スポンサーリンク

-キャンプ用品, サバティカル, 焚き火

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5