ソロキャンプ トラブル 注意点

ソロキャンプでのトラブルはなにが起きる?ソロキャンプでの危険も!

ソロキャンプって本当に自由に過ごせる?なにかトラブルや危険がないの?

 

そんな疑問にお答えします!

 

一人でゆったりと自由に、自分の時間を過ごすことができるソロキャンプ、一人だから好きな時間に、好きなことができるので、気をつかうこともなくて、おすすめです。

しかし、一人だからといって、トラブルがないわけではありません。ソロキャンプでも様々なトラブルがおこりえるのです。

私はあわてんぼうであり、よく忘れものをしがちなので、ソロキャンプの際には荷物の確認を何度もしています。この記事では、ソロキャンプでのトラブルを紹介したいと思います。

焚き火による迷惑

焚き火はキャンプ場に行くと、美味しいキャンプ飯を食べたり、温まったりできるので、やってみたい楽しみのひとつですよね。私は焚き火の火を見ると、中学生の頃の修学旅行での、キャンプファイヤーを思い出し、とても癒されます。

しかし、焚き火の火は気を付けないと、強い火が他の人のテントに飛んでいってしまい、最悪の場合、他の人のテントがやぶってしまうこともあります。

これは、ソロキャンプで限ったことではありませんが、ソロキャンプの焚き火で、他の人のテントを破ってしまったとなると、完全に一人で責任も負わないとならないので、注意が必要です。風が強い日は、特に注意してくださいね。
焚き火台を使ったら後始末!初心者でも出来る簡単な消し方とは!

続きを見る

キャンプ場に忘れ物

大人数でキャンプに行く時は、誰かが持っていたりレンタルできるものだったら、忘れてもどうにかなります。しかし、一人でのキャンプでは、必需品がなければどうにもならないってことになります。

持ち物リストを作り、しっかりチェックしてから、キャンプ場に向かいましょう。

私も、キャンプに限らず、忘れてはいけないものがある時は、持ち物リストをしっかり作るように心がけてます。

盗難事件に注意

ソロキャンプでは、大人数のキャンプ以上に、盗難に気をつける必要があります。ソロキャンプなので、自由な時間を過ごすことができますが、気が抜けやすいので、注意が必要です。車に置きっぱなしや,鍵の締め忘れは特に注意して下さい。貴重品は離さず持ち歩くと良いでしょう。

私は、コンパクトのショルダーバッグをよく持ち歩いて、貴重品は持ち歩いています。車で行って壊されたりしたら、怖いですよね。盗難事件には、遭遇したくないですね。

山奥の遭難に気をつける

山登りなどや川下りなどで、一人で山奥に入ることもあるかもしれません。しかし、Wi-Fiが通らず、電波も悪いところが、山奥にはまだまだあるかと思います。何か事件や事故、災害に巻き込まれたときに連絡取れなくなるので、注意が必要です。

山に行くときは、電波があるか確認しながら行くのが、良いでしょう。雨が強い時は、すべってたり落ちないようにしましょう。私は、山登りの時は、河童や折り畳み傘を持ち歩いています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

七○(@ichi70_)がシェアした投稿

一酸化炭素中毒に注意

冬にテントの中で、料理で炭火を使ったり、ストーブと一緒に使うと危険性が高くなります。こもったところであまり使わないようにすると良いでしょう。一酸化炭素チェッカーを使って、時々センサーで確認するようにしましょう。

楽天やAmazonなどのネットでも、買うことができるので、キャンプに行く前に、ひとつ購入しておきましょう。ポケットサイズもあるので、私ならこれかなと思います。

車中泊するとき酸欠になる?窓を締めて車中泊の危険とは!

続きを見る

騒音に気を付ける

一人でYouTubeなどの音楽を聴きながら、キャンプを楽しみたいですよね。しかし、夜中に大きな音での音楽は、騒音トラブルにつながるため、やめておきましょう。この音楽は、本人には迷惑と気づきにくいこともあるので、気をつけてください。

私も夜音楽を聴くことも多いので注意したいと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

キミヤス(@egakimi)がシェアした投稿

テントに他人が入ってくる

外国人が多く、24時間自由に出入り可能なキャンプ場で、知らない誰かがテントに入ってきて、写真をとっていたというケースがあります。日本人はあまりないとは思いますが、外国人が入ってきて記念撮影の被害が、多発しているので、注意が必要です。

これを知らずに、誰かが入ってきてるのを見つけたら、びっくりですね。私もこれを初めて聞いた時、こんなことあるんだと信じられませんでした。

川などの水辺に注意

無人で川や山に面しているロケーションなら、増水や土砂崩れの可能性を考慮することが大事です。水辺では、特に天候の確認が重要です。水で流される事故は、いくつも起きており、流されてしまったら、助からないことも多いので、気をつけてください。

ソロキャンプの注意点:YouTube

ソロキャンプの注意点をいくつか紹介しているのでご覧ください。参考になると思います。

ソロキャンプでのトラブルはなにが起きる?ソロキャンプでの危険も!:まとめ

  1. ソロキャンプ迷惑行為に気をつけて
  2. ソロキャンプ危険もあるので注意
  3. ソロキャンプしっかり対策をしよう

ソロキャンプでトラブルはいくつもあるので、しっかり対策できるものはしましょう。しっかり準備して、ソロキャンプへ行けば、自由にゆっくり過ごすせるので、とてもおすすめです。安全に過ごして、ソロキャンプを楽しみましょう。

スポンサーリンク

-ソロキャンプ, トラブル, 注意点

© 2022 いくつになっても外遊び Powered by AFFINGER5