キャンプ用品 スキレット 手入れ

スキレットはキャンプ飯の必需品!お手入れはしっかりしよう!

スキレットを使ってみたいけど、お手入れが大変と聞きます。

どんなお手入れが必要なんですか?

そんな疑問にお答えします。

スキレットとは?

鋳造という方法で作られた、持ち手まで鉄で出来ているフライパン。

全体的に厚みがあり、熱伝導・蓄熱性に優れている。

少し前からスキレットがブームですよね。

厚い鉄で出来ているので焚き火での調理でも食材が焦げ付きにくく、キャンプでもとても人気です。

焼く・炒める・揚げる・煮るなど色々な調理ができるのもとても魅力的ですよね。

一方でスキレットはお手入れをしないと錆付きやすくなったり、焦げ付きやすくなるというデメリットもあります。

私もキャンプでスキレットを使った後、お手入れを忘れてしまったことがあります。

次のキャンプの準備をしていた時に思い出しましたが、すでにサビがついてしまっていて悲しい思いをしたのを覚えています。

ただきちんとお手入れをするとサビや焦げ付きを防ぐことが出来ますよ。

この記事ではスキレットのお手入れ方法をご紹介します。

きちんとお手入れをして、スキレットで美味しいキャンプ飯を作りましょう。

 

スキレットを購入したらまずはシーズニングしよう!

残念ながらスキレットは購入してすぐに使うことが出来ません。

シーズニング=慣らしという作業が必要です。

まずはその方法をご紹介します。

参考

シーズニング不要のスキレットの場合は、説明書を確認の上ご自身で判断してくださいね。

①コーティングを落とす

スキレットは錆止めのコーティングをされた状態で販売されています。

まずはそのコーティングを落としましょう。

食器用洗剤を使って、裏側や持ち手までしっかり洗いましょう。

②水分を飛ばす

 

この投稿をInstagramで見る

 

田舎の おやぢ(@oyadhi_camp)がシェアした投稿

洗った後のスキレットはサビ止めがないのでとてもサビやすくなっています。

濡れたまま放置せず、コンロの火にかけて全体の水分をしっかり飛ばしましょう。

③食用油を塗る

 

この投稿をInstagramで見る

 

nikuchan.🍖(@kawaa_fam)がシェアした投稿

水分を飛ばした後は、スキレットが温かいうちに全体に食用油を塗りこみます。

注意ポイント

油はオリーブオイルやサラダ油など、塩分が入っていないものにしましょう。

塩分が入っているとサビの原因になります。

キッチンペーパーを使って、裏側や手持ちまでしっかり塗りこみましょう。

塗りこんだ後は新しいキッチンペーパーを使って余分な油を拭き取ります。

④火にかける

 

この投稿をInstagramで見る

 

@nobu.ho.jpがシェアした投稿

余分な油を拭き取ったら、再度コンロなどで火にかけます。

中火で煙が出るまで火にかけ、その後弱火にして煙がでなくなるまで火にかけましょう。

③~④を何度か繰り返しましょう。

⑤香味野菜のくずを炒める

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuri. Akita(@bekozhu)がシェアした投稿

何度か繰り返した後に、玉ねぎやショウガ、ニンニクなどのにおいが強い香味野菜のくずを炒めます。

スキレットに油がなじむのと同時に、スキレットのにおいを消すことが出来ます。

私はこの作業を部屋を閉め切って行ってしまい、野菜のにおいがしばらく取れずに後悔しました。

細かいことですが、これからシーズニングされる方はお気を付けください。

ここまでがシーズニングの手順です。

メモ

終了後は自然に冷ましてから新聞紙に包んで保管しましょう。

新聞紙は余分な油と湿気を吸い取ってくれるますよ。

シーズニングの方法はこちらの動画が分かりやすくてオススメです。

ぜひ参考のご覧ください。

 

スキレット使用後はすぐににお手入れをしよう!

スキレットは使用後にもきちんとお手入れをする必要があります。

使ったままで放置しておくと、すぐにサビてしまいます。

キャンプで使ったらすぐにお手入れをしましょう。

水洗いをする

スキレットを使用後はたわしを使って、水洗いで汚れを落としましょう。

たわしはスキレットや鉄鍋用ものを使うと水洗いでも綺麗に落とせますよ。

こちらのスポンジはまさにスキレットや鉄鍋用です。

丸い形のスポンジが可愛いですし、スキレットを洗うのにも使いやすそうですよね。

乾燥させる

スキレットを火にかけて、しっかりと乾燥させましょう。

油を塗る

スキレットが熱いうちに、シーズニングの時のようにで油を塗りこみます。

柔らかいキッチンペーパーを使うとやりやすいですよ。

私はキャンプへはキッチンペーパーを丸ごと持っていきます。

よくある円柱状のものは転がるので、こちらのようなタイプを使っています。

スキレットのお手入れにももちろん使いますし、机や手を拭いたりするのにも重宝しますよ。

こちらは柔らかいので、子どもの手や口を拭くのにもにも安心して使えますよ。

持ち帰る時は?

シーズニング後と同じように新聞紙に包んで持ち帰りましょう。

スキレットは衝撃にも弱く、強い衝撃でヒビが入る可能性があるので気を付けて持ち帰ってくださいね。

ポイント

  • スキレットは必ず冷めてから水洗いしましょう。

   熱いまま水をかけるとヒビが入る可能性があります。

  • 洗剤を使ってしまうとなじませた油が取れてしまいます。

   洗剤は使わないようにしましょう。

 

スキレットはキャンプ飯の必需品!お手入れはしっかりしよう!:まとめ

スキレットはお手入れが必須です。

最初はとても手間に感じるかもしれませんが、お手入れの手順自体は慣れてしまえば簡単です。

しっかりとお手入れをして、スキレットでおいしくて映えるキャンプ飯を作りましょう。

そして一生ものの相棒として、末永く愛用していきましょう。

 

スキレットを使ったキャンプ飯はこちらがオススメ!

 

スポンサーリンク

-キャンプ用品, スキレット, 手入れ

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5