waq キャンプ用品 グランドシート

waqのフォームマットは高機能! 失敗しない選び方とは!?

寝袋だけだと背中が結構痛いなあ

寝袋の下にもマット敷いた方がいいのかな?

そんな疑問にお答えします。

そもそもフォームマットとは?

テントの中で寝袋や布団の下に引くマットのことです。

インナーマットとも呼ばれています。

テント、寝袋を設置していざ寝てみたら背中が痛い、思ったより冷えるなんてことありませんか?

私も初めてのキャンプではフォームマットは何も持って行かなかったので、背中は痛いは冷たいはで散々な目にあいました。

なので、今回は就寝時に必須なアイテムであるフォームマットについて解説していきます。

この記事を読めば、

フォームマットを選ぶ時のポイント

waqのフォーマットの紹介

一緒に使いたいwaqのアイテム

などを知ることができます。

では、さっそく見ていきましょう。

 

フォームマットを選ぶときのポイント

 最低限見ておくべきポイントを3つ紹介します。

この3つを基準にしてマットを選べば、まず失敗はしないですよ。

ポイント1:素材

寝る時のトラブルは寝心地や背中の痛みが一番多いのではないでしょうか?

逆に言えばここさえ解決できれば寝るの自体はなんとかなりますね。

ウレタンやエアーマットなど様々種類がありますが、オススメはXPE素材です。

XPE素材は断熱性、防湿性に優れており快適な眠りにいざなってくれますよ。

ポイント2:耐久性

外で作業していて休憩するときにちょっと地面に座りたい、そんなときにも使えると便利ですよね。

少し雑に使っても大丈夫なくらいの耐久度は欲しいところです。

また、テントの中とはいえ、より地面に近いので耐久性は高い方が良いですよ。

ポイント3:重量

キャンプは荷物がかさばりがちです。

コットやリラクシングマットなど寝具だけでも色々必要ですよね。

そうなると、フォームマットくらいは軽くて折りたためる方が便利です。

メモ

荷物が少し軽くなるだけでも、キャンプの準備や移動が驚くほど楽になりますよ。

 

waqのフォームマットがオススメな理由4選

 では、いよいよwaqのフォームマットを紹介しようと思います。

オススメ1:アルミ加工の使い分け

片面アルミ加工のおかげで、夏と冬でマットをいちいち変える手間から解放されます。

夏場はアルミ面を下にすることで地面の熱をシャットアウトして涼しく保ち、冬場はアルミ面を上にすることで体温を保持し地面の冷気をシャットアウトします。

実際に使ってみるとひっくり返すだけで全く使用感が異なります。

特に冬場はかなりの冷気をシャットダウンしているようで、寒がりな私でもぐっすり眠ることができました。

オススメ2:XPEフォーム

焚き火をするときにちょっと地面に座ったり、キャンプ設置するときに簡単に引けるマットがあると便利ですよね。

waqのインナーマットはXPEフォームが素材として使用されています。

弾力性、耐久性に優れており水洗いも可能です。

ココがポイント

ちょっとした汚れや砂などは水洗いすれば簡単に落ちますよ。

オススメ3:軽量化

キャンプに行く途中でペットボトル飲料を買ったりしませんか?

手にもって歩いてもそんなに重さは感じないと思います。

waqのフォームマットはペットボトル飲料より軽く、なんと480gしかないです。

これなら荷物に入れても負担にならないですね。

私が使っていたほかのメーカー製のマットは折りたたむとまあまあ小さくなるのですが、重量がかなりありました。

結局持っていくのが億劫になり、2~3回で使わなくなってしまいました。

その点waqのテントマットはかなり軽量なので、使わなくなる心配はなしです。

オススメ4:選べるサイズ

家族連れの場合はどうしても大きめのマットが必要になります。

一人用のマットを連結して使うのは結構面倒ですよね。

waqのキャンプマットは初めから二人用も用意されているので、連結する手間いらずですね。

さらに折りたたんで使えば、厚めの1人用マットとしても使えます。

ココに注意

ただし、1人専用のものと違いアルミ加工は施されていないので注意です。

 

一緒に使いたいwaqのアイテム

 せっかく品質の良いwaqのフォームマットを使っているので、他の製品もwaqで揃えてみるのはいかがでしょうか?

統一感が出るのでオススメですよ。

waq インフレータブルマット式マット

 

この投稿をInstagramで見る

 

たろぐキャンプ(@talogcamp)がシェアした投稿

出典引用:インスタグラム

折りたたみ可能で広げるだけで勝手に空気が入っていきます。

あとは3分くらい待てば設置完了です。

設置の簡便さ、マットの品質、収納し安さ、どれも高水準でまとまっていますよ。

 

waq ピロー

 

この投稿をInstagramで見る

 

tamotsu(@tamocamp)がシェアした投稿

出典引用:インスタグラム

寝返りして頭が落ちてしまう経験がある方に特にオススメです。

キャンプ用枕の中ではかなり大きいので安心して頭を預けられますよ。

実際に私はこのピローにしてから、頭が枕から外れるストレスから解放されました。

また、インフレータブル式マットと同じで自動で空気が入り簡単に設置することができます。

 

waqのフォームマットは高機能! 失敗しない選び方とは!?:まとめ

今回は、フォームマットを選ぶ時のポイント、waqのフォームマットのオススメポイント、一緒に使いたいwaqのアイテムを紹介しました。

コットやピロー、インフレータブル式マットなどに隠れてちょっと目立たないですが、良いものを選ぶとやはり寝心地は段違いですよ。

ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

-waq, キャンプ用品, グランドシート

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5