waq キャンプ用品 使い方

waqのインフレータブル式マットの使い方は?疑問や魅力を徹底解説

最近話題になっているwaqのインフレータブル式マットって、どう使うの?

そんな疑問にお答えします。

近年のアウトドアブームでどんどん知名度をアップさせている「waq」。

誰にでも簡単に使えてコスパがよく、ワクワクするようなアウトドアギアを販売しているメーカーです。

そんなwaqの商品の中で特に最近話題になっているのが、この記事で紹介する「インフレータブル式マット」。

聞き慣れない人からすると、「そもそもインフレータブルってなに?どうやって使うの?」と疑問に感じますよね。

私も初めて聞いたときはちんぷんかんぷんで、どんなアイテムなのか想像もつきませんでした。

そこで今回は、インフレータブル式マットとはどんなアイテムなのか、そしてwaqのインフレータブル式マットにはどんな魅力があってどう使うのか、などを紹介します。

 

インフレータブル式マットってなに?

インフレータブル式マットとは、簡単にいうと空気を入れて膨らませるマットのこと。

テント泊や車内泊では地面のでこぼこや冷気によって、快適に眠ることができない場合がありますよね。

でも空気が入ってふかふかになったインフレータブル式マットを敷くことによって、睡眠の質をグッとあげてくれるんです。

しっかり睡眠が取れると、翌日も元気にキャンプを楽しむことができますよね。

しかもマットに付いているバルブを開けるだけで勝手に空気が入る仕組みなので、子どもや女性でも簡単に扱うことができます。

使わないときはコンパクトに折りたためるので、家での収納スペースが少なくても安心。

インフレータブル式マットを愛用しているキャンパーが多いのも納得ですよね。

私も最初はジャバラ状のアルミマットを愛用していましたが、インフレータブル式マットに出会ってからはもう手放せなくなってしまいました。

インフレータブル式マットは、テントや車内泊での寝心地に悩んでいる人にもおすすめです。

 

waqのインフレーター式マットはこんなアイテム

引用:公式HP

インフレータブル式マットがどんなアイテムなのかをお伝えしたところで、次は私も愛用しているwaqのインフレータブル式マットの魅力をご紹介したいと思います。

寝心地が最高

テントや車内泊での睡眠を快適にするためにも、マットの寝心地はかなり重要ですよね。

特に体が沈みすぎたり浮いてしまったりすると腰や背中に負担がかかり、翌日に痛みが出てしまうこともあります

そこでwaqのインフレータブル式マットには、ひし形のウレタンフォームを採用。

そこに空気を入れることでちょうどよい沈み込みを実現していて、質の高い睡眠をとることができます。

睡眠の質が下がってしまうと翌日の食事中に眠くなってしまったり、体を動かすのがしんどかったりして、アウトドアを全力で楽しめなくなってしまいます。

特大バルブが2つ付いている

インフレータブル式マットに空気が入るスピードは、付属しているバルブの大きさや数によって違いがあります。

waqのインフレータブル式マットには特大サイズのバルブが2つ付いているので、なんと3分で組み立てが完了

設営までのスピードが早いので、子どもが早く寝たくてグズってしまったときなどでも、すぐに対応してあげられますね。

連結できる

waqのインフレータブル式マットには、両サイドに連結するためのボタンが付けられています。

そのため使いたい人数や用途によって、好きなサイズにカスタマイズできるというのも大きな魅力。

パートナーと2人で行ったとき、子ども連れで行ったときなど、そのときの人数に応じて対応できますよ。

滑り止めがある

waqのインフレータブル式マットは、裏面に滑り止め加工が施されています。

これがあるとテントや車内で眠るときも、勝手にマットがズレてしまう心配がありません

私はかなり寝相が悪いので、この機能はとても重宝しています。

子ども連れで眠るときも、子どもがマットから落ちてしまうのを防いでくれますね。

コンパクトに収納できる

いくら寝心地がよくても、サイズが大きくて持ち運びづらかったり重かったりすると、あまり使う気になりませんよね。

でもwaqのインフレータブル式マットは、縦65cm、幅20cmの収納袋にすっぽり収まってしまうサイズ

しかも重さはたったの2.5kgなので、女性でも簡単に持ち運べちゃいます。

こういったところも、私がこのアイテムを愛用し続けている理由の1つです。

 

waqのインフレータブル式マットはこう使う

waqのインフレータブル式マットの魅力についてお伝えしましたが、ここからは「具体的にどう使うのか?」をご紹介したいと思います。

組み立て方法

step
1
収納袋から出す

まずはマットを収納袋から取り出しましょう。

そして付属のバンドを外し、広げます。

本体が軽いので、女性や子どもでも簡単に扱えますよ。

step
2
バルブを開ける

マットについている特大バルブを2つとも開けましょう。

するとどんどん空気が入っていきます。

空気が入りきったなと思ったら、直接息を吹き込んで硬さを調節してください。(空気を入れすぎると破れる可能性があるので注意)

そしてバルブを閉めたら完成です。

収納方法

 

この投稿をInstagramで見る

 

YUKA(@yukakakakakakaka_camp)がシェアした投稿

step
1
バルブを開ける

収納するときには、まず付属のバルブを2つとも開けましょう。

そしてバルブが付いているところとは反対のほうから、マットを丸めていきます。

マットの上に体重をかけながら丸めていくと、しっかりと空気を抜くことができますよ。

step
2
バンドで止める

マットを最後まで丸めたら、そのままバンドで両端を止めましょう。

そして収納袋に入れたら完了です。

組み立ても収納も、本当に簡単でスピーディーですよね。我が家ではいつも子どもたちが協力し合いながら組み立ててくれますよ。

 

waqのインフレータブル式マットの口コミ評価は?

使い勝手がよすぎて話題になっているwaqのインフレータブル式マットですが、実際のクチコミはどうなのかも気になるところ。

そこでこちらでは、Amazonでの口コミ評価をご紹介したいと思います。

購入後30回近く車中泊に使用してますがエア漏れや穴空きなどは起きてません。

長さもあり身長181cmある私でも快適に寝ることが出来ます。

バルブ解放だけで8割は膨らむと思います。

パンパンにしたいときはバルブから空気を吹き込む必要はありますが貼りのある寝心地になります。

引用:Amazon

確かに私も使用していると、バルブを開けただけではパンパンにならない印象があります。でもこの口コミと同じように、直接息を吹き込むとしっかり空気が入りますよ。

特筆すべきは収納のしやすさです。8cm厚であるにもかかわらず巻くのはラクラクできましたので、ちょっとびっくりしました。

他社製品は収納袋に入る様に細く巻く為にかなり力を必要とする製品もありますが、この製品はそれほどの力は必要なく非力な人でも楽々巻き取れます!これは素晴らしい。

引用:Amazon

私もこれには同感です。子どもでも折りたためるぐらいなので、大人なららくらくですよ。

災害時の備えとして購入。膨らむまでの時間が短く、しまう時の労力などが予想以上に少なく、使い勝手が良かった。常時車に積んでいます。

引用:Amazon

確かに災害時には避難所などに持っていくこともできるので、家族全員分用意しておくと安心ですね。

商品は良かったですが、汚れが両面にありました。使用するに支障はないですが残念です。

引用:Amazon

waqの商品は1年間の保証がついています。初期不良であれば新品と交換してもらえるので、汚れなどがあれば購入履歴から連絡をしましょう。

 

waqのインフレータブル式マットの使い方:まとめ

寝心地がよく、組み立てや収納も簡単なwaqのインフレータブル式マット。

1度愛用すると手放せなくなるほど使い勝手も抜群です。

これから車内泊やテント泊を計画している人、現在使用しているマットの寝心地に悩んでいる人は、ぜひwaqのインフレータブル式マットをチェックしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

-waq, キャンプ用品, 使い方

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5