キャンプ場 湖畔キャンプ 穴場 関東 関西

湖畔キャンプ場の穴場はどこ?関東、関西近郊のオススメを紹介します

穴場の湖畔キャンプ場ってどこ?

このような疑問にお答えします。

湖畔は自然豊かな所にある事が多く、景色も開けていて気持ちがいいですよ。

水上アクティビティや釣なども出来、標高が高い所も多く、夏場に涼みに行くにもいいです。

反面、混雑しやすいのが悩み所なんですよね。

この記事では湖畔キャンプ場の穴場を紹介していきます。

 

混雑期間を避けるほうがゆったりしたキャンプがしやすいですよ。

人が少ない所でキャンプがしたいなら場所より時間をずらしたほうがいいです。

特に湖畔は人気の場所が多く、穴場のつもりで行っても結局混んでいたという事も多いんですよね。

繁忙期にお客さんが入らないキャンプ場となると経営が厳しいでしょうし、その辺りはどうしようもありません。

私もGWに和式トイレしかないような穴場のキャンプ場狙って行ってみたら人だらけで諦めた事があります。

逆に人気のキャンプ場でも意外と混雑する時期をずらせば思っていたよりは全然空いているという事もあったりします。

可能であれば日程のほうをどうにか出来ないか考えてみましょう。

 

富士五湖周辺

湖畔に映る富士山はとても絵になりますが、富士山がよく見えるようなキャンプ場はどうしても人気になります。

逆に言うと富士山が見えにくい所は穴場になりやすいですよ。

まずは西湖周辺から西ノ海キャンプ場、浜の家キャンプ場、津原キャンプ場、福住オートキャンプ場

河口湖ICから20~30分ほど。

公共交通機関をご利用の場合は河口湖駅からバスが出ています。

西湖湖畔キャンプ場や西湖自由キャンプ場など人気のキャンプ場の多いスポットですが、小さなキャンプ場がいくつかあったりします。

西湖北西の端にある西湖湖畔キャンプ場から南へ行けば西ノ海キャンプ場や浜の家キャンプ場、津原キャンプ場と湖畔でキャンプ出来る所がいくつかありますし、西にいけば福住オートキャンプ場が見えてきますよ。

西湖は富士五湖の中にあって富士山は見えにくいですが景色はすごくよく、水上アクティビティをするにも最適です。

私の友人も西湖の景色が好きでよく行ってますね。

夕日が綺麗な所です。

本栖湖いこいの森キャンプ場

河口湖ICから50分ほど。

水上アクティビティをするなら本栖湖もオススメ。

本栖湖のほうは浩庵や本栖湖キャンプ場なんかが人気でしょうか。

いこいの森キャンプ場はSUPやカヤックが2時間2000円で借りられるのでオススメです。

2時間も乗れれば意外と満足しますよ。

 

関東近郊オススメ

群馬や栃木にもいいキャンプ場はありますが、穴場を探すなら少し遠出してみる事をオススメします。

長野県北部の木崎湖、青木湖周辺。木崎湖キャンプ場や青木荘キャンプ場、青木湖キャンプ場、大向キャンプ場など。

長野県はキャンプ場がたくさんあり、湖畔キャンプ場もありますが、ちょっと都心や名古屋から遠目になる長野県北部の青木湖、木崎湖あたりも割と狙い目です。

北アルプス近くの絶景を見に行きましょう。

青木湖のほうは似たような名前のキャンプ場が近場にいくつか並んでるので間違い注意です。

白川ダム湖畔オートキャンプ場

山形南部にあるキャンプ場です。

米沢南陽道路南陽高畠ICから40分ほど。

こちらは水没林で有名な白川湖のキャンプ場。

水没林が見られる4~5月を外せばそれなりに穴場です。

数年前、私の友人が水没林目当てに行ったら、朝早くのキャンプエリアに一般の客が入り込んでいて迷惑したなんて話も聞いた事あるのでシーズン中は少し気をつけたほうがいいかもしれません。

近くにレークピア白水という無料キャンプ場がありますがこちらは湖畔から少し離れますので注意。

 

関西近郊オススメ

関東だと意外と豊富な湖畔キャンプ場ですが、関西は琵琶湖をのぞくと思ったよりなかったりします。

青柳浜キャンプ場

琵琶湖の下の方、大津市にあるキャンプ場です。

琵琶湖周辺だとここでしょうか。

管理人さんが合う合わないあるみたいなのと、夏場はさすがに混むと思われますのでそこはご注意を。

琵琶湖でキャンプしたいなら湖岸緑地という手もありますが、キャンプ場というわけではないので炊事場はないし、トイレも場所によってはなかったりで難易度が高めです。

大杉谷林間キャンプ村

三重県中部奈良寄りのあたりにあるキャンプ場です。

林間サイトですが、宮川ダム湖のSUP体験施設がすぐ近くにあるキャンプ場です。

静かないいキャンプ場という人と、パリピがいて散々だったという人がいるようで、マナーはお互い守りたいものです。

標高が高くなかったりするので避暑のつもりで行く場合は注意。

柤大池公園バンガロー村

兵庫県北部の標高600mの高原にあるキャンプ場です。

けびと読みます。

キャンプはフリーサイトと区画サイト、ログハウスやバンガローもあります。

検索して出てくるホームページには区画サイトは乗ってなかったりしますが、名前と区画サイトで検索すると区画割が書いてあるページが出てきたりします。

ブラックバス釣りができます。

 

湖畔キャンプに行く際の注意。

湖畔サイトに設営する場合、遮蔽物が少ないので風がキツくなりがちです。

ペグなんかは長めのしっかりしたものを使いましょう。

標高1000mくらいになると蚊は少なくなってきますが水辺ですので防虫対策はしっかりと。

また、標高が高いキャンプ場に行く場合、涼しくても日差しの中の紫外線は強かったりします。

紫外線対策は必須です。

エリッゼステーク38cm

見通しの良い湖畔でのキャンプの場合、最低30cmクラスのペグは欲しいですが、タープだと30cmクラスでも案外抜けたなんて話もよく聞きます。

鍛造ペグの長めのものを持っておくと色々な所で使えて便利ですよ。

アウトドアUVホワイト

スティックタイプの日焼け止めです。

小さいですので普段使いにはオススメ出来ませんが、スティックタイプで持ち運びやすく、塗りやすいのと昆虫忌避成分配合でアウトドアに使いやすい商品。

湖畔キャンプ場の穴場はどこ?関東、関西近郊のオススメを紹介します:まとめ

西湖や本栖湖は水上アクティビティや釣の環境が整っていて、水が綺麗、アクセスもそこそこいい感じなので私は関東なら富士五湖周辺を推したいですね。

関西は琵琶湖が真っ先に思いつきますが琵琶湖で穴場となると難しい所です。

混雑避けたいなら出来れば時間の方を見直したほうがいいですよ。

混雑期に行く場合、プライバシー気にするならバンガローやコテージなんかに泊まるのも手です。

スポンサーリンク

-キャンプ場, 湖畔キャンプ, 穴場, 関東, 関西

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5