waq キャンプ用品 テント 比較

売切続出したwaqのテント!よく似ているあのテントと比べてみました!

ソロキャンプ用に人気のwaqのアルファT/Cを考えています。

とてもよく似たテントもあるけど、どこが違うの?

そんな疑問にお答えします。

waqのアルファT/Cという2020年に発売されたワンポールソロテント、知っていますか?

発売開始されるとすぐに売り切れ、再販でも売り切れが続き、フリマサイトでは高額転売もされていました。

今でもとても人気が高いソロテントの一つです。

でも、とてもよく似ているテントがあるのはご存じですか?

それがBUNDOKのソロティピー1TCというテントです。

見た目もそっくりで、ソロテントの購入を考える方ならどこが違うのか悩むのではないでしょうか。

実際にソロキャンプ好きの友人も、どちらにするかかなり悩んでいました。

色々調べた上で、wqaのアルファT/Cの方がいいな、という結論になったそうです。

本人もかなり満足して愛用しているそうですよ。

私は、なぜ友人がwaqの方を選んだのか疑問でした。

そこでwaqのアルファT/CBUNDOKのソロティピー1TCを比較してみました。

売り切れ続出!waqテントの人気の理由やオススメポイントは?

続きを見る

waqのテントの評判!ソロキャン初心者に選ばれる5つの理由!

続きを見る

waqのワンポールテントは超簡単に二股にできるって本当?

続きを見る

 

waqとBUNDOKのテントの基本スペックを比べてみました!

waqのアルファT/CBUNDOKのソロティピー1TCは見た目は本当にそっくりです。

では基本スペックはどうなのでしょうか?

実際に確認していきましょう。

waq アルファT/C

フライシートサイズ(外寸) 

:(約)W240×D240×H150cm

インナーテントサイズ

:W230×D110×H135cm

収納サイズ

:(約)W57 ×D22×H22cm

重量(付属品含む)

:約6.5kg

材質

:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)、アルミ合金

セット内容 

:フライシート、インナーテント、メインポール、キャリーバッグ×各1

:サブポール×2

:ロープ×6(4本はテントに取付済み)

:ペグ×16

カラー タン

BUNDOK ソロティピー1TC

フライシートサイズ

:(約)240×240×150cm

インナーテントサイズ

:(約)220×100×135cm

収納サイズ

:(約)44×24×24cm

重量

:約4.8kg

材質

:フライ/コットン混紡生地(ポリエステル65%、コットン35%)

:インナー/ポリエステルメッシュ

:ポール/アルミ合金

セット内容

:フライシート、インナーシート、メインポール、収納ケース×各1

:サブポール×1

:ロープ×5

:ペグ×14  

カラー カーキ、サンドベージュ

waqの方が少しだけインナーテントが大きく、サブポールが1本多いです。

ポールの本数の差か、BUNDOKの方が重量は軽いですね。

ほかの共通点は

  • どちらもスカートが装備してあるので、テント下からの風などを防ぐことが出来る
  • ベンチレーション(換気口)はどちらも2箇所ある

これだけを比べても大きな違いは分かりませんね。

テント生地の感じや厚さも大差はないようですよ。

私の友人も「大差がないからすごく悩んだ」と言っていました。

次にさらに細かいところも比較していきましょう。

 

比べて分かる!waqアルファT/Cのメリット

二つのテントの基本スペックに大差がないことが分かりました。

でも細かく見ていくと、少しずつ違うところがあることも分かりました。

アルファT/Cのサイドフラップはアレンジが3パターン

 

この投稿をInstagramで見る

 

WAQ OUTDOOR(@waqoutdoor)がシェアした投稿

ソロティピー1TCには入口左側にしかファスナーがありません。

しかし、アルファT/Cには両側にファスナーがあります。

そのため、サイドフラップの上げ方は3パターンのアレンジが可能です。

お好みや気分、周りの環境などでアレンジできるのは大きな違いであり、メリットです。

ポールが多いのもこの為ですよね。

私ならサイドフラップを全部上げて、開放的な景色を見ながらお酒とかコーヒーを飲みたいですね!

収納ケースはwaqの方が断然入れやすい!

 

この投稿をInstagramで見る

 

toyo(@quadra95000)がシェアした投稿

ソロティピー1TCの収納ケースは、横から入れてヒモをきゅっと結ぶ巾着タイプです。

一方アルファT/Cは上から入れることが出来て、ファスナーがあるトートバッグのような形です。

大きめサイズの収納ケースになっていますので、多少雑なたたみ方をしても入れやすいそうですよ。

余裕があるので、他のキャンプアイテムも一緒に入れて持ち運ぶ人もいるようですよ。

収納したサイズが少し大きめなので、ツーリングキャンプなどをされる方にとってはかさばってしまうかもしれません。

私はテントを綺麗にたたんでも収納ケースに入れる時にぐちゃっとなる事があるので、かなりうれしい仕様です。

waqの方が安定感がある!

ポールの太さはソロティピー1TCが約16mmに対して、アルファT/Cは約19mmと太めです。

たった0.3mmの差ですが、設営すると安定感は全然違うようですよ。

天井のポールが当たる部分については、アルファT/Cは最初から補強されているのも安心です。

またアルファT/Cのポールにはランタンフックが元々付いています。

別にランタン用のフックを付ける必要がないのもうれしいですね。

また付属のロープもwaqの方が太め、ペグもwaqの方が長め、と少しの差が大きな安定感があります。

インナーテント10cm差は結構大きい!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ueda83貴(@ueda83taka)がシェアした投稿

上でもお伝えした通り、インナーテントはwaqの方が10cm大きいです。

この10cmの差が結構大きくて、waqの方はロータイプのコットがすっぽり入るのです。

ワンポールソロテントはコットが入らないサイズが多いというのが従来の悩みでした。

それを解決してくれたのは大きいですよね。

コットが入ると、多少地面の状態が悪いところでも寝ることが出来ますよ。

waqのコットについてはこちら

楽天ランキング1位! waqのフォールディングコットを徹底解説!

続きを見る

waqのコットは2way仕様で気分も爆上がり!組み立て方とは?

続きを見る

セールを狙うとお得!

お値段はwaqの方が定価で2千円ほど高くなっています。

恐らく付属品の多さと機能の差が値段の差になっているようです。

少しでもお安く買いたい方は悩むところかもしれないですね。

ただwaqの公式オンラインショップでセールをすることもあるそうですよ。

セールの時はソロティピー1TCよりもお安く買うことが出来るようなので、急いでいない場合は待つのもありですよね。

私の友人もセールで買ったようで、この値段でこの機能のテントが買えたんだ!と満足度もかなり上がったようです。

 

売切続出したwaqのテント!よく似ているあのテントと比べてみました!:まとめ

アルファT/Cはソロティピー1TCと比べると

  • サイドフラップのアレンジが多い
  • 収納ケースに入れやすい
  • 安定感がある
  • インナーテントが少し大きい

というメリットが沢山あります。

売り切れ続出したのも納得しますよね。

私の友人がwaqを選んだのも納得できます!

一方で収納サイズが大きめ、重い、というマイナスな面もあります。

ただ、マイナス面よりメリットの方がはるかに上回っているのではないでしょうか。

ワンポールソロテントが欲しいという方には間違いなくオススメ出来るテントですよ。

waqにはほかにもキャンプ用品がたくさん!

waqのワゴンテーブルはアウトドアの必須アイテム!その理由とは?

続きを見る

waqのキャンプマットって何が良いの!?人気の理由を徹底解説!

続きを見る

持っててよかったがここにある!waqのマルチクッキングツール

続きを見る

waqのテントにグランドシートは必要?あった方がいい理由を徹底解説!

続きを見る

楽天ランキング4冠獲得! waqのキャリーワゴンをレビュー!

続きを見る

 

スポンサーリンク

-waq, キャンプ用品, テント, 比較

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5